道楽者の詩

写真とカメラ、山登り、ギターをはじめ、日々の私情をつらつらと

スーパーカンジキは、留めヒモが緩むとお嘆きの貴兄に

f:id:Bluesboy:20160317230548j:plain

 

自衛隊御用達といわれるスーパーカンジキですが、こいつは雪上歩行能力はそこそこながらも、使用した人の多くが口をそろえて留めヒモが緩むとおっしゃいます。私もそう思います。

 

原因はロックする部分の訓族の爪の先がとがっていないので、ヒモを傷付けはしないのですが、食い込まないので結果としては緩みやすいということです。

 

そこで対応は二つ、

1.留具の金属を磨いて尖らせる。

2.互換性のある留具に交換する。

 

私はこの2番で対応しました。交換するのはモンベルが出しているスノースパイク6の交換用の「スノースパイク用 テープバンド」です。2本セットで1400円ですが、アウトレット品として1本300円でも売られていました。同じものかどうか分りませんが思い切って二本買いました。大丈夫でした。600円です。

webshop.montbell.jp

 

 

最新の製品はオレンジの「テープバンドセット」です。こちらも使用可能です。二本で1500円。

webshop.montbell.jp

 

ところが実際に使おうと思うと、長さ80cmでは足りません。600円とはいえ無駄になるのはおもしろくないので、家の中からヒモを探してきて、ちょっと細工をして使えるようにしました。上の写真でいうと、緑色のヒモでバンドの足らない長さを補っているだけです。

長靴だったらこんな細工なしでも使えるのですが、トレッキングシューズだと80cmでは足らないので、少々努力が必要になります。でも純正品に比べて緩みが少ないので気分よく使えます。