道楽者の詩

写真とカメラ、山登り、ギターをはじめ、日々の私情をつらつらと

FIFA女子 ワールドカップ カナダ2015 なでしこの予想 #2

大会に出場した全チームは一次リーグでの初戦を終えました。なでしこジャパンも辛勝とはいえ、強敵スイスから勝ち点3を獲得することが出来てとても良かったと思います。

 

現在の状況確認は、すっきりしていてこちらが分りやすいです。

NHK FIFA女子ワールドカップ2015|日程・結果

 

決勝トーナメントの組み合わせは下記のようになっています。

f:id:Bluesboy:20150611101217p:plain

 

そして今後の予想です。予想というよりは無責任な与太話ですので、心してお付き合い下さい。現在の状況では、なでしこジャパンは一次リーグを1位通過する確率が高くなっています。

 

 

このまま1位通過できるとすれば、

初戦はベスト8を掛けての戦いです。

1位通過できれば、トーナメントの初戦はグループA/B/F の3位チームとの対戦です。

  • グループA=カナダ・オランダ・中国・ニュージーランド
  • グループB=ドイツ・ノルウェー・タイ・コートジボワール
  • グループF=フランス・コロンビア・メキシコ・イングランド

カナダ、ドイツ、フランスはさすがに3位通過はないでしょう。イングランドも初戦はフランスに負けましたが2位通過するでしょう、3位通過は無いと思います(イングランドには前回のドイツ大会で負けていますので、出来れば早く当たりたくはないです)。ということで、可能性はオランダ、中国、ニュージーランド、タイ、コートジボワール、コロンビア、メキシコ、あたりとなります。オランダか中国の可能性が高そうですが、個人的にはできれば避けたいチームです。まあいずれにしてもここは勝ち進めるとしましょう。ベスト8に残るということになります。

 

次は準々決勝、ベスト4を掛けての戦いです。

ベスト4を掛けての戦いは、グループEの1位とグループDの2位の勝者との対戦です。

  • グループE=ブラジル、スペイン、コスタリカ、韓国
  • グループD=アメリカ、スウェーデン、ナイジェリア、オーストラリア

グループEの1位はおそらくブラジルでしょう、初戦は韓国相手に相手のミスにつけこんで勝ちました。流れの中からの得点ではなかったという点ではなしこと同じようなものですが、元々個人技を中心にしたチームですから、ブラジルらしい試合が出来たということなのかもしれません。

問題はグループDの2位です。アメリカが来るかスウェーデンが来るか。アメリカとオーストラリアの試合を、早回しでざ~っと観戦しました。オーストラリアのサッカーに比べてアメリカのサッカーは、策は「行って打ってこい」のひと言のような試合運び。あれでも勝てるのですから強いっちゃ強いのでしょが、もう別の競技のような気さえしてきます。ひところの強さはないとはいわれていますが、なでしこに比べれば世代交代も進んでしますし、守備が安定していますので間違いなく強いです。

スウェーデンは世界ランキング5位、前回大会でアメリカを率いたスンドハーゲが今大会は母国の監督として戻ってきています。なでしこは前回大会でも勝っていますし、最近の相性は決して悪くないようなのです。しかし、監督は決勝で、選手たちは準決勝でなでしこにやられたチームです。なでしこを研究し尽くし、仇を討つような気合で臨んで来ることでしょう。誰が考えても、スウェーデンからしてみれば一発チュンと言わせておきたい所です。実力がある上に気合も込められるのですから、これも嫌な相手です。

このグループDは1位通過をすれば準決勝で決勝進出を掛けてドイツかフランスと戦わなくてはなりません。ですから、あえて2位通過をして、ブラジル、日本との戦いを選ぶのではないかともいわれていますが、アメリカはサポーターが許さないと思います。試合を見る限り、準ホームチームという印象が強い上に、彼らのプライドが許さないのではないでしょうか。ということで、グループDの2位はスウェーデンと予想し、ブラジルとスウェーデンの勝者はスウェーデンと予想し、なでしこはベスト4を掛けてスウェーデンと戦うことになるものと予想します。

そしてここもまあ何とか勝ち進めるものとしましょう。

 

次は準決勝、決勝進出を掛けた戦いです。

準々決勝を越えられると次は準決勝です。お相手はおそらくカナダかイングランドではないかと予想します。どちらも嫌な相手です。昨年の親善試合で二連勝したとはいえホームチームは怖いです。イングランドも前回大会で0-2で唯一負けている相手です。

しかし、ドイツ・アメリカ・フランスに比べたら、どうにもならない相手でもないような気がしますので、ここも何とか勝ち進めるものとしましょう。

 

さあ、決勝戦です。

ということで決勝までこぎつけました。お相手は、ドイツ・アメリカ・フランスのどれかだと思います。検討をするまでもなく、深く考察して勝機を見出そうと努力しても、どこが相手であっても勝てそうな気がしません。残念ながら、なでしこの予想は準優勝か、ということになりますがちょっとまってください。少し整理してみましょう。

 

決勝トーナメント初戦が「オランダか中国」、準々決勝が「ブラジルかスウェーデン」、準決勝が「カナダかイングランド」、さあ勝ち進めるでしょうか。

 

個人的には強い気持ちを持って、勇気を持って、勝ち進めるものと予想します。ちょっと贔屓目の感はありますので予想というよりは期待としたほうがよさそうですが、どうにもならない相手ではないと思います。

安藤を欠き、岩淵も本調子ではないということで、かなり不安要素はありますが、ここまでは「勝機はある」と予想します。しかしドイツ・フランス・アメリカにはノーチャンスとまではいわないまでも、明らかに可能性は低いです。

なでしこにもバッハマンかモーガンのような大砲がいて欲しいです。ファールを犯してでも止めなきゃならないFWをあえて探せといわれたら、タイプは違いますが岩淵くらいしか思いつきません。

 

一次リーグ2位通過だと、

初戦はグループAの2位チームです。おそらくオランダか中国。ここは勝ち進めたとしても準々決勝はグループDの1位、おそらくアメリカ。運よく勝ち進めたとしても準決勝はドイツかフランス。

前回大会でドイツとアメリカには勝ったとは言うものの、今回ばかりはいくらなんでもドイツもアメリカも許してくれないでしょう。今大会もなでしこに負けたとなると、ドイツの選手は帰国できなくなるかもしれません。

フランスにはロンドンオリンピック準決勝で勝ちましたが、福元の神セーブがあったからでしてかなりきわどい試合でした。試合後、元チームメイトのアビリーを慰める宮間が映し出されていましたが、もう許してもらえないどころか、宮間を慰めるセリフを用意しているかもしれません。

 

ですので、2位通過の場合はベスト8が関の山ということになります。

そもそも2位通過などという予想はなしにしましょう。個人技の高いカメルーンはちょっと苦手なタイプかもしれませんが、ストライカーはどの国にもいるわけですから、そんなことは言っていられません。きっちりカメルーンとエクアドルに勝って1位通過をお願いしたいものです。どなたかか、カメルーンもびっくりするようなヘアスタイルでピッチに現れてくれませんかね、大野さんあたりいかがでしょうか?

 

ということで、一次リーグは1位通過してくれるものとして、個人的な期待は準優勝。

でも勝負事ですから何が起きるか分りません、メダルを持って帰ってくれた十分、ベスト8なら労をねぎらって拍手でお出迎え、一次リーグ敗退ならキャプテンに直訴、というくらいの心の準備をしておきましょう。

 

 

スポンサーリンク