読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道楽者の詩

写真とカメラ、山登り、ギターをはじめ、日々の私情をつらつらと

決勝トーナメント初戦 オランダ戦を予想

FIFA女子ワールドカップ カナダ 2015 なでしこ話
f:id:Bluesboy:20150621152415p:plain

 

オランダという国はチューリップと格闘技、それとロッベンくらいしか思いつかないような無知な私ですので、この際「Netherlands」と「オランダ(holland)」の違いを調べてみました。思いっきり簡単に言うと、「Netherlandsは英語」、「hollandはオランダ語」だということです。わが国に例えれば、「NetherlandsはJapan」、「hollandはNippon」という感じです。これはこれで十分納得できました。

でもそんなことはあまり役にはたたないので、オランダチームのことをもっと知りたいです。

 

まずはグループステージのハイライトをYoutubeから、

ほぼ互角の戦いだった ニュージーランド戦

最後に失点しましたが、雨アラレと打たれた27本のシュートに耐えた中国戦

最後まで諦めず、終了今際に追いついたカナダ戦

 

 

いろいろな情報を総合すると、

  • とにかく身長が高い、中盤の6番は182cmもある
  • 比較的オーソドックスで組織的なパスサッカーをする
  • スイスチームに似ている印象を持った
  • トップ3の三人(11,9,7)はかなり強力
  • サイド攻撃、特にアーリークロスには要注意
  • キック力に任せたミドルシュートにも注意

 

強力とされるフォワードのセンターは9番のミーデマ、ドイツのバイエルンミュンヘンでエースナンバーの10番を背負う18歳。彼女は「フィジカル勝負のほうがやりやすい。日本のような小柄なテクニシャンたちとの対戦は難しい。」とコメントしています。

その小柄なやりにくい相手の代表は、バイエルンのチームメイトでもある岩渕。

www.youtube.com

 

ちょっと古いですが、今回惜しくもメンバーに選ばれなかった横山。

U17時代の驚異の五人抜き (Youtube)

 

バイエルンでの岩渕(13)とミーデマ(10)

www.youtube.com

 

そしてヨーロッパの女子サッカー事情を知る岩渕や宇津木は、このようにコメントしています。

www.sponichi.co.jp

 

www.soccer-king.jp

 

 

このようなオランダを迎え撃つ布陣(予想・期待)は、

FW:大野・大儀見

MF:宮間・澤・坂口・川澄

DF:宇津木・熊谷・岩清水・有吉

GK:福元

交代:大野 ⇒ 岩渕、? ⇒ 鮫島

 

FWの一人は献身的に動き回る安藤のような選手がいいのでしょうけど、それに変わる選手というと大野くらいしか思いつきません。ばててきたら、岩渕にスイッチ。

 

今大会、川澄の扱いがよく分りません。カメルーンに足を踏まれて青あざが出来たといってましたが、具合がよくないのでしょうか。右サイドに永里というわけには行かないようなので、川澄には頑張ってもらいたいですね。ないとは思いますが、近賀をSBで、有吉をSHなんて。

 

DFはいつもどおりでしょうけど、問題はGKですよ。高さがある相手ではありますが、ゴール前で競るシーンはあまり見られないようなので、ミドルシュートやロングボールや腰から下の低いボールに対する守備に安定感のある福元を起用してもらいたいです。たでも、たぶん佐々木は山根を使ってくるような気がします。

 

最終的な試合の結果予想は Japan:2-0:Netherlands ということでいかがでしょうか。

とにかく決戦まで後数日、よい調整をお願いしたいものです。

 

最後になでしこ公式からの定型的な情報を、

6月20日 なでしこジャパン、オランダ戦へ向けて練習再開 | JFA