読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道楽者の詩

写真とカメラ、山登り、ギターをはじめ、日々の私情をつらつらと

写真道楽

何をいまさら Canon EOS M3 物語 / 軽量化して滝撮影で使えるのか

観光滝ならいざ知らず、アクセスが困難な滝の撮影で改善のポイントはまずは軽量化です。いつまで滝を追いかけ続けるのか分りませんが、道があるのかないのか分らないようなところや、長時間の歩きが必要なところに重い撮影機材を担いでいくのは辛いものです…

何をいまさら Canon EOS M3 物語 / 購入までの経緯

このたびちょっと血迷った感も否めませんが、生産終了になった Canon EOS M3 & EF-M 15-45mm を買ってしまいました。ついでに EF レンズ用のマウントアダプターも中古で。 これはいわゆるミラーレスカメラですが、パナソニックやオリンパスのマイクロフォー…

三脚を背負う、ショルダーストラップをスリングで代用

上の写真は下から、ベルボンのネオプレーン三脚ストラップ、5mm径の細引きロープで自作した120cm のスリングで SLIK カーボンスプリント634 FA のショルダーストラップにしてみた図、左上は 120cm * 20mm のフラットスリング。 ※ スリングとは、紐やロープな…

撮りたい時に、撮りたいところへ行って、撮りたいように撮ろう

3月の後半から4月の中ごろまでは滝撮影には都合のよい季節です。雪融けである程度の水量が見込める、ヤブや邪魔な枝葉が少なくて全容の見通しがよい、そして直射日光が比較的強くありません。 風景写真を撮るには晴れた日がよさそうに感じるのですが、実は…

四月は桜だけじゃない、雪融けの滝も見頃となります

普段は水量が無いとお嘆きの滝も、雪融けの季節はなかなかよい姿を見せてくれます。さすがに雪のない地域は対象外ですが、雪が積もった麓の滝はチャンスです。 上の滝は岡山県最高峰の後山の滝ですが、夏にはほとんど水がないそうで、ご存知の方はあまりいな…

2017年 津山市 尾所の桜は4月22~23日ごろが見ごろになりそう

岡山県内では最も遅咲きといわれる尾所(おそ)の一本桜、4月15日が桜祭りと聞いていたので、18日に行ってきました。なんと散ったかと思うくらいの惨憺たる状態でした。短時間の間に何人も来ていましたが、花をつけていない一本桜を前にして皆さん唖然とした…

人面滝

10年近く細々と近隣の滝の撮影をしてきております。岩の表面の様子が人面に見える滝は数々あるのですが、これほどまでにクッキリと、正面に、滝全体が人面に見えたのは初めてです。人面滝としては秀逸です。 右目はウインク状態ですが、鼻筋は通っていますし…

山で使うカメラ XP90 を買って一ヶ月の感想

山歩きで使うカメラは出来れば軽く、できれば綺麗に撮れる、誰もが思う切なる望みでしょう。いろいろ考えて Canon G9X か Sony RX100 あたりが望ましいと思っておりました。 bluesboy.hateblo.jp 使用していた Canon Poershot S200 が壊れたら考えようと思っ…

県北の山の雪はまだ消えていなかった

四月になって桜が咲こうとしているにもかかわらず、中国山地の1200mクラスの山ではまだたくさんの雪が残っていました。標高700m付近にある滝に行こうとしたのですが、標高550mあたりから膝までの雪に見舞われて諦めて帰ってきました。 例年の状況はよく知ら…

難関の滝 鏡野町 大成の滝

大成の滝は県内では難関とされる滝のひとつです。ネット情報を探しても、よほどのつわもの殿しか到達できていません。その最大の要因はヤブです。以前は沢沿いに林道があったようですが、現在では途中から完全に自然化しています。 雪が消えて、ヤブが収まっ…

自由雲台 SLIK SBH-280 素人修理の危険性

自由雲台が真っ二つに分解してしまい、ちょっとあわててしまったのは先日お知らせしたとおりです。出費を避けたいので、できれば自分で修理したいと思います。 bluesboy.hateblo.jp 本日スリックの相談センターに電話してみました。素人が修理するとして、「…

自由雲台がバラバラに、スリック SBH-280 自分で修理できるかな

滝撮影用に普段使っている雲台は SLIK SBH-280 です。ベルボンのクイックシューを常設しています。 本日使用していると次第にボールが動きが悪くなってきて、最後には通常の力では動かなくなってしまいました。もちろん、固定用のネジはユルユル…

