読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道楽者の詩

写真とカメラ、山登り、ギターをはじめ、日々の私情をつらつらと

トレッキングポールはファッションじゃない

f:id:Bluesboy:20160220182458j:plain

 

山歩きをしていると多くの人がトレッキングポールといわれるスキーのストックのようなポールを手にしています。手に持っていなくても、ザックに縛り付けている人もいるので、かなり多くの人が携行されています。

 

私は以前は少し抵抗があったし、ダブルよりシングルでT型の方がいいのではないかと思っていたこともありました。しかし今では多くの皆様と同じく、ほぼダブルストックを携行していますし(場所にも寄りますが、一般の道ではダブルのほうがバランスが取りやすいです)、よほどの岩登りでない限り利用しています。沢歩きや渡渉のときは水深を測るのに使ったり、藪の中では枝を払ったりヘビがいないかどうか確認したり、その利用用途は広いです。

 

そこでかねてより不思議に思っていることがあります。ほとんど人がバスケットと呼ばれる「傘」をポールの先端にくっつけているのです。私はあれが邪魔で邪魔でうっとうしいので装着して山歩きをしたことがありません。雪用のバスケットは使うかと思いましたが、先般雪のフィールドに行った時は積雪が15cmくらいしかなかったので、結局バスケットは使わずじまいでした。

 

何が一番不便かというと、ストックの先端と地面との接点が見えないことです。舗装された道を歩くなら全く問題はないのですが、足場の悪いところを歩いていると、足元を見て歩く頻度はかなり高いです。

あのバスケットは、柔らかい地面に埋まらないように装着されていると聞きますが、そんなにないんじゃないかあ先端が埋まってしまうようなこと。そう思うと、あまり何も考えていないか、ファッションで持っているのではないとさえ、思えてきます。

 

私としては「バスケットを使わないことが目的」ではないので、よい使い方があれば使うつもりがあります。もう少し勉強してみたいと思います。

 

 

ところでこのストックは思った以上にお値段が高いです。というか登山用品は軒並み高価なものが多いです。仕方ないかなと思うこともあるのですが、退職金を手に入れた団塊の人向けの値段設定ではないのかと感じてしまうことはしばしばです。

今回話題にしているトレッキングポールも一本1万円というのが珍しくなく、リーゾナブルでお値段で有名なモンベルでも二本だと1万円前後です。ジョイントが緩みやすかったり、折れたりすると怪我にもつながる用具ですので、極端な安物はどうかと思いますがあまりお高いのもどうかと思います。いや正直な話、手が出ません。

f:id:Bluesboy:20160220185925j:plain

 

私は上のストックを二本で3000円で購入してもう2年近く使っていますが、すこぶる快調です。先端の部品は単体で購入することが出来ますので、必要に応じて交換して使っていますが、大きな問題はないです。試しに体重をかけてみるなど、強度の確認もしていますが、通常の使用で問題になるとは思えません。

 

そうしてみると、値段についてはちょっと考えてもらわないとね~、と思います。