道楽者の詩

写真とカメラ、山登り、ジムニー、ギターをはじめ、日々の私情をつらつらと

折りたたみ自転車、下山口にデポしたい

f:id:Bluesboy:20180705004940j:plain

 

これは2005年、今から13年前の写真です。買ったばかりの折りたたみ自転車の記念写真、ホームセンターで1万円でした。

 

これがあれば、車で駐車場まで行き、そこからこの自転車に乗ってタウンスナップを撮れると思っておりました。ところがやってみると、案外上手くいきませんでした。

スナップ写真というのは、本来はある瞬間をスパッと写し撮るというかなりハイテクニックな分野だったのですが、最近ではいわゆる記念写真を含め、目に付いた景色や人物をお気軽に撮った写真全てを含めるような雰囲気です。

で、「目に付く」という点ですが、自分の場合は自転車ではスピードが速すぎる、歩くスピードでないとスナップ写真が撮れなかったのです。という事情で、結局あまり活用する事もなく、あちらこちらが錆びて、タイヤもパンクして、しまいには粗大ごみになってしまったのでした。

 

f:id:Bluesboy:20180705004947j:plain

 

ところが最近になって、再び折りたたみ自転車が欲しくなってきております。低山といえども、登山口と下山口が同じルートとなるとそこそこの制限があります。登山口と下山口があまりにも離れると、歩いて登山口まで戻るのはかなり大変です。

それでも4kmくらいなら、1時間ちょいで歩けますからまあいいのですが、それ以上になるとちょっと辛いものです。タクシーなど利用できる余力はありません。というわけで、自転車を利用しようと思っているわけです。

以前は、ご迷惑になるかもしれないという思いから多少の抵抗はあったのですが、時々見かけるデポ自転車に対して特に嫌な気分にはならなかったのでまあいいかなと思えるようになりました。

 

アマゾンでは15000円くらい、地元のホームセンターでも15000~17000円くらいです。安いもんジャンと思って愚妻におねだりしたのですが、一蹴されてしまいました。歩け、さもなければ働けと。。。

 

また何か売るものを探さなくてはなりません、レンズか。。。

 

 

 

 

夢を見させてもらった94分、開いた口がふさがらぬままゲームオーバー

f:id:Bluesboy:20180703155829j:plain

 

ロシアワールドカップ、ベスト16、日本対ベルギーの一戦は、良くも悪くも夢を見させてもらった94分だった。2点のリードを得たときには、観戦者の私でさえ、心中穏やかではなかった。そこに至るまでのベルギーのパフォーマンスと日本の対応と残り時間を考えると、3点めを取りに行くか、ゲームを落ち着かせるか、交代枠も含めて迷うところだっただろう。

 

しかしやっぱり世界のトップはレベルが違った。メンバーを入れ替えて、ちょっとギアを上げれば別世界のパフォーマンスを披露した。西野監督の「ベルギーを本気にさせた」という言葉が、まさにぴったり合う表現だ。

かつて陸上の高野進が、「ファイナリストにならないと世界トップの全力を体感できない」という趣旨の発言をしていた。高野は陸上400mの選手で、バルセロナオリンピックのファイナリストだ。日本にとっては悲願のファイナリストで、田舎の400mランナーだった私にとっては神の一人である。五輪の400m競技は予選・準決勝・決勝と3レースあり、予選と準決勝を勝ち抜いて決勝に進出した8人をファイナリストと呼ぶ。

世界のトップは体力温存のため、ピークを決勝に持ってくるために、予選と準決勝では100%の力を使わずに「流す」事が一般的である。予選、準決勝で隣のレーンで走ったとしても世界のトップからはまともに相手にはしてもらえない。世界のトップの本当の実力は、決勝の舞台でないと体感できないということであり、本当に「参った」と納得し、次の対策を練るにはファイナリストになる必要があるのである。

 

おそらくベルギーは、次のブラジル戦の事も考慮して100%の力を出していなかったのではないか、あわよくば流してそのまま勝ちきろうとしていたかもしれない。勝つには1点差で十分なのであり、それ以上の無駄な力を使う必要はないのである。

しかし、2点もリードされて尻に火がついた、一気にギアを上げてきた。日本にとって2点のリードは試合を難しくしたといえるかもしれないが、「本気にさせた」というのが正しい。結果として追いつかれ、そして負けてしまったのは残念だが仕方がない。よい夢を見させてもらったと感謝さえしたいと思う。

 

願わくば、せめて延長の寝技に持ち込めなかったのか。ポーランド戦で見せた狡猾さはどこに行ったのか。確かに今回の結末は美談にしたいほどドラマチックであったとは思う、ドーハの悲劇にも似た結末であった。開いた口がふさがらぬままゲーム終了の笛が鳴った。

