読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道楽者の詩

写真とカメラ、山登り、ギターをはじめ、日々の私情をつらつらと

熊本地震にお見舞いと哀悼の意を

昨日熊本で最大震度7という大地震が発生しました。東北地震がまだ癒えぬ間にまたしても大災害が発生しました。テレビではこぞってこのニュースを報道していますが、報道機関に対しては思うところがあります。

 

現地取材があんまりじゃないの

怪我をして手当てを受けて横になって休んでいる人に対して突撃インタビューはあんまりでしょう。生々しさを演出したいのかもしれませんが、あれが私でしたら怒鳴りつけていたことでしょう。人の不幸をネタにするなと。

各社こぞって被災地に集結すると邪魔にしかなりませんので、報道機関の現地入りは制限されたらいかがでしょうかね。

 

今回の地震の原因に着目しすぎ

いまさら知ったところでどうにもならない、とまでは申しませんが、活断層が原因だったのならば、全国の活断層の状況をもっと知らせる報道されたらいかがでしょうか。ネットという便利なものがありますので、自分で調べる事も可能なのですが、その断層によって起きたとされる地震の履歴は知ることができません。

 

今回の原因となった活断層に対しては、平成25年にこのように報告されています。

布田川断層帯・日奈久断層帯の評価

 

特に地方報道機関は、それぞれの地元の活断層の分布と過去の履歴、そして事があったときの対応等について、市町村に取材して報道してもらいたいと思うのですがいかがなものでしょう。

人の不幸を事さらに報道して、最も知りたい自分の居住地に関する情報を提供してくれないのはどうにも納得できておりません。

 

全国の活断層の分布(ページの趣旨とは異なりますが)

 

さらに詳細な情報(国土地理院 断層マップ)

 

 不安をあおるつもりはありませんが、何も知らずに地震が来てから「実はその地域は~」といわれましても困るでしょう。活断層の上に平気で原発を作っているくらいですから、一般に人は居住地の選定に関して「活断層」なんて考慮に入れていないでしょうし、普段はノーマークでしょう。私もそうです。

今一度確認されてみたらいかがでしょうか。事が起きてからでは遅すぎます。