読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道楽者の詩

写真とカメラ、山登り、ギターをはじめ、日々の私情をつらつらと

またやっちゃった、張本氏のお粗末な失言

以前、「サッカーのJ2は、野球で言えば2軍」と発言した某番組でコメンテーターを務める張本勲。「J2も二軍も、トップじゃないよ」という意味だろうと、広い心で受け止められなくもないが、同時にちょっと酷い発言だとも言える。J2から日本代表に選出される可能性はあるが、プロ野球の二軍から日本代表に選出されることはないでしょうからね。番組プロデューサーも人選を考え直されたらどうですか。

このおっさんがどういう人かは、野球小僧だった私はよく知っている。東映フライヤーズから読売巨人軍に移籍してきた背番号10、安打製造機と呼ばれたレベルスイングは、いくらヒットを打ちたいといっても決して真似をしたいフォームではなかった。野球選手に求められるのは一般的に走攻守とされる。打つのは人並み以上であったが、レフトの守備はちょっとお粗末、走にいたってはレフトゴロさえ記録したはずだ。野村克也に言わせると、打つこと以外に興味のないおっさんということです。

全てが揃った尊敬すべき王貞治とか大鵬とはちょっと次元の違うおっさんという認識だ。ひと言で言えば、現役を退いた今では、ごく普通の頑固なおっさんだ。

 

f:id:Bluesboy:20150720034708p:plain

 

そのおっさんがまたもや失言をしたらしい、こらっ、おっさん、もうコメンテーターはお辞めになってはいかがですか。

張本勲 なでしこ批判!!もはや放送事故レベル!! - YouTube

 

headlines.yahoo.co.jp

 

なでしこジャパンに対して、「よくやった」としながらも、「スポーツでは2番は意味がないんですよ」と発言した。

これはある程度の理解は示します。決勝戦、戦い終わったあと、勝ったチームと負けたチームの状況を見れば、誰に言われるまでもなく、選手がそのことを一番よく分っているということを知ることが出来るだろう。選手は「優勝=No1」を目指しているわけだから2番では意味がない、この一点だけに着目すれば確かにおっしゃるとおりである。

しかし当事者ではなく観戦させてもらっているだけの我々にとっても2番と3番は同じか、ファイナルに進んだのと予選落ちも同じか、明らに違うこれらのことを全て切り捨てるような発言は理解に苦しむ。体格が違う、スピードが違う、そのような海外のチームと対等に戦う、いやそのようなチームに勝つために必死で食い下がっている姿がどのくらい尊いことか、観戦している人たちの心にどのくらい響くことか、分らないことはないだろう。勇気づけられた人や感銘を受けた人が一人でもいるのならば、その戦いには間違いなく意味がある。

 

またプロの興業であるならば、勝つことだけが目的であり、勝つことだけに意味があるとしても、大筋間違ってはいないだろう。

しかしオリンピックやワールドカップはプロの興業ではない。自分達が勝つことだけを目的にやっているのではない。多くの選手が、「自分のためだったらとっくに辞めている、誰かのためでないと頑張れない」と発言している。選手は、国の名誉のため、後に続くものたちのため、国民の代表として粉骨砕身戦ってくれているのです。なでしこジャパンも我々日本人の代表なのです。だから、国歌斉唱をし国旗を掲げるのです。そして我々観戦者は、代表選手のプレーを我がことのように一喜一憂するのです。このようなナショナリズムとプロセスにはかけがいのない意味がある。

 

同じワールドカップでも男子のプロ集団の日本代表チームとはちがい、女子はプロでもない選手も混じった日本代表チームだ。その彼女らが自分達の先輩と後輩に想いをはせ、そして仲間を信じて、日本国民の名誉のために戦い、足掛け5年間、世界大会で「優勝 - 準優勝 - 準優勝」と世界トップレベルをキープしてきた苦悩と結果をさげすむような発言はどうあっても許せない。

 

裏を返せばなでしこを一流と認めたからゆえの発言と受け取れなくもない、と一歩譲ったとしても、このタイミングでの発言はあまりにもお粗末だといわざるを得ない。スポーツを評論する力量はないと申し上げる。

 

 

佐々木則夫監督に、カズをはずした岡田監督を引き合いに出して「もっと若手を起用してもらいたい」と注文をつけた。

岡田監督がカズをはずしたのは、「自分の必要なピースを集めていった結果です」とのインタビューを聞いた記憶がある。若い選手を起用することが目的ではなかった。今回の佐々木監督も全く同じでしょう。今回のメンバーは監督が必要とした選手を連れて行っただけで、意図して若い選手を敬遠したわけではないでしょう。よりチームの戦力となる若い選手がいなかったのですから仕方のないことでしょう。もし澤のことを遠回しに言っているのであれば、張本氏の発言は全く滑稽としかいえません。

