読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道楽者の詩

写真とカメラ、山登り、ギターをはじめ、日々の私情をつらつらと

なでしこジャパン ニュージーランドとの親善マッチ

f:id:Bluesboy:20150601114855p:plain

 

ワールドカップへの船出の初戦の時がやってきました、本番前の親善試合の始まりです。

丸亀での初戦のお相手はニュージーランドです。このチームは今回のワールドカップに出場もしますし、前回のドイツ大会に出場してグループリーグ初戦でなでしこが戦ったチームです。そのときは 大儀見のループと、岩渕が獲ったFKを宮間が決めて 2-1 で勝ちました。

今回は久々に10番沢の登場です。3年前のロンドンオリンピックが終わってから、沢抜きでも戦える戦力探しと戦術を探ってきてきましたが、結局沢がいないと戦術が立てられないという結論に落ち着いたようです。私としては、宮間がボランチを外れて攻撃的ポジションで活躍できるようになるので一安心です。

 


【MS&AD なでしこカップ】vsニュージーランド戦ハイライト - YouTube

 

5月25日 なでしこジャパン、澤選手のゴールでニュージーランド女子代表に勝利 | JFA|公益財団法人日本サッカー協会

 

 

さて本日のスタメンはGK山根とボランチ川村以外はいつものメンバーなのでたいしてびっくりはしませんでした。自分はサッカーのプレイ経験はないので、プレイの解説は出来ませんが感じたことは、

 

1.観客の多さにピックリしました

TVで見てもバックスタンドの最上段にまで観客がいるのがわかりました。何でもチケットが15000枚売れたという話ですから、それ以上の観客でしょう。なでしこがボールを持って駆け上がると同時に湧いてくる歓声、前回大会とはえらい違いです。

 

2.前回大会のチームとは別のチーム

前回はボールを細かく繋いでポゼッションでアドバンテージを得る展開でしたが、ここ数年は前に早い展開をするようにしています。オリンピックが終わってから試し続けて来たスタイルですが、いまひとつフィットしているような気がしません。宮間の縦パスには元岡山湯郷ベル の有町が合いそうなのですが、一度しか召集されていません。器用な選手や国内基準では足の速い選手は多いのですが、国際試合で通用するようなスピードや突進力のあるフォワード、バイタルエリアで前を向いて縦パスを受けられるフォワードがいないので、海外チームの戦術を取り入れるのはどうなんでしょうか?、おそらくこのまま本番に突入すると思いますがどのくらい通用するものでしょうか。

メンバーはあまり変わりませんが、大味で雑なプレーが増えてかなり違うチームに見えてしまいます。

 

3.セットプレーは大きな武器

今回の得点はCKからの一点だけでした。宮間は最初の数回のCKはニアに蹴っていました。相手チームもなでしこのニアは非常に警戒していました。ニア、ニア、ニアときて、相手DFが吊られて二アにひきつけられて、中央にぽっかり穴が開いたところにドンピシャでボレーをどうぞと言わんばかりの柔らかいボールを蹴りこんだ宮間、フェイントを入れてその穴に飛び込んでボレーを決めたのは沢。右から起こして起こして左から上手投げという感じ、完全に計画的なサインプレーでしょう。

ボレーもたいしたものですが、あそこへ一発でビシッと蹴り入れた宮間のキックは、野球のピッチャークラスのコントロールではないかと思う次第であります。

 

4.このパフォーマンスじゃフランス・ドイツには勝てません

切羽詰ったときにとんでもない力が出ることはあることは否定しませんが、今日のパフォーマンス・スピード・パワー・テクニック・連携では、フランスのスピード&テクニック、ドイツのパワーには勝てそうな気がしません。

でもその下馬評を撃破してこそ感動があります。最後まで諦めず頑張って欲しいものです。

 

 

次の国内強化試合

・2015年5月28日 19:20 日本 対 イタリア

(イタリアはワールドカップ不出場)

 

本番の日程(グループリーグ)

・2015年6月09日 11:00 日本 対 スイス
・2015年6月13日 11:00 日本 対 カメルーン
・2015年6月17日 06:00 日本 対 エクアドル

 

日程・結果│FIFA女子ワールドカップ カナダ2015|なでしこジャパン|日本代表|JFA|日本サッカー協会