道楽者の詩

写真とカメラ、山登り、ギターをはじめ、日々の私情をつらつらと

ダム博物館選定、「日本100ダム」

岡山県 湯原ダム 「なんとか百選」というのとはちょっと違うのかもしれませんが、一般の方々に向けて推薦する100基のダムが有識者によって選定されました、というお話です。 主体は日本ダム協会が運営する「ダム博物館」で、有識者とは日本ダム協会が任命…

スナップの背景は、ぼかせばいいってものじゃない

よく聞く話ですが、背景がボケた写真を撮りたいという話を聞きます。背景をぼかすだけなら、絞り開放で、被写体と背景の距離を開けて、極力被写体に近づけばいいだけの話で、技術以前の単に知識的な問題です。 背景をぼかす「目的」を意識せずに、単にぼかす…

夏の山シャツ モンベル ウイックロンクール & ジオライン クールメッシュ

mont-bell ウイックロンクール & ジオライン クールメッシュ 暑い夏は、速乾性で少々風通しがよいくらいの機能だけでは快適ではありません。 それまではモンベルのウイックロンの長袖Tシャツ一枚で歩き回っていましたが、ウイックロンクールを試してみまし…

ジムニー フルモデルチェンジ 実車確認

New Jimny JB64 ジムニーがフルモデルチェンジした。20年ぶりのモデルチェンジは4代目だ。私が乗っているのは3代目、まだまだ乗って乗れないことはないので、買い替えは早計、のはずだ。 今日、たまたま通りがかったスズキの前に New Jimny JB64 があったの…

ある日のスナップ:助けてください

これは2006年ごろに撮った写真です。道端を歩いていたときに見つけた投棄され自転車です。普通なら見過ごしてしまうのでしょうが、カメラをぶら下げていた「緊張感」からか、目にとまってしまいました。同時に思いついたのが「助けてください」というタイト…

自宅浸水危機一髪、リスク管理と備えは怠りなく

7月6日の午後から、岡山県全域を含む西日本に対して、降り続く大雨による「最大級の警戒」とか「数十年に一度の災害が迫っている」というアナウンスが発信し続けられていました。7月7日夕方になって、岡山県ではようやく全ての警戒情報が解除されました。 被…

折りたたみ自転車、下山口にデポしたい

これは2005年、今から13年前の写真です。買ったばかりの折りたたみ自転車の記念写真、ホームセンターで1万円でした。 これがあれば、車で駐車場まで行き、そこからこの自転車に乗ってタウンスナップを撮れると思っておりました。ところがやってみると、案外…

夢を見させてもらった94分、開いた口がふさがらぬままゲームオーバー

ロシアワールドカップ、ベスト16、日本対ベルギーの一戦は、良くも悪くも夢を見させてもらった94分だった。2点のリードを得たときには、観戦者の私でさえ、心中穏やかではなかった。そこに至るまでのベルギーのパフォーマンスと日本の対応と残り時間を考…

武士道を捨てたジャパン 祝、ワールドカップ グループリーグ突破

ロシアで開催されているサッカーワールドカップで、FIFA ランキング61位の日本がグループリーグを突破した。欧州・中南米以外では唯一の決勝トーナメント進出国である。その困難な道のりを乗り越えて出した結果は、日本人の一人として私にとっても大きな喜び…

低山ハイカーには辛い季節

日中の気温が30度を超え、湿度が70%を越え、降水確率40%以上の今日この頃、低山ハイカー・低山ウォーカーにとっては辛く厳しい季節です。概ね6月中旬から9月中旬まで、山登りは OFF ですね。県北のお山に行ってもさほど涼しいわけではなく、暑い、枝葉が茂っ…

滝に行く時 撮影道具と付帯装装備(常用品)

近隣で一人でいけそうな滝はもう行きつくした満腹感がありまして、最近は滝にはあまり行っていません。遠征すれば、見るべき滝はたくさんありますがそこまではもういいかなと。 滝へのアクセスは、地図がない、道がない、代わりにあるのは草ヤブ・枝ヤブ、急…

岡山県 和気町 水引の滝 小原の滝 再訪

岡山県の南部、備前の国の和気町にある滝を再訪して来ました。以前から、いつでも案内するよと申し出ていたところ、都合がついたというお誘いを受けて百選マスター殿と同行してきました。しかしながら、あまりに久しぶりだったので、不案内な先導になってし…

岡山県 真庭市(旧美甘村) 高山不動滝

今年になって滝に行くことはめっきり減ってしまいました。というのも、近場で、一人でも行けそうなところは行きつくし、行きたいところがなくなってきた、というのが率直なところ。加えて写欲もめっきり減退、そんな感じです。今年は、氷瀑とか、危険を伴う…

岡山県 真庭市(旧勝山町) 谷山川の滝

国土地理院の地形図によると、真庭市(旧勝山町)の谷山川には滝マークが記載されています。一方ネットの滝情報によると、「谷山川の滝」として有名サイトで紹介されていました。多分に洩れず、急斜面を降りていかなくてはならないということなので躊躇して…

伯耆大山 古道の横手道から廃道の正面登山道を歩く

溝口から望む伯耆富士 伯耆大山は中国地方唯一の百名山ですが、標高は1710mと全国的に見れば2000mにも満たない低い山です。しかし日本海に面した独立峰であって、厳冬期の厳しさは3000m級の山にも匹敵するといわれています。 山容は南北から見ると、屏風を立…

