道楽者の詩

写真とカメラ、山登り、ギターをはじめ、日々の私情をつらつらと

なでしこリーグ カップ戦開幕

f:id:Bluesboy:20160605003423p:plain

 

なでしこリーグ1部は、リーグ戦を中断してカップ戦が始まりました。オリンピックで各チームの主力が抜けることを想定して、その期間にはリーグ戦を中断して、降格・残留に影響しない別のタイトルのカップ戦が用意されていました。

 

オリンピックに参加できない今となっては各チームの好きなように運用すればいいのですが、緊張感の薄れるゲームになるかもしれません。ただ今新生なでしこがアメリカに短期の出張していますので、主力が不在のまま開幕します。

  • 日テレベレーザ:阪口、中里、有吉、村松、山下
  • ベガルタ仙台:川村、佐々木
  • アイナック神戸:中島、増矢
  • ジェフ千葉:菅澤、山根
  • 浦和レッズ:池田
  • 伊賀くノ一:杉田
  • パルセイロ長野:横山

列挙したのは一部リーグのチームだけですが、アメリカ出張でこれだけのメンバーが不在のままカップ戦が開幕しました。A・Bグループそれぞれ5チームに分かれて、いざファイトです。

 

普段は岡山湯郷ベルの動向しか着目していませんが、今回は全四試合確認してみましょう。

 

Aグループ:日テレ 7-0 コノミヤ

主力を5人も欠いているベレーザが、欠員ゼロのコノミヤに大勝です。スタッツを見ると、シュート数は26-1、コーナーキック数は7-1、ゴールキック数は0-13、とんでもない試合です。シュート数26というのは、計算上3.5分に一本のシュートです。さらにコーナーキックまで加えると90/(26+7)=2分40秒に一本です。圧倒というレベルではありません、雨あられというか、なでしこ1部の試合としてはありえない状況です。タオルが投げ込まれてもいい状況ではなかったでしょうか。それにしてもベレーザの底力はすざましいです。

f:id:Bluesboy:20160605003600p:plain

事務局も更新を間違えてしまうほどの事態だったようです。

 

 

Aグループ:神戸 0-1 伊賀

野田さんやるねえ、シュート数は10-3と圧倒されているにもかかわらず粘り抜いた結果でしょうね。やるのは選手、監督なんか誰でも同じだと思っていたこともありましたが、違いますね。監督の存在は大きいです。

 

Bグループ:仙台 2-1 長野

シュート数12-5、仙台の逆転勝ちです。仙台の2点、どちらも元湯郷の中野のアシストというのが、なんとも皮肉というか心が痛いところです。帰ってきてくれよ、まなぴぃ。

 

Bグループ:新潟 2-0 湯郷

前半は失点を許さず、かなり頑張ったことが伺えます。しかし結果はシュート数15-2(後半11-1)、まあボロ負けですね。でもカップ戦の勝ち負けは二の次なので、ボロ負けでもいいです。地元新聞は「好成績を目指す」などと見出しを出していました、ウソとまでは申しませんが、本題は、監督も交代して手探りからのチームの建て直しでしょうに。もっと正直に書かんといけんよ。

 

さて湯郷ベルのカップ戦初戦は、なんと宮間あやさんがベンチにも入っていません。怪我の養生であることは明確なのですが、その程度がさっぱり分りません。多くのファンが痛々しい足のテーピングを気にしていますし、なでしこの召集にも怪我を理由に辞退されていますので日本中のファンが気にかけている事も明白です。しかしフロント(事務局)からは、何のアナウンスもありません。ひどいよね。

そもそもベルの方針かどうか知りませんが、どんな選手であろうと、怪我など、周囲が気にしているだろう事に対するアナウンスは全くありません。誠意が無いというか、ややこしいことは避けようというお役所精神丸出しのようにしか思えません。

例えば先日怪我をしてしまった新潟の大石に関しては下記のような公式アナウンスがされています。これなら関係各位もとりあえず納得するでしょうし、無用な憶測も飛び交いません。

ところがベルはこのようなことには全くアナウンスもしませんし尋ねても答えてくれません。ばかにするのもええかげんにせぇ、と思いませんか。反対の立場だったらどう感じますの?、一緒に応援してくれとか、会員になれとか、あつかましいと思わないの?、フロントの皆様。

宮間が怪我で不在って言うのは、ベルのファンだけでなく、日本中のなでしこリーグのファンが気にかけていることだということを、まじめに捉えていただきたいものです。

おそらくアメリカとの親善試合に宮間がいなかったことが気になったアメリカのファンもいたのではないのでしょうか。宮間福元という国民的で世界的な選手を抱えているクラブだという自覚を持って運営してもらいたいものです。

 

スポンサーリンク