読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道楽者の詩

写真とカメラ、山登り、ギターをはじめ、日々の私情をつらつらと

FIFA女子 ワールドカップ カナダ2015 なでしこジャパンとスイスチーム

FIFA女子ワールドカップ カナダ 2015 なでしこ話

f:id:Bluesboy:20150605154744j:plain

 

6月2日 なでしこジャパン FIFA女子ワールドカップに向け開催地・カナダで初練習 | JFA

6月3日 なでしこジャパン カナダの人工芝で攻撃面を確認 | JFA

6月4日 なでしこジャパン 課題の改善を目的にゲーム形式で調整 | JFA

 

FIFA 女子ワールドカップ カナダ大会 2015 は、日本時間の6月7日から約一ヶ月間開催されます。ほとんどの試合が BS1で放送されます。前回大会に比べ注目度はアップしているようですが、2011年から2012年をピークとして次第になでしこリーグへの関心は落ち来ているというのが実情です。

その状況を打破するためにも、今後女子サッカーを文化として根付かせることが私たちの責任だと、キャプテン宮間あやは発言しています。勝負だけでなく、そのようなひたむきな志を是非とも応援したいものだと思います。

 

NHKから大会日程と放送予定が発表されています。

 

出場チームは今大会から24チームに増えました。優勝するためには、前回の6試合から7試合に増えました。選手層の厚さというのも非常に重要なファクターということになります。

NHKから発表されている一次リーグの組み合わせとチーム紹介です。

 

なでしこジャパンは、グループCに属し対戦国は「スイス」「エクアドル」「カメルーン」です。この三ヶ国は全てワールドカップ初出場です。新入幕力士が、ディフェンディングチャンピオンに立ち向かうという構図です。

よく考えてみれば、前回大会で連続優勝を狙った開催国ドイツに、それまで一回も勝ったことがない日本が立ち向かった時に多少似ています。当時世界ランキングは2位と4位ですから拮抗はしていました。でも、負けても相手がドイツじゃ仕方ないよな、と思わせる状況です。私もまさかドイツに勝つとは思ってもいませんでした。それが今回は完全に逆の立場ですから、なでしこジャパンからするとどのチームも侮るわけにはいきません。

その中でも一番警戒するのは初戦のスイスチーム。ヨーロッパ予選10試合を9勝0敗1分、53得点、1失点という戦績で初出場を果たしたチームです。数字だけでは判断できませんからその内訳(経緯)を確認してみました。

女子チーム - スイス – UEFA.com

 

 

どうやらデンマークとの一騎打ちに勝って出場を決めたという感じですので、53得点とか、1失点とか、この数字はあまり気にしなくてもよさそうです。そのデンマークと今年の春のアルガルベカップで対戦したなでしこは 1-2 で負けています。アルガルベカップの順位は日本が9位、スイスは8位でした。

ちなみに世界ランキングは、日本は最近1ランク落として4位となっており、デンマーク15位、スイス19位ということです。

 

さてそのスイスチームですが、選手は概して大柄です。監督はドイツ人、安藤が所属したチームの指揮官だったこともあるらしい上に、スイスチームの多くの選手がドイツリーグで活躍しています。ドイツのブンデスリーグは日本人も多く所属していますので、情報的な不足は無いと考えられます(エクアドル、カメルーンに関しては宮間も「謎」と表現していました)。

さらにエースストライカーのNo11:ディッケンマン(29歳)は16歳からスイス代表に参加している国民的選手で、なでしこでは澤のような位置づけの選手です。この選手はフランスのオリンピックリヨンに所属していて、同じくリヨンに所属する熊谷と完全にマッチアップする形になります。

そのスイスチームのアルガルベカップでの戦いの様子をネットで見つけました。

2015 Algarve Cup • USA vs Switzerland (720p) - YouTube

 

Japan vs France の模様もありますので、アルガルベカップ9位のチーム力に興味のある方はどうぞ。
このときのなでしこジャパンは澤不在ですが、フランスチームは飛車角落ちです。

 

 

さてスイスとは初対戦ですが、おそらく情報的には足りているはずです。あとはどう作戦を立てて、どうパフォーマンスするか、一次リーグ最大の決戦は6月9日です。

FIFA女子W杯 2015 1次リーグ・グループC「日本×スイス」
6月9日(火) 午前11:00〜(午後1:00)
解説:宮澤ミシェル  アナウンサー:酒井博司 

 

なぜここまで「最大の決戦」などという大げさな表現をするかと申しますと、一次リーグを1位で抜けるか2位で抜けるか、この結果は以降の決勝トーナメントに天と地ほどの影響を与えてくるのです。

1位で抜けると、順当にいけば、アメリカ・フランス・ドイツは別の山に入って、トーナメント初戦はグループA/B/Fのうちの3位チームとの対戦になります。2位で抜けると初戦はカナダか中国か、準々決勝でアメリカ、準決勝でフランスかドイツ、決勝でブラジル・カナダ・イングランド辺りでしょうか。

チーム状態を名前だけで判断するのは早計です、皮算用をしてもそのとおりにはなりません。今は初戦のスイス戦に勝ってくれることを祈るだけであります。