道楽者の詩

写真とカメラ、山登り、ギターをはじめ、日々の私情をつらつらと

準々決勝 オーストラリア戦を予想

なでしこジャパンはオランダに勝利して無事ベスト8に勝ち進みました。2004年アテネ五輪でベスト8に入った時は「快挙」と称えられたチームが10年の歳月を経て、ベスト8が最低ラインといわれてしまうようなチームになりました。男子チームもがんばってもらわにゃならんです。

 

さてベスト4を賭けた次のお相手は、昨年アジアカップで決勝を戦ったオーストラリアです。

f:id:Bluesboy:20150624154506p:plain

なでしこジャパン AFC女子アジアカップ初優勝、大会MVPは宮間あや選手 | JFA|公益財団法人日本サッカー協会

 

このチームには、昨年なでしこリーグ一部のチームに所属していたことがある選手が3人います。

  •   4番 DF クレア・ポーキングホーン (元INAC神戸)

  •   8番 MF エリース・ケロンドナイト (元伊賀FCくの一)

  •   13番 MF タミカ・バット (元伊賀FCくの一)

 

さらに11番 FW リサ・デバンナ は宮間さんのお友だちで、昨年デバンナが所属するメルボルンが来日して美作に来たとき、宮間が湯郷の町を連れて歩いて案内したという間柄です。選手もチームも手の内をよく知っていていまさら佐々木三味線は通じません。

 

このオーストラリアチームの特徴は、比較的パスまわしでビルドアップしてくる割には、FWの3トップは強力でスピードがあります。左から、カー、高さのあるヘイマン、スピードのあるデバンナ、とタレントが揃っています。なでしこと欧米スタイルのよいところを併せ持っているという印象を受けるチームです。

 

昨年のアジアカップを見る限り、決して勝てない相手では無いと思いますが、一瞬の不注意が失点に繋がるような危険があるチームであることには変わりありません。ですので最後まで集中を切らさずに戦って欲しいと思います。ちなみに世界ランキングは現在10位、キャプテン宮間は「気持ちの強いほうが勝つ」と言っています。力はほぼ互角ということなのでしょう。

 

そして試合間隔と試合会場ですが、オーストラリア戦はエドモントンで行われます。カナダは広いので感覚的に分りにくいのですが、日本はバンクーバーから約1時間のフライト、オーストラリアはカナダ最東端のモンクトンから約6~7時間のフライトと聞きます(日本からハワイに行く感じかな)。日数は、日本は中3日、オーストラリアは中5日ということですが、移動距離が違うので単純には比較できないでしょう。

f:id:Bluesboy:20150624160024p:plain

 

試合は日本時間6月28日(日)の朝5時から。その日は24時からの勤務なので、朝まで起きていてライブで観戦します。

 

予想は 【 日本 : 2-0 : オーストラリア 】 日本の勝利を期待しています!!

 

スポンサーリンク