総社 高滝山で滝を2本ゲットしてきた

岡山県の総社市と矢掛町の境に高滝山という山がある。その登山道沿いに滝があるという情報得ましたので、山登りかたがた行って来ました。いつものようにHPのほうにアップしたページのご紹介という形でのお知らせです。 cantam.daynight.jp 滝はどちらも1…

防水カメラ Finepix XP90/XP120 の使用感、第一印象

先日買った Finepix XP90 を使ってきたので、その使用感をレポートしておきます。新型の XP120 も実質ほとんど同じだと思います。 bluesboy.hateblo.jp デザイン的には、手でわしづかみするようなサイズなので最初はちょっと違和感がありましたがすぐに慣れ…

山で使うカメラ 防水のFinepix XP90 を

これまで使っていた Canon powershot S200 が壊れました。しばらくは、嫁に預けていた S120 を借りて使っていたのですが、わずらわしくなって新調することにしました。 bluesboy.hateblo.jp 自分の場合は、興味を持ったものは使ってみないと気がすまないとい…

コンデジ選びは一眼選びより難しい

いまどきのコンデジ業界は大変のようです。スマホのカメラに駆逐されかかっているのか、普通のコンデジはなかなか売れないようです。売れないから作らない、作ったとしてもコストダウンのせいか、貧相になったり丈夫さが失われているような気がする。 メーカ…

奥吉原本谷~舟下山 (赤磐市) を歩いてきた

備前の名峰、熊山界隈の保々呂谷に続き、奥吉原本谷と舟下山のルートを探索してきました。 bluesboy.hateblo.jp 道中記のレポートはこちら、 cantam.daynight.jp 熊もいないのに熊山と呼ばれる山塊は、最高地点が509mという低山ですが見所やルートが多く、ま…

舟下山~保々呂谷 (赤磐市) を歩いてきた

比較的近場ではありますが、備前の名峰「熊山」のバリエーションルートとされているルートを歩いてきました。いつものように自分のHPにアップしましたことを、こちらのブログに書かせていただきます。 cantam.daynight.jp 先に車で山に登って、そこから里…

一年半で使った山登り道具代、ぜんぶでなんぼや

一昨年、2015年9月に仕事を辞めたのをきっかけに恐る恐る手を染めてみた山歩き、もうそろそろ1年半になります。何をするにも道楽には金がかかります、納得のできる道具を見つけるまでには試行錯誤といえば聞こえはいいですが、買って試して買い換えて、の連…

東温市 白猪の滝 期待した氷瀑はさっぱりダメだった

愛媛県の白猪の滝、落差は96mといわれています。厳冬期には完全に凍結してすばらしい氷瀑の姿を見せてくれます。それなりに期待して訪れたのですが、さっぱりダメ、氷の「こ」の字さえ拝む事ができませんでした。 ここである程度覚悟を決めて、翌日は多くを…

愛媛県 東温市の滑川渓谷は見所いっぱいの渓流だった

愛媛県の滝を友人とまわっていた初日の最後に訪れたのは滑川渓谷。国道11号線から県道302号線に入ってひたすら南へ向かいますと行き止まりに数台駐車できるスペースと滑川清流ハウスがあります。ここから上下流約1kmに渡って、緩い渓流がつながっていま…

高瀑 西日本最大の氷瀑は息を呑むスケールだった

西日本最大といわれる高瀑(たかたる)は愛媛県石鎚山系の北斜面、標高1300mの辺りにある、落差132mとされる滝です。アクセスは非常に厳しく、私にとっては写真で眺めるだけの場所だったのですが、友人にお誘いいただきまして無事行って来ることができました…

鏡野町 岩井滝の氷瀑に行ってきた

大雪警報発令中の中、岡山-鳥取県境に近い岩井滝に一眼レフを担いで行ってきました。氷瀑は三脚がなくても何とかなるのでの分重量的には助かります。無積雪期には何度も来ているのですが、積雪期は今回が初めての到着です。積雪期にはこれまで駐車場までは…

岩井畝の大桜に雪が降った日、駐車場は新雪だった

醍醐桜から10kmほどの距離にある岩井畝の大桜。こちらはかなりマイナーな一本桜であまり話題になることがありません。そこそこ立派な一本桜なのですが、あまりにも醍醐桜が偉大すぎてどうしても霞んでしまいます。 幹の周囲は約6.5m、枝張りは23m、推定樹齢…

醍醐桜に雪が降った日、枝の雪はなくなっていた

醍醐桜というのは、こちらの地方では最も有名な一本桜です。 この桜の名前は、後醍醐天皇に賞賛されたということが由来とされています。樹齢は700年とも、一説によると1,000年ともいわれる巨木は、根元の周囲が約9m、枝張り約20m、高さ18mのアズマヒガンです…

