読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道楽者の詩

写真とカメラ、山登り、ギターをはじめ、日々の私情をつらつらと

新生なでしこ 初戦 国際親善試合 アメリカ戦

なでしこ話

f:id:Bluesboy:20160604161128p:plain

 

新生なでしこの船出は、リオ・オリンピックを控えた優勝候補のアメリカとの親善マッチでした。アメリカはワンバックが引退しラピノやロイドも怪我で不在、なでしこも澤が引退し宮間が怪我で不在、ワールドカップ優勝経験者の多くが交代した両チームは全く新しいチームになったといえるでしょう。いろいろな意味で楽しみのある対戦でした。

それにしてもアメリカはすごい、観客数が18500人とはびっくりしますね。

 

結果は3-3の引き分けでしたが、高倉監督も言うように勝てた試合だったかもしれません。アメリカにかつということは、親善試合とはいえ意味は大きいですからね。

 

2点を先制し前半を2-1で終えたものの、後半立候補してキャプテンになった永里(大儀見)が二枚目のイエローを喫して退場、そこから2-3と逆転されるも、アディショナルタイムに横山が起死回生の一発を蹴りこんで同点。うれしくやしい、なんともいえない後味の試合でした。

 

例えば2011年ドイツワールドカップの決勝戦、同点に追いついた後の終了間際に喫した岩清水のレッドカードように、これは仕方ないと思えるファウルもありますが、今回の永里の2枚目のイエローはあまりにも軽率、どう考えても突っかける場面ではなかったです。指揮官からすればかなりムッとするファウルでしょう。クレバーな選手を選出したんじゃないのですか、高倉さん、ここは失敗でしたね。近い将来、長谷川にとって変わられるでしょう。

 

しかしゲームそのものはよかったですね、まずはスタメン、4-3-3とも、4-2-3-1とも言われるフォーメーションでした。メンバーは、

FW:16岩渕

FMF:9大儀見、8千葉、7中島

DMF:6宇津木、10阪口

DF:19佐々木、4熊谷、3村松、2有吉

GK:12山下

 

これを見た時、宮間がいたらトップ下で使われただろうなと思いまして、千葉がどうこう言うのではなく、単純に宮間不在については残念に思いました。替わりに入った千葉はどちらかというと守備に奔走していたようですね。

全体的にチームとしては比較的連動して上手く機能していたのではないかと思います。何より3得点は全て流れから、それぞれ見事なゴールでした。

 

一点目:14分 岩渕真奈 ビューティフル!

 

二点目:22分 大儀見優季 ナイス!

 

三点目:94分 横山久美 グッジョブ!

 

たいして失点はちょっと残念、防げていたんじゃないかと思うような失点もありましたが、相手はモーガン、こいつは止められません。3得点奪えたことを喜びましょう。

 

それにしても監督が代わればここまで変わるかと実感できた初戦でした。さらには、カナダワールドカップ直後に監督交代して世代交代していれば、リオにはいけたんじゃないでしょうか。佐々木前監督の栄光の戦績が否定されることはないでしょうが、長すぎましたね。協会の判断ミスでしょう、難しいところですが。

ショートパスを繋ぐ華麗な作戦から変更したタテポン策に拘りすぎたというか、宮間ボランチや山根キーパーに拘りすぎたというか、メンバーを固定しすぎたというか、かなり悲惨なチーム状態になってしまっていました。

 

とにかく今後に期待できる初戦であったことに間違いはありません。新監督は、少々たるんでいた雰囲気をを引き締めて、適材適所でメッセージ性のある選手起用をし、今後は現U20のメンバーも合流してくることを考えれば、なでしこの未来は明るいと感じました。

 

 

第二戦は6/5(日) 26:00〜 フジテレビNEXTで放映されます。

CSスカパーで本来は有料放送ですが、この日は月に1日の無料放送日、契約してなくてもテレビ観戦できますので、是非ご覧頂きたいと思います。