読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道楽者の詩

写真とカメラ、山登り、ギターをはじめ、日々の私情をつらつらと

コンデジ選びは一眼選びより難しい

写真道楽

いまどきのコンデジ業界は大変のようです。スマホのカメラに駆逐されかかっているのか、普通のコンデジはなかなか売れないようです。売れないから作らない、作ったとしてもコストダウンのせいか、貧相になったり丈夫さが失われているような気がする。

メーカーはある程度利益の出る製品を作らなくてはならないので、競って差別化をはかり、センサーを大きくし、個性を謳い、多機能を搭載して、店頭価格は以前よりかなりお高く設定してきている。以前は2~3万円も出せばそこそこのものが買えていたように思うが、最近じゃ少なくとも4万円は出さないと納得できるものは少なくなってきた。7~8万円のコンデジも珍しくなくなった。

大別すれば、500mm以上の超望遠レンズを搭載した高倍率コンデジ、1インチ以上の大きなセンサーを搭載した高級コンデジ、明るいレンズを搭載した高級コンデジ、防水タイプのコンデジ、大雑把にはこんなところでしょうか。正直な話、帯に短しタスキに長し、求める機能も十人十色、コンデジ選びは一眼レフやレンズ選びよりも難しくなってきてしまった。

 

何をこんなことをウダウダいっているのかというと、山歩き・滝巡りに携行してきた Powershot S200 が1年半であっけなく壊れてしまったのです。欲を言えば GPS が無いとか、パノラマ撮影が出来ないとか、100点ではないにしても、サイズ・重量・画質・レスポンスにはある程度満足できていました。でも壊れてしまったので、次を探すのに困っているのであります。Powershot G9X には価格的に手を出しづらく、SONY RX100 にはレスポンス的にも手を出しにくいのです。

bluesboy.hateblo.jp

 

 

遡れば、一眼レフのお供として使って来たコンデジは、SONY DSC-T9、SONY DSC-TX5、RICOH PX、Canon IXY 200F、Canon Powershot SX260hs、S200、Fujifilm Finepix Z2000EXR、こんなところだが、SONY T-9 が一番よかった。実はこれらのなかで壊れるまで使ったのは、T9、TX5、S200 の三機種だけで、T9 は二台買ってどちらも壊れた。

 

f:id:Bluesboy:20170308041336j:plain

 

お遊び機能は要りません、軽くて、小さくて(薄くて)、頑丈で、起動が早くて、そこそこの写りをしてくれるコンデジは何がいいのでしょうか?、実用的なカメラを作って提供して欲しいのです。

 

写りだけなら、2005年に買った IXY Digital600 がコンデジらしくて一番よかったかも知れません。

f:id:Bluesboy:20170308043233j:plain

 

下の記事のおねえさんは、上のIXYで撮影したものです。

bluesboy.hateblo.jp

 

なでしこジャパン アルガルベカップ第三戦 ノルウェーに「らしく」勝利

なでしこ話 スポーツ・芸能

WBCもいいけど、ポルトガルの片隅で女子サッカーの国際大会が開催されています。一勝一敗を受けて第三戦、ノルウェーに 2-0 で快勝しました。

この試合は、すばしっこく相手を翻弄した攻めが功を奏しました。時々カウンターを受けてヒヤッともしましたが、いわゆるちびっ子ジャパンの特徴が現れたよいゲームだったと思いました。

 

www.jfa.jp

 

横山のごり押しネジ込み的なゴールに目が行ってしまいがちですが、前線はボールがよく廻っていたので誰がゴールしても不思議がない状態でした。ほとんどベレーザのサッカーでした。監督インタビューでは不足な点を列挙していましたが、少しはチームの形が見えてきたのではないでしょうか。中盤で不用意にボールを失うミス以外は、将来性が見えてきたような試合でした。

 

それにしても横山は湯郷ベル時代に比べて、少しは走れるようになりました。左足の練習もはじめたというし、その向上心が何故湯郷で発揮できなかったのか、残念な思いもあります。

 

靴の色以外はあまり目立ちはしなかったでしょうが、千葉の動きはなかなかよかったように思いました。初戦は右サイドで、今回は左サイドで、執拗に相手選手にくらいつく守備は相手にしたら本当にうっとうしい存在でしょう。もしかしたら非常時には左右のサイドバックもやれるのではないだろうかとまで感じます。いわゆる献身的なユーティリティープレーヤーとして貴重な存在です。

 

2勝1敗という3試合の結果を受けて、なでしこジャパンはグループBの2位となりました。最終戦(順位決定戦)は、5位/6位を掛けてオランダ女子代表と対戦します。オランダはでかいし強いよ。キックオフは 3月8日(水)です。

 

ちなみに帯同していた有吉が、最終戦を前にチームを離れたという報道がありました。ひょうたんから駒なのか、高木がサイドバックでかなりやれる、センターバックの中村が熊谷と上手くやれています。有吉の怪我は気の毒ですが、チームとしては収穫があったともいえるでしょう。

 

奥吉原本谷~舟下山 (赤磐市) を歩いてきた

山登道楽 写真道楽

f:id:Bluesboy:20170306210554j:plain

備前の名峰、熊山界隈の保々呂谷に続き、奥吉原本谷と舟下山のルートを探索してきました。

 

bluesboy.hateblo.jp

 

道中記のレポートはこちら、

cantam.daynight.jp

 

熊もいないのに熊山と呼ばれる山塊は、最高地点が509mという低山ですが見所やルートが多く、また車で山頂まで登れることもあって、観光者、ハイカー、登山者、いろいろな楽しみ方ができる山塊です。備前の名峰といわれています。

 

熊山登山詳細図によると、全部で55のルートが紹介されています。ちょっと無理やりこじつけているようなのを覗いても50ルートはあります。そのうち27ルートを踏破してきました。コンプリートするつもりはないのですが、あと10ルートくらいは行ってみようかなと思ってます。

低山のバリエーションルートは、暖かくなるとヤブやクモの巣の攻撃が半端ないので、うろつくのは冬場が適しています。でもあまりに寒いと外出が億劫ですし、怪我もしやすい。

 

 今回の本谷コースは、前回の保々呂谷と並行している谷筋です。皆さん好みは人それぞれでしょう、自分は保々呂谷のほうがよかったです。この保々呂谷と本谷の間の尾根のルートがありまして、これは眺望はよいらしいのですが、なんともシダの大ヤブ&ダニのルートということでなかなか足が向いていません。でもそのうち行くことになるでしょう。

 

ちなみに写真は、今回のスタートポイントの熊山大正池です。