神庭の滝に雪が降った

西日本は軒並み大雪警報が発令され、鳥取のR373では自衛隊まで出動することになりました。雪害の災難にあわれた皆様にはお見舞いを申し上げますが、私の住む岡山県南では粉雪も舞い散らなかったものですから、物見遊山で北へ雪を見に行きました。 まずは神庭…

グレゴリー パデットケースはカメラケース、スマホケースに使えるか

季節柄、福袋のばら売りのような出品がオークションでいくつかありましたが、皆さんなかなか厳しい競りをされるので、とっとと諦めてアマゾンへGoです。 [グレゴリー] GREGORY 公式 パデッドケースM 659404631 DEEP FOREST CAMO (ディープフォレストカモ) …

カメラバッグ ハクバ GW-ADVANCE PEAK25

お友だちから「これってどうよ」という連絡が入りました。先日ニコンとミレーのコラボザックを調査したばかりなのに、またまたカメラバッグです。 www.hakubaphoto.jp 紆余曲折ありましたが、現在私が所有しているカメラザックは4つです。 ・The NorthFace …

ニコンとミレーのコラボ カメラザック アイガーグレッチャー 33、これはよさそうです。

shop.nikon-image.com Nikon × MILLET EIGERGLETSCHER 33 Special Movie by Nikon Direct| ニコン カメラザックは現在3つ所有しておりますのでとりあえず間に合っておるのですが、新しくニコンとミレーの合作でカメラザックが発売されるということです。チ…

一眼レフ、ミラーレスで使う三脚の選び方

いわゆる一眼レフクラスのカメラを乗せる三脚はどれを選べばいいのでしょうか。 撮影のジャンルや撮影の仕方、使用するカメラ&レンズなどによって、適切な三脚は違ってきます。そこをあえて一本といわれると、フルサイズカメラなら28mm径、APS-Cのカメラな…

山へ持っていくお勧めの軽量三脚

私の場合は主に滝撮影で使用しているのですが、リュックに装着して山の中を歩くときの三脚はどれがいいのか、いくつか試しましたのでそのお話を。 使用したのは、全部で4種類5本。 条件としては、 使用するカメラとレンズに対して十分な強度を持つという事…

三脚の脚、ナット式とレバー式 長所と短所

三脚の脚の伸縮を留める機構として、ナット式とレバー式があります。どちらがいいのでしょうか、一長一短とか、好みとかで済まされることが多いと思います。私は「好み」と言い聞かせてレバー式ばかり使ってきましたが、「好み」ではなく「思い込み」だった…

三脚を入れ替えました アルミは捨ててカーボンに

いくつかは買い換えましたが、概ね落ち着いていた三脚のラインナップを変更しました。4本から3本に整理しました。簡単に言うと、4本のうち2本のアルミを手放して、3本のカーボンにしました。 変更前) 左から、 ・ベルボン シェルパ 445Ⅱ ・ベルボン…

山登りであっても、重くても、一眼レフでスナップを撮りたい人のグッズ

私には無理な話ですが、それでも一眼を携帯して山を登るという方がいらっしゃいます。今年、鳥取の大山に登っている時見かけたのですが、多くの小学生を引率していた女性教師でしょうか、山登りも慣れ ているのでしょう、片手にむんずと一眼レフを握りしめて…

秋の写真 あれこれ

写真の整理をしようかと古いデータを見ておりましたついでに、秋の写真を何枚か集めてみました。 兵庫県 竹田城 来客が多くて、最近では自由に出入りできなくなってしまいました。この撮影時はまだ無法状態でしたので、自由に出入りできていました。 岡山県 …

山で使うカメラ SONY RX100 vs Canon Powershot G9X

いろいろと考察をしております「山に連れ込むカメラ=携行するコンデジ」ですが、私の場合は正味ところ二択になります。SONY RX100 か Canon Powershot G9X か、このどちらかです。 あくまで、どなたでも気軽に持ち歩けるコンデジクラスのカメラであって、記…

山で使うカメラは一眼レフか、ミラーレスか、コンデジか、スマホか

私が山歩きで主に使っているカメラは Canon Powershot S200 という廉価版のカメラです。中古で10000円で購入しました。何故これを使っているかというと、サイズと重量、そしてそこそこの描写性能があるというのが主な理由です。 確たる撮影の目的があって山…

