読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道楽者の詩

写真とカメラ、山登り、ギターをはじめ、日々の私情をつらつらと

ハイキング的山登りで使うロープの選び方

山登道楽 お買い物

f:id:Bluesboy:20160606180138p:plain

 

山に行く時にはロープを持っていったほうがいいという話を聞きます。しかし実際には、日帰りのハイキング的な山登りでは道もはっきりしている場合が多いので、ロープなんてほとんど必要ありません。

一方、ガイドをされる方は、日帰りでもロープは必携ということです。またパーティーのリーダーはロープを携行されている人が多いようです。後続のメンバーが、危険な場所を安全に通過するためにロープを張って補助する場合に使われます。

私の場合は通常はソロですので、自分のためにしか使用しません。主に急坂などの危険地帯を下降する時に使うか、ロープを使って降りてきた急坂を登り返す時に使うくらいなものです。使用頻度は低いのですが、想定外の事態もあるものですから多少の用意はあったほうがいいと思います。

 

たいていは下記のようなものを保険で携行するようにしています。

・メインロープ1本

・カラビナ2~3個(内ひとつは環付)

・スリング2~4本(120cmフラットスリング 1本、60~70cm 5mm径スリング 3本)

これだけあれば、メインロープの長さの半分までの懸垂下降、簡易チェストハーネス、簡易シットハーネス、プルージック・クレイムハイストによるセルフビレイ、1/3倍力引揚げシステムの構築、最低でもこのくらいのことは出来ますので、気持ちの保険として携行しています。

 

この中で、メインロープは時と場合によって入れ替えますし、行く場所に寄ってはスリング、カラビナは数セット追加します。正規のシットハーネスとエイトカンを使うときもあります。

 

 

f:id:Bluesboy:20160606180243p:plain

 

メインロープなんですが、今はどこのブランドのどれを買えばいいか特に迷いはしませんが、最初はさっぱり分りませんし、アドバイスしてくれる人もいなかったので困りました。ロープの選択は使用目的次第なのですが、ロッククライミング用のロープやアルパインクライミング用の50~60mのロープが話題になります。ハイキング的山登り(山歩き)で、基本ソロ(単独)の私が使うのは、一般的には補助ロープといわれる範疇の使い方、らしいのです。

これが分るまで、相当時間がかかりました。この単語の意味が正確に判っていないと、文章にしろ、口頭にしろ、コミュニケーションが出来ません。

 

というのも、本人は一生懸命 climbing しているし、稀には宙吊りになる場合もあります。そこへ「クライミングで使うのなら~」といわれたら、自分のやっている事が相手のいう「クライミング」に入るのかどうかよく分らないのです。そもそもロープを使って降下するのは理解できますが、ロープを使って登るって言うのは理解できませんでした。リードロープとかトップロープとか、一度本物を見たらすぐ分るのですが、まさに百聞は一見にしかずでした。私は岩壁や氷壁をロープで登ったりしません。

懸垂下降という言葉もどうもよく判っていません。ロープを使って斜面を下降するのも、橋から河原まで垂直に宙吊りで下降するのもどちらも「懸垂下降」と呼ぶらしいです。

 

ということで、「補助ロープ」という意味が理解できるまでは、参考になる記事を理解するの苦労しました。仕方がないので自分で買って試してみるしかありませんで、ベアールのランドの他、エーデルワイスのパワーロープ、ヒルウォーカー、ディスカバー、ジルモントのハイキングロープ、これくらい使ってみました。

いまだによく判っていないので明確には説明できませんが、現在はメインロープとして携行するロープは、

・日帰りハイキング:(5mm 10m) or (8mm 10m)

・滝撮影:8mm、10m or 20m

にしています。もちろん既知のルートで、ロープが不要な時には持っていきません。

 

単独行動で保険的に携行するロープは、結論から言うとあまり伸びないロープがよいです。

 

・ダイナミックロープ:高所からの滑落の際の衝撃を吸収するために伸びるロープ。

・スタティックロープ:高所に留まって作業するために、体勢を安定させるためのロープ。

 

一般的にこのように分類されていますが、「伸びる」にも程度があります。そんなこともよく分らず最初に買ったのは、上の写真のオレンジ色のベアールのランドという製品です。軽くて安価という理由だけで選びましたが、使用目的からすると失敗でした。2年以上使いましたが、ロープを頼りに急斜面を降りるときに伸びすぎて怖いのです。結局現在は犬を繋ぐロープになってしまいました。散歩用のリードロープもこれを短く切って作りました。

 

クライミング用のロープはUIAAの審査を通過した製品が安心できそうですが、私のように「墜落(落下)ではなく、斜面をズルズル滑り落ちるような滑落から身を守る」ために使用する補助ロープでは、さほど気にすることはありません。工事用のトラロープでは少々問題ありますが、安くて軽いエーデルワイスのヒルウォーカーがよいと思いました。

ヒルウォーカーは今でも使いやすいとは思っていますが、実は一回使っただけで手放しました。なぜか、それは残置して戻って来たときにとても探しにくかったからです。色がくすんだ感じなので、山の中で残置しておくのは適切ではなかったです。黄色~オレンジ色が使いやすいので、ジルモントのハイキングロープに買い換えました。これはいいですよ。最初からこれにしておけばよかったです。

 

当分買い増しや買い替えの予定はないですが、今後買うとしたらスタティックロープを使ってみたいですね。

 

カラビナは、主にブラックダイヤモンドのポジトロンを使用していますが、もう少し軽いロックテリクスのカラビナもお勧めです。ワイヤーゲートは特別な理由がない限りお勧めできません。

roc'teryx(ロックテリクス) ライトテックストレート ブルー BLU AMG11090SG

roc'teryx(ロックテリクス) ライトテックストレート ブルー BLU AMG11090SG