山に一眼レフを担いで登る人

私も最初は一眼レフをと交換レンズを携えて山登りをしておりました。さらに遡れば、一眼レフと三脚を携えて滝に通っていました。 滝の撮影に行く時は別ですが、いわゆる山歩きやピークハントが目的の場合は、いつの間にか一眼レフは自宅待機になってしまいま…

備前の名峰 熊山トレーニング 数えてみれば70回

熊山というのは岡山県東南部、岡山市・赤磐市・備前市にまたがる標高500mを主峰とする山塊ですが、「備前の名峰」とも称されていて、オールシーズン、多くの人が散策をしています。 眺望のよいところはあるにはありますが限られています、花や植物のことはよ…

山にGPSや地図を持たずに登る人

地元の低山専門の私ですが、地形図を表示できるGPS&マップをインストールしたスマホは必ず携行しています。地図がスキということもあって、何度も登ったトレーニングコースの標高500mの低山に行く時でも例外ではありません。フル充電2回分のモバイルバ…

低山山歩き 一日遊んで出費はいくら

ひと言で山登りと言っても、日本中を回って百名山マスターを目指している人もいれば、私のように遠征はしないで専ら近場で遊んでいる者もいます。穂高や槍に行ってみたくはないのか?、と尋ねられることが時々あるのですが、行きたくないというほどではあり…

ホタルの季節

今年もホタルの季節がやってきました。 いつの頃からか、ホタルの生息域は広がってきているような印象を持っています。子供の頃は家の中まで入ってきていましたから、その頃とは比べるまでもないですが、ひところは絶滅に近いのかとまで感じていたものです。…

低山 日帰りザック トップローディングとパネルローディング

私は、主に低山、晴れの日、日帰り専門で山歩きをしておりますが、道具選びには時間もお金も掛けています。何につけても「道具」にこだわるのは道楽者たる所以でもあります。 ザックに関しては、10個買って、6個売りさばいて、現在は4個所有しています。結果…

日大アメフト、ルール無用のラフプレーに神風特攻隊を見た

長い間収拾がつかず、会見と報道が続いている日本大学のアメフトディフェンダーが犯したラフプレーですが、不謹慎ながら、神風特攻隊を思い浮かべてしまった。 自分自身は幸いにも戦争体験はありません、終戦日のころテレビで報道される悲惨な報道よりも多少…

二百名山のひとつ 中国山地の名山 氷ノ山

氷ノ山は、兵庫県と鳥取県の県境に聳える標高1510mの山です。標高は中国地方・鳥取県では伯耆大山に次いで二番目、兵庫県では一位、氷ノ山後山那岐山国定公園の主峰となる山です。岡山県南部の者にとっては、有名ではあるが縁遠い山でした。鳥取側でも兵庫側…

山に犬を連れてくる人たち

犬は我が家にもおりますので決して嫌いではありません、毎日夕方の散歩や排便の回収もやっております。散歩くらいはわかる話でしょうが、散歩レベルでない場所にまで連れてくる人がいます、いったい何を考えているのでしょうか。 そもそも犬をワンコと称する…

日帰りハイキングザックに マウンテンダックス ソーカー 25 を

ただ今使用しているザックは、雪のない時に使用する グレゴリー Z35 と、雪があるときに使用する ノースフェイス テルスフォト 40 の二つです。日帰り用として ミレー サースフェー 30+5 を追加で購入してみたのですが、どうにも自分には合わないような…

モンベルの商品を安く入手する方法は、

モンベルの新品の商品を安く入手する方法は、 ありません 残念ながら値引いての販売は期待できません。型落ちした旧製品の残り物をアウトレット品として 10%~20%くらい値引いて販売していますが、基本的には定価販売で、安く購入することはできません。期待…

低山用、登山靴のラインナップを見直してみたい

経緯はいろいろありまして、現在所有している靴は上の写真のとおりです。 左から、ツオロミーブーツ(ハイカット)、タイオガブーツ(ミドルカット)、ラップランドブーツ(ミドルカット)、クラッグホッパー(ローカット)です。クラッグホッパーの靴底のフ…

登山靴のフィッティングにジオラインインナーソックスを試してみた

山歩きでは、靴が足に合わないとなかなか辛いものです。靴擦れも痛いですし、逆にガポガポでも安定しない上に疲れやすくもなります。最初のうちは上手くフィットしていた靴でも次第にその具合は変化してきます。革製品ならば足になじむと言われるようですが…

ウインドシェルを捜して行き着いたのは不覚にもモンベル

以前はウインドブレーカーと称しておりましたが、最近はウインドシェルと称されることが多いようです。ハードシェル、ソフトシェル、ウインドシェル、シェルが多用されますね、「殻」「貝殻」という意味です。一番外側に着用する外套と受け止めてもいいでし…

山歩きの記録写真、防水コンデジ vs ミラーレス vs スマホ / XP90 vs EOS M3 vs iPhone5S

修理に出していた防水コンデジ(Finepix XP90)が戻ってきました。具合の悪かった箇所はもちろん、レンズの前のガラスも新品になって戻ってきました。あと一年は耐えてほしいものです。 bluesboy.hateblo.jp このカメラが入院中は、仕方なく iPhone5S と ミ…