EF-S15-85mm IS USM 実践投入、いまさらの感想

こんな古いレンズ何をいまさらとの感はありますが、最近入手した EF-S15-85mm で撮影してきましたので、一応個人的な感想を記しておこうと思います。 レンズって言うのは、使用目的でその評価はかなり変わってきます。私の場合は このEF-S15-85mm というレン…

悩ましい、キャノン一眼レフ 標準ズームレンズ選びのヒント

便宜上、ここでは標準ズームレンズというのは、フルサイズ換算で28~50mm、APS-C 換算で18~30mmをカバーしているズームレンズとしておきます。 さらに、以下はキャノンの APS-C サイズのカメラを前提としたお話です。フルサイズの場合は、使用目的がある程…

標準ズームレンズ EF-S15-85mm IS USM を追加購入しました

いまさらではありますが、Canon EF-S 15-85mm F3.5-5.6 IS USM を中古で購入しました。このレンズは、Canon EOS 7D と同時に2009年10月に発表されたレンズです。ですので、もう7年も前のレンズです。 cweb.canon.jp なんでいまさらそんなレンズを買うのかと…

初めての、登山・トレッキング・山歩き用の靴選び

山歩きを始めようとする時に揃えなくてはならない物はいくつかあります。一般的に、ザック、靴、雨具といわれています。その中でも、個人的には靴です。ハイキングであれ、トレッキングであれ、山登りであれ、天候や距離にも関係なく、始めるにあたりこれが…

鳥取県 もう一つの雨滝は往復8時間の道のりだった

鳥取県鳥取市には「日本の滝 百選」にも選出されている雨滝という立派な滝があります。この滝は駐車場から徒歩10分以内、整備された園地の奥にあり、ハイヒールでも見に行ける、一種の観光滝です。 鳥取県には同じ名前でもう一つの雨滝があります。そこは…

コンデジ スローシャッター手持の限界 広戸仙七滝で試してきた

岡山県津山市(旧勝北町)にある広戸仙には、ふるさとコースと称して七本の滝を見る事ができるルートがあります。2001年に整備されたこのルートは、ほとんどが斜面のトラバースで、多少荒れてきており少々厳しいコースです。 滝は水量が少なく決してどなた様…

Canon Powershot G9X と S200 の写りの違いを知りたい

bluesboy.hateblo.jp 上の記事で、山に持って行くカメラについて考えました。自分の場合は、お気軽に記録的に撮っておければよいのですが、できれば少しでも綺麗なほうがいいなぁ~、というのが人情です。ということで、現在使用している Canon Powershot S2…

登山で持って行くカメラはどれがいいのか悩みます

これは自分の悩みなのですが、頭の中だけで考えていると堂々巡りなので文章にしてみました。 どのカメラがよいかというのは、もちろん使用目的によって選択されるべきです。理屈もへったくれもなく「これを使いたい」という強い希望があればその限りではない…

ホタルの季節、撮影は簡単じゃないけど、難しくもありません

今年もそろそろホタルの季節です。 実はホタルの写真道楽は今から一ヶ月前から始まっているのです。あまり多くはいないと思いますが、ホタルの幼虫が上陸してくる様を撮影している人たちがいます。歩みが遅いので、3時間くらいは露光することになります。だ…

瀬戸内バルーンフェスティバルの思い出

2009年で終了してしまったイベントですが、4年間撮影に通いました。 その中から20枚ほど集めて写真集にしてみました。 cantam.daynight.jp 画像サイズに関しては特に制限がないので好き勝手しております。 bluesboy.hateblo.jp アスペクト比 3:2、一覧画…

ノースフェイス テルスフォト 40、カメラとレンズと三脚を収納する登山ザックはこれだ

撮影目的の山登り(登山というのはおこがましい)に使用するザックは、これまでにいくつものザックを買って試してきました。店でいくら試着させてもらっても、簡易的にパッキングをさせてもらっても、実際使ってもいると不都合なことが出てくるのです。ひと…

日帰り用登山ザック モンベル フォトウォーカーパック

モンベルのフォトウォーカーパックには、25Lと35Lがあります。実はかくかくしかじか、両方とも使いました、そして現在はどちらも手元にありません。今にして思えば、35Lのほうは手放すことはなかったか、と少々後悔気味です。現行品ですので買い戻…

どうしても手放せない、スパイク長靴

滝の撮影によく行く私は、スパイク長靴が手放せないっていうお話です。 滝といっても、そんなにハードな山奥に行くわけではありません、私の行けるところはせいぜい片道1時間半程度です。反面、道は必ずしも整備されているわけではなく、藪もあれば、沢登り…