道楽者の詩

写真とカメラ、山登り、ギターをはじめ、日々の私情をつらつらと

登山届けを出そう、コンパスでもヤマレコでもOK

f:id:Bluesboy:20170825110724j:plain

 

登山届けって、提出する必要性はあるのでしょうか、提出する義務はあるのでしょうか。また、登山とハイキングの線引きはどこらあたりなんでしょうか?、

 

日本アルプス名地の山岳地域を有する都道府県では、 義務化されつつあるようです。

登山条例 - Wikipedia

www.asahi.com

 

必要性についてはいくらか感じておりましたが、さりとてあまり深く考えていませんでした。提出したとしても、遭難した時に必ず助けに来てくれるわけじゃありません。私の場合に限れば、歩き回っている中国山地の「山」よりも、ほとんど人がはいらないような「滝」を目指している時のほうが危険は多いです。

私の山歩きは高くても標高1700m の伯耆大山くらいまでで、通常は中国山地の1000~1500m くらいの山域です。提出したらどんなよい事があるのか全く分らなかったからです。

実は鳥取側から氷ノ山に登った時、目の前に登山届けがあったので書いて提出しました。提出してしまうと、気持ちの上では途中で道を変更しにくいです。また、提出先の事務所は17時以降は閉じられてしまうということなので、17時を過ぎると下山完了の連絡を入れにくいし、連絡をしなかったらどうなるのか、その当たりがよく分りませんでした。そんな事もあって、もういいやと思っておりました。

 

 

ところが岡山県警が、本年8月から登山事故を減らすために、「山岳ガイド協会のシステムと提携して登山者の情報を共有をすることにした」というニュースが報道されていました。岡山県の最高峰は1345mで、熊以外の危険は少ない山です。某登山家からは、岡山・広島には登るべき山はないとさえいわれていたようです。にもかかわらず、岡山県警と登山事故がセットになるニュースは地元民からすれば斬新です。

県警が提携するシステムというのは、日本山岳ガイド協会が4年前に立ち上げた「コンパス」というシステムで、登山届けの作成から下山連絡までをパソコンもしくはスマホで作成して送信する事が出来ます。さらに下山届けが一定時間内に提出(送信)されなければ、緊急通報者に連絡が入るという運用になっています。

 

ということで「コンパス」というシステムを調べてみました。もちろん登録もしました。

www.mt-compass.com

これは運用も含めてよくできていると思いました。

1.必要事項入力して、予め登山届けを作成する。

2.登山開始前にスマホから送信する(県警と緊急連絡者に送信される)。

3.下山が完了すると、下山連絡を送信する。

4.下山予定時刻を3時間過ぎても下山完了がなければ本人に確認と催促のメールが届く。

5.下山予定時刻を7時間過ぎると緊急連絡者に知らせが入る。この時点で、緊急連絡者の判断で捜索依頼を出すことになる。

 

岡山県内でこのシステムが必要かどうかの議論は別として、個人的には有益と思える点があると思いました。具体的には、

・登山届けの作成が楽

・登山口で送信できるので提出ポストの有無や、回収に関しては気にしなくても良い

・いちいち家人に知らせなくてもいい。人それぞれ事情はあるでしょうが、我が家では、どこに行くと言っても興味を示しません。書くのも面倒なので、ラインで送ってもあまり興味を示しませんし、「捜索」のことなどほとんど眼中にありません。最後には、行き先の説明をするとだんだん不機嫌になってくる始末で、出歩く事に関して楽しく会話が出来ません。

・下山完了が簡単に送信できる。

・下山連絡が完了していなければ、7時間後くらいには捜索が始まるという期待が持てる。スマホの電波が届かなくても、気を失っていても、県警と緊急連絡者に下山未完了が知らされるというのはかなり安心。

・登山届けがないと対象とならない保険に加入してもよさそう。私は、登山届けなんか出すつもりがなかったので、届出なしでもOKという「レスキュー費用保険」に加入しています。 bluesboy.hateblo.jp

 