それでも94分、タイムアップ直前のCKは、ショートコーナーなどでボールをキープして、同点のまま延長にもつれ込むという手はなかったのか。もう少し夢を見続けさせてもらいたかった。試合の結果は受け入れるとしても、高さで圧倒的に不利であるにもかかわらず、本田の最後の放り込みキックには失望と残念な思いが残った。

 

それはともかくサムライジャパン、お疲れ様でした。

 

武士道を捨てたジャパン 祝、ワールドカップ グループリーグ突破

ロシアで開催されているサッカーワールドカップで、FIFA ランキング61位の日本がグループリーグを突破した。欧州・中南米以外では唯一の決勝トーナメント進出国である。その困難な道のりを乗り越えて出した結果は、日本人の一人として私にとっても大きな喜びだ。

 

f:id:Bluesboy:20180629163347j:plain

 

グループリーグの最終戦、ポーランドとの戦い方に関しては賛否両論がある。主戦6人を入れ替えたリスキーなスタメン、そして試合終了前の10分間は得点を奪おうとする姿勢を辞めてしまったこと。特に後者に関しては海外からも賛否両論を浴びせられている。

 

私はサッカーの競技経験はないので、あくまで専門外の立場ではあるが、試合終了前の戦略の決断は、日本からジャパンへ、ワールドレベルへのステップアップであると感じた。「武士道とは、死ぬことと見つけたり」、この言葉の意味合いの解説は他に譲るが、「玉砕を否定しない精神」と理解している。しかしワールドレベルの競技においては、武士道だけでは望む結果を得ることはできないということである。

 

 

もちろん、フィジカル、スピード、テクニック、判断力、その他の基本素養において優位性があればそれに越したことはない。しかし日本人の優位性は、少しの敏捷性、そして己を殺しても他を生かすという献身的なチームワークくらいしかない。狡猾さも乏しく、世界レベルで戦うのはきわめて困難だ。ドーハの悲劇は忘れられない。

例えば個人技に頼ったプレーをする傾向がある南米諸国のサッカーは大好きなのだが、姑息な個人技も当たり前のように繰り出してくる。今大会初戦のコロンビア戦で得点を許したフリーキックのきっかけとなったファウルはお得意のシミュレーションだったように思う。長谷部がファルカオにしてやられた形だ、ずっこいとは思うものの、勝てば官軍。彼らも他国からバッシングを受けることはあるだろうが、もう当たり前になってしまっていて、結果を出した者の強みだろうかどこ吹く風だ。

 

同じく今回のポーランド戦の試合の終わらせ方に関して受けた他国からのバッシングは、少しは認められたと受け止めてもいいのではないか。好意的な表現で持ち上げられても、安全パイと思われていたのではいつまでたってもワールドレベルにはたどりつけない。データの分析や戦略を、ジャパンの優位性のひとつに加えてもいいのではないだろうか。

 

いずれにしても今回の西野監督の決断は、明確なミッションに対する非情な決断だったと賞賛せずにはいられない。

大会前には電撃的な監督交代のドタバタがあったチームジャパンのミッションとはもちろんグループリーグ突破であり、必ずしもリスクを犯して目の前の一点を取りにいくことではない。決勝トーナメントの初戦でベストパフォーマンスを出して戦うこと、さらには初戦突破をして歴史を更新することだということを忘れてはならない。

西野氏は、監督として指揮を執ったアトランタ五輪では二勝して勝ち点6を獲ったにもかかわらずグループリーグを敗退した。勝ち点4であっても、最終戦で負けを受け入れても、グループリーグ突破のほうが重要だということはあきらかだ。さらに決勝トーナメントを意識してスタメンを6人入れ替えることで、最小限のエネルギーで目的を達成したといえる。

このリスキーな戦略と決断は、非常に冷徹であったと思わずにはいられない。

 

もしあなたがその場の現場監督だったらどうしますか、もし自分だったらどうするだろう。責任者としての経験が全くないではないが、ここまで冷静に判断するのは難しい。無意識であったとしても、「武士道」を選んでいたような気がする。

 

さて、決勝トーナメントは中三日でベルギーだ。ベルギーは、個人的には優勝候補最右翼と考えていた。ブラジル贔屓の私だが、ベルギーは強い。韓国のジャイアントキリングという実例があるにはあるが、日本が今のベルギーに勝てるイメージを抱くのは贔屓目に見てもかなり難しい。過去のベスト16の戦い、トルコ戦、パラグアイ戦よりははるかに厳しいものになるだろう。

しかし、ブーイングを受けながらももぎ取ったトーナメント進出を無駄にしないでもらいたい。個人的には、クレバーな試合運びをしてもらいたいと思う一方で、武士道を貫いて戦って欲しいとも期待している。