 

野球は、局面局面では基本的に一対一の勝負、それも比較的時間に余裕のある勝負だ。だから、「瞬時の判断」「瞬時の連携」というようなものはないとはいわないが、サッカーとは重要さがまったく違う。そんな特性のある競技に若いだけで勢いのある選手を入れることは、特に短期決戦のトーナメントであればなおさら無謀としか言えません。「実績ではなく現在のプレーの質で選手を選ぶべき」というのなら、実際誰をメンバーに加えたらよかったのか具体的にいってみてもらいたいものです、判っていないとしか言えませんよ。

 

このおっさん、以前カズに「はやくお辞めなさい」とまで発言していた。相撲を国技とする日本国民であれば全く分らないわけでもない。確かに横綱は、いくら負けても降格することはないので自ら退くことを潔しとする。

しかしカズは違う、地位を保証された横綱ではない、満足なプレーが出来なければ指揮官によって戦力外とされるわけで、おかれた状況が全く違う。生涯一捕手を貫いた野村克也はどうなんだ。こちらもカズと同じく、一定のパフォーマンスを出し続けなければ、いやおうなくお払い箱にされる厳しい立場を選択した。大関から陥落して十両力士になってしまった大受や雅山、彼らも厳しい選択をせざるを得なかった。

キングとまで呼ばれ、なおかつ現役を守ろうとしている選手(カズ)に、さも分ったように「お辞めなさい」はいくらなんでも失礼ではありませんか。プロスポーツの先輩ならば、後輩のためにもこれ以上できないという限界まで頑張り続けろと、エールの一つも贈ってあげて欲しかった。

 

 

挙句の果てに「5点はコールドゲームと一緒ですよと」と発言した。

サッカーにコールドゲームの規定はない、地方大会では天文学的な大差がつくことがあるが、最後の笛が鳴るまで試合は続く。恥をさらしても、最後まで闘い続けなくてはならない。それはそれとして、広い心で例えばなしと受け止めよう。

高校野球では、地方予選にはコールド試合もあるが、甲子園の全国大会ではいかに点差が離れようともコールドゲームはない。それは地方大会を勝ちぬいて優勝をし、郷土の期待を背負った代表チームへの敬意の証だ。いかに点差が離れようと、全国大会の出場権を勝ち取ったチームには郷土の期待があるがゆえ、またそのチームの潜在能力と最後まで諦めず戦うことを信じるからこそ、コールドゲームとはせず、最後(9回)まで戦うこと、チャレンジすることを認めている。

1982年、春の選抜の決勝戦では15対2でPL学園が、夏の甲子園大会の決勝戦では池田高校が12対2の大差で勝利して優勝している。このとき準優勝した選手諸君に、張本さん、あなたは「コールドゲームと一緒だ(9回まで戦う資格がない、さっさと切り上げて試合はお辞めなさい)」とさげすむのか。頭がおかしいのではないか?

 

アメリカ対日本の決勝戦、4点を先取してもアメリカはなおかつ攻撃の手を緩めなかったではないか。それは、4点奪っても、4点差がついても、なでしこジャパンの底力を、最後まであきらめない姿勢をよく知っているからだ。なでしこジャパンへの畏怖とも、なでしこジャパンへの敬意、スポーツマンとしての礼儀と解釈することもできる。実際4点差から2点差まで追いあげてなおかつ時間は十分にあった。次の一点が日本にはいっていれば、息をもつかせぬ接戦になっていた。

決勝戦は確かに劣勢ではあった。しかし我が日本代表チームは決して諦めず、あらん限りの力をふり絞り、あと一点奪えば息をもつけぬ手に汗握る展開になろうかという状況にまで持ち込んだ。にもかかわらず、6戦全勝で決勝戦まで勝ち上がってきたなでしこジャパンに対して、どんな結果になっても最後まで闘うことを止めないと言い残してカナダに旅立ったなでしこジャパンに対して、それ以上戦う意味は無いという趣旨の「コールドゲームと同じ」という発言するとはどういうことか。

 

 

これ以上野球とサッカーとを混同した発言や心ない発言を繰り返せば、サッカーファンの怒りを買うだけでなく、元野球小僧としても恥ずかしい上に肩身が狭い。張本勲といえば、岡山県出身の大杉勝男とともに東映フライヤーズの一時代を担ってきたことを、野球小僧にとっては英雄的時代があったことを知っている。だからこそ、もうそろそろこのあたりでコメンテーターはお辞めなさいと心をこめて申し上げたい。