こんなによい事が多いのであれば、即登山届を出そうということになるかというと必ずしもそうではありません。ハイキングでも出すのか、登山とハイキングと線引きはどこか、などといくらかの悩みどころはあります。

直感的に、目的地が標高1000m以上であればとも思ったのですが、個人的には中国縦貫高速よりも北に行くときは出そうかなと思っております。さすがに近所のトレーニングでは、提出するのはどうかなと感じております。

 

 

目的が「登山届けを出す」ということであれば、コンパスのシステムはシンプルで私好みのシステムです。システムとして閉じた系になっています。あえて不都合な点を挙げれば、ハンドルネームが登録できないことです。

コンパスのシステムの中でもSNS的コミュニケーションは出来るようですが、ハンドルネームが登録できませんので、私のように本名を表に出したくない人は登山届けの提出以外には利用の仕方はありません。ハンドルネームが登録できないというのは、情報の信憑性は上がるので悪いことばかりではありません、利用の仕方次第です。

SNS的な利用もしたいというのであれば、yamareko で登山届けを作成してコンパスに渡して提出というサブシステム的な利用の仕方をされている人もいるようです。yamareko でも下山届けが出来るようになったと聞きますので、そちらだけでも大丈夫かとは思いますが、「県警と情報共有」という安心感はコンパスのほうがよいのかなと思ったりします。

 

グループ登山と単独登山

f:id:Bluesboy:20170626035221j:plain

 

私はグループで行動することはほとんどありません。仕事や義務であれば別としても、基本的には群れるのが苦手というか、気を使うというか疲れやすいので、何事につけても単独行動をする事が多いです。よほど気のあった人であれば2~3人で行動することはありますが、寄せ集めの大勢で行動するのは苦手です。

 

とはいえ、単独での山歩きには不安や危険は付き物でして、特にバリエーションルートや、初めてのコースは不安です。また、クマ対策や怪我などを考えると、単独行での不安要素は多いものです。実際、冒険心でワクワクなどしたことはありません、いつも不安は抱えています。

 

それでも昼間なら何とか一人でやってきておりますが、夜中に山の中を一人で行動するのは不安もマックス、出来ません。夜中に二人ってのは経験ありますが、一人ではムリっぽいです。テント泊とはいいません、しっかりした避難小屋くらいなら泊まってみたい思うことがありますが、今のところ一人で泊まるのも出来そうにありません。コ・ワ・イ。

 

ソロ登山・単独行動のメリットは

最大の利点は自由だということ

後にも先にもこれに尽きます。特に私のように、身勝手・わがまま・自己中の者はこれが最もありがたい。予定・ルートの変更や、休憩のタイミングや時間の長さも全て自分の都合次第、誰に断る必要もありません。

 

歩いた道や周辺の記憶は、一人のときのほうが強く残る

車の運転をする人は分るでしょうが、運転をせずに連れて行ってもらった時と、自分で運転して行った時では、ルートの記憶や周辺の印象には雲泥の差があります。特別危険なところでなければ、やっぱり自分で運転していくほうがいいでしょう。

 

最初は誰かについて基本的なことを教わりたかったのですが、身の回りにそのような人はいません。辛うじて山岳部だった愚息から少しは教えてもらえましたが、ほとんどはネットで独学するしかありません。ある程度小さな失敗を経験すれば、不安もその分だけは軽減します。全て自己責任ということになりますが、一人で行動するのが次第に楽になってきています。

 

 

f:id:Bluesboy:20170626041200j:plain

一方団体で行動される人も多いです。5人以内のパーティーなら微笑ましくも思えますが、バスでやってくるツアーのような団体さんもいます。まるで小学校の時の遠足のような感じです。

何度か出会った事がありますが、団体さんはとにかく喋りが多くて道を塞いでしまって、簡単に追い越せません。しっかりしたリーダーがいてくれたらいいのですが、高齢者の団体の場合は特に難しそうです。危険の少ないハイキング程度なら、それもありなのかなぁ。

 

 

