道楽者の詩

写真とカメラ、山登り、ギターをはじめ、日々の私情をつらつらと

天国から舞い降りたマナ|岩渕真奈

FIFA 女子ワールドカップ カナダ 2015 準々決勝のオーストラリア戦で決勝点を挙げた岩渕真奈の名前が、ネットやテレビで盛んに報道されています。野球育ちの自分にとっては奇異にも映る騒ぎようです。

野球なら、ノーヒットノーランを達成しても、サヨナラ満塁ホームランをかっ飛ばしても、ここまでの騒ぎにはならないでしょう。サッカーという競技の不思議な魔力には恐れ入ります。

 

f:id:Bluesboy:20150701014050p:plain2010.2.11 EAFC 中野(当時湯郷ベル)からのクロスにジャンピングボレーで飛び込む岩渕

 

この岩渕真奈という選手、只者ではありません。今から7年前、FIFA U17 ワールドカップに15歳で出場してMVP(ゴールデンボール賞)を受賞しているのです。

2008 FIFA U-17女子ワールドカップ - Wikipedia

岩渕真奈 Mana Iwabuchi MVP(Golden Ball) U17Women's World Cup 2008 - YouTube

Adidas Golden Ball No10 from Japan Mana Iwabuchi - YouTube

 

 

優勝チームではないどころか、ベスト8止まりのチームからMVPが選出されたのは非常に異例なことで、FIFA公式サイトでは、"Japan's Mana from Heaven”との 見出しで紹介されました。

www.fifa.com

 

日本語に訳すと、「天国から舞い降りた日本の “マナ”」ということになりますが、ある解説では、「mana」は「manna」からとった一種の駄洒落だとも言われています。「manna」は旧約聖書で「神様から授かった奇跡の食物」とされており、そのことから「mana」は天からの賜り物だという風に表現されたということです。

駄洒落かどうかは別として、そのくらい絶賛された選手ですので、今回のごっつぁんゴール一つくらいで騒いでもらっては困ります。澤のあと10番を継ぐのは宮間か岩渕か、80%の確率で岩渕ではないかと思っている選手なのです。

 

そして今回のワールドカップ準決勝はイングランド、U17決勝トーナメント初戦でPK戦の末に敗れたイングランドがお相手です。マナドーナの活躍を期待せずにはいられません。

岩渕真奈 vs イングランド 前半 Iwabuchi vs England 1st U17 Women's WC - YouTube

岩渕真奈 vs イングランド 後半 Iwabuchi vs England 2nd U17 Women's WC - YouTube

岩渕真奈 vs イングランド 延長戦 Iwabuchi vs England extra U17 Women's WC - YouTube

 

 

 

f:id:Bluesboy:20150701014122p:plain2010.2.11 EAFC 中野(当時湯郷ベル)からのクロスでゴールを決めた岩渕

 

 

日本女子サッカー界の宝 岩渕真奈 - YouTube

世界が認めたサッカー姫 岩渕真奈 - YouTube

 

 

その後、2011年ドイツワールドカップにも選出され、ニュージーランド戦では決勝点のPKを得る。

さらに2012年ロンドンオリンピックにも参加する。決勝戦では、同点になるかと思われたGKソロとの1対1の勝負に負け、シュートをはじかれてしまいました。

そしてドイツへ渡り、ホッヘンハイムから現在はバイエルンミュンヘンで活躍するトップ選手に成長した、現在22才のサッカー選手です。

2015.05.10 岩渕真奈選手のシュート(FC Bayern München vs SGS Essen) - YouTube

2015.05.10 FC Bayern München vs SGS Essen ハイライト - YouTube

 

 

ameblo.jp