道楽者の詩

写真とカメラ、山登り、ギターをはじめ、日々の私情をつらつらと

ベスト8の激突 日本対オーストラリア、カナダ対イングランド

FIFA女子ワールドカップ カナダ 2015 の準々決勝、なでしこジャパンはオーストラリアを1-0で下して、ドイツ、アメリカとともにベスト4に名を連ねました。後半42分、コーナーキックからの混戦を制して途中出場の岩渕がゴールを決めました。よかった!!

 

f:id:Bluesboy:20150628160247p:plain

日本時間の朝5時にキックオフということで、私は5時まで起きてテレビ観戦に臨みました。美作でパブリックビューをやっているのでいつも行こうかと思うのですが、テレビ局などのメディアがいやなので参加できていません。長年にわたり、あちらこちらで不義理をしてきていますので、人前に顔をさらすのは心情的に厳しくて、世を忍んで生活をしております。

ということで、2人きりの在宅応援団員のヨメとともにテレビで観戦です。まだ高いびきで寝ていたヨメのケツに一発蹴りを入れてたたき起こし、わが応援団もキックオフです。

 

日本 対 オーストラリア

 

6月28日 なでしこジャパン、オーストラリアに快勝で4強進出 | JFA

 

f:id:Bluesboy:20150628160310p:plain

HIGHLIGHTS: Australia v. Japan - FIFA Women's World Cup 2015 - YouTube

 

さて岩渕が決勝点を決めたこの試合の感想ですが、なでしこジャパンを応援する者にとっては大変すばらしい試合だったといえます。死の組といわれたグループステージを2位で通過して、トーナメント初戦でブラジルを撃破して勢いに乗っているオーストラリア、最初から攻め込んでくると思われていましたが、35度を越える気温(灼熱との表現も)に気を使ってかスタミナを気にしてか、あまり圧力をかけてきません。それどころか、左の俊足カーと、右の俊足のデバンナは、適当に走らされていました。川澄と鬼ごっこをさせられたカーは後半途中には膝に手をついて肩で息をし始めるし、鮫島と鬼ごっこをさせられたデバンナは途中交代の憂き目に。もうこれで攻撃力は半減です。

 

日本のボールポゼッション率は60%を越えていました。オーストラリア守備陣は振り回されていたという状態です。グループステージでは後半になって押し込まれる場面が多かったなでしこですが、今回は後半になっても密な連携を保ったまま勢いは衰えず、華麗なパスサッカーで相手を翻弄させて体力を奪い、ボールを奪われたらすぐに数人でプレスをかけて相手の反撃の機会は最小限に抑え(特に宇津木の活躍は見ごたえがあった)、多少のミスはあっても最後まで集中を切らすことなく、誰一人サボりもせず、見事な試合展開を最後まで続けることができました。120分も見据えてペース配分も調整し、まさにお手本といえるゲームだったと思います。

 

f:id:Bluesboy:20150628160334p:plain

 

ゴールシーンは後半42分、もう8回目となるコーナキックからでした。ゴール前の混戦のドタバタ劇からこぼれたボールを岩渕が蹴りこみました。ゴールそのものには感激しましたが、ゴールを決めた岩渕を祝福するシーン、澤が目がしらをおさえるシーンは、ゴールシーンに優るとも劣らない感動的なシーンでした。本当にいいチームだと思いました。

 

内容的には圧倒していて多くのチャンスがありましたので時間の問題だろうとは思っていましたが、なかなかゴールを奪えなくて、私たちはじりじりとした時間を過ごしていました。反面、選手のほうは攻め急いでいないというか、気持ち的には余裕があったようにも見て取れました。カウンターでの逆襲や、ゴール前での空中戦に対するケアをしながら、がむしゃらに攻め立てるというのではなく、緩急をつけて決して焦らず最後は勝つ、というそんなゲーム運びでした。横綱が上手を取って腰を落としてじっくりと土俵際に寄って行く、そんな感じの試合運びは、おそらくオーストラリア側からすると完敗というイメージだったでしょう。

 

試合が終われば敵も味方も皆仲間です(宮間を祝福するデバンナ)。

www.sanspo.com

 

なでしこ、強いじゃないか、これだけマークされてベスト4ですよ。前回優勝はフロックじゃない!

 

あと二試合、次の試合に向けてまたよい準備をしてもらいたいと思います。スタメンはまた今回と同じでしょう、ここまで来たら最後までこのメンバーで突き通すのではないでしょうか。

 

 

カナダ 対 イングランド

 

f:id:Bluesboy:20150628165456p:plain

HIGHLIGHTS: England v. Canada - FIFA Women's World Cup 2015 - YouTube

 

試合の結果はイングランドが勝ちきりました。早々に二点を先取して、反撃をシンクレアの一点だけに抑えての勝利です。なでしこのちまちましたサッカーと比べると、長いパス一本で決めきるような、個人技に頼った大味なパワーサッカーでした。

イングランドのポゼッション率は42%、シュート数も8-14とかなり攻め込まれていました。カナダには惜しいチャンスがいくつかありました、序盤にタンクレディが決定的なチャンスをはずしたのが焦りにつながったような気がします、あれが決まっていれば試合展開は大きく変わっていたと思われます。全体的にはイングランドにしてみれば比較的楽な試合ではなかったのでしょうか。

 

 

 

準決勝は 日本 対 イングランド

 

 もうここまできたら気持ちの問題、なでしこジャパンにとってはカナダでもイングランドでも似たようなものです。決勝のステージに向けてもうひとふんばりです。この笑顔はカナダ戦で最後にしてもらいましょう。

f:id:Bluesboy:20150628170449p:plain

 

 

スポンサーリンク