道楽者の詩

写真とカメラ、山登り、ギターをはじめ、日々の私情をつらつらと

アコースティックギター 木目と音の話 #1

Martin D45 1979

f:id:Bluesboy:20150513020606j:plain

 

現在はもう手元にないのですが、一時期所有していたギターのトップの木目です。型番など言わなくてもお分かりになるでしょう、往年の世界最高峰のギター Martin D45 ですが、その中でもこれほど目の詰まったものは見たことがありません。シトカスプルースです。

 

シトカスプルースは、アラスカで採れる材です。戦前は工場の近場のアディロンダックスプルースが使用されていましたが、良い材をさがしてシトカスプルースが使われるようになったといわれています。豊富にあったので、選別もやりやすかったのでしょう。

 

このトップ材の冬目と夏目の色のはっきりさ加減は、ごく普通かもしれません。木目のまっすぐさは、 一級品です。世界最高峰の名に恥じぬ材です。現在うちにある中では、SantaCrus OM がこれに近いですが、木目の幅は倍くらいありますし、目のストレートさ加減は、この D45 の足元にも及びません。


かつてこの D45 の木目の数を数えろとのご指令が出たことがありますが、まともには数えられませんでした。概算で120本と答えたら、疑念を抱かれてしまいました。現オーナーさんに数えていただきましたら 133本ということでした。

 

1970年後半のMartinは、D35もD28もふくよかな音というか低音にしまりがない音というか、ややそんな傾向になってきていましたが、このD45はガラスを割ったようなキレのよい音がしていました。音が鳴りやまないので、連続してストロークするのがためらわれるような響きのいいギターでした。

 

f:id:Bluesboy:20150516014859j:plain

 

超一級品の木目のトップを持つギターがつむぎだす音は、弾き手の腕次第でした。。。

同じD45を使っても Neil Young のようなサウンドは出せませんね。S&Bがハカランダじゃないからでしょう、たぶん、きっと、そのはずです。。。

 

スポンサーリンク