 グループ登山のメリット

感動や喜びを共有できる

荷物を分配できる

トラブル時に助けてもらえる

・下山口に車をデポできる

 

頑張ってグループ行動のメリットを列挙しましたが、トラブルさえなければ、私レベルの山歩きにグループで行動する必要性は特に見出すことはできません。 たまに車が二台あればと思うときもありますが、ソロがいいんじゃないかな。ツアーなんか、必要な方もいらっしゃるのでしょうが、今のところ私には考えられません。

またグループで登って、山頂で調理して会食するのが楽しいとおっしゃる方々がいると聞きますが、個人的には理解が出来ません。食生活が一般に人と大きくずれていることもあって、私にとっては食事そのものがストレスなのです。食わずに済むのならよほど楽に生きられると思っていることもあって、山では菓子パンかおにぎり程度でいいんじゃないかと思っております。調理や会食はかなりのストレスなのです。

 

かつて山岳部に所属し、インターハイの山岳競技にも出場した愚息が言うには、「同程度のレベルの人がいれば、2~3人で登りたい」と申します。しかし、社会人になってしまうとなかなかそのように都合のよい人に出会うのは難しいようです。学生時代は軽音楽部に所属していた私も、同じレベルで同じような趣向であれば、数人でバンド活動をやってみたいと思っていたことはあります。しかし会社勤めを始めるとそのような方との出会いはほとんどありません。東京・大阪でのオフ会は一時的とはいえ楽しかったのですが、結局ソロギターに走ってしまいました。今はそれも中退してしまいました。。。

 

単独行動でも集団行動でも、個人的にはどちらかをお勧めするというわけではありません。好きなように楽しいと思えるようにやればよいと思えるのですが、私は単独行動ができるほうがよいだろうと思います。

集団行動をするのなら、それなりの知識の習得と訓練はされたほうがいいと思います。最近はネット(SNS)で募って、グループ登山をされる方もいらっしゃるようです。一種のOFF会なので楽しそうに感じますが、聞く限り、グループリーダーの印象はかなり違うようです。ですので危険と迷惑を伴う可能性が高いので、グループ登山のリーダーとはどういうものかよく勉強されたほうがいいでしょう。ハイキング程度であったとしても、添乗員のような人が一人で旗を振って40~50人を連れて回っているのは迷惑です。

 

www.nhk.or.jp

yukinoshingun.com

八月、真夏の低山歩きは熱中症寸前だった

f:id:Bluesboy:20170822210403j:plain

 

6月後半から8月初旬まで、雨やら、暑いやらで、山登りどころかトレーニングさえも出来ておりませんでした。昨年は8月に4回、標高差500mのトレーニングに行っておりますので、今年も少しは頑張っておかなくっちゃと思っています。

今年8月、3回目のトレーニングはいつもと違うルートを選択しましたところ、下山の途中で熱中症になりかけました。中学生のときの真夏の野球部の練習を思い出すような体の火照りを感じました。意識が飛びかけなければ大丈夫だろうと思っておりますが、夏の低山は危ないです。

 

cantam.daynight.jp

 

よく利用しているトレーニングコースは標高差500mの山です。ルートはたくさんありますがよく利用するルートは限られています。今回は、以前に頂上で出会った方に勧められたルートで登ったのですが、距離が長い分だけ時間もかかります。

暑い時期には、直射日光があたらない日陰のルートを選んだほうがよいですね。 真夏の山遊びは、準備の怠りがありませんように。

 

エンペックス 温度計 サーモマックス50 ブラック FG-5152

エンペックス 温度計 サーモマックス50 ブラック FG-5152

 

カバヤ 塩分チャージタブレッツ 90g×6袋

カバヤ 塩分チャージタブレッツ 90g×6袋

 

アミノバイタル タブレット 120粒入

アミノバイタル タブレット 120粒入

 

ディアナチュラ マルチビタミン&ミネラル200粒

ディアナチュラ マルチビタミン&ミネラル200粒

 

 

 

 

bluesboy.hateblo.jp