道楽者の詩

写真とカメラ、山登り、ギターをはじめ、日々の私情をつらつらと

岡山湯郷ベル カップ戦で浦和に惨敗 打つ手はあるのか

f:id:Bluesboy:20160613002318j:plain

 

なでしこリーグカップ戦の第二戦、岡山湯郷ベルはアウェイで浦和レッズと対戦しました。リーグ戦では最下位の浦和に4-0で敗戦しました。特筆するはそのシュート数、なんと浦和の放った22本に対してベルは控えめに1本です。目を疑いましたが、どうやら本当のようです。

いったいこれはどうしたことかと思われる方もいらっしゃることでしょうが、特別びっくりすることではありません。

 

現在主力の多くが怪我で離脱しております(不誠実にも公式発表はありません)。

宮間をはじめ、浅野、加戸、小林、橋本、は怪我でリハビリ中です。さらに、復帰しているとはいえ、北浦、森迫、高橋(さちえ)の足には痛々しいテーピング姿でプレーしています。

 

リーグ戦が再開されるまでにどのくらいの選手が戻ってくるのか、また補強がなされるのか分りませんが、現在は辛抱のしどころです。どんな惨敗を喫しようと、寛容に受け入れられるタイミングなので、大胆な策を試す絶好のチャンでもあるのです。実際には大胆な策は練習試合で試しているのでしょうけど、実践でやってみるのも大切です。今しか出来ませんから。

 

そういう意味で今回のアウェイは来週のホーム戦を控えて、松岡をはずす絶好のチャンスだと思っていました。途中交代はさせたものの、意図を持ってスタメンからはずしておけばよかったのにと思いました。

松岡をはずしてボロ負けすれば、次のホームでは起用しやすいでしょう。もし一点でも取れたら不要な選手だということがよく分ります。たぶんホームでは松岡をはずすのはやりにくいでしょうから、ホームに先んじてアウェイのどこかでやるかと思っていましたが、しませんでしたね。

 

中野・有町が移籍してからが顕著ですが、松岡のパフォーマンスはあまりに目を覆います。実は得点を取っていた数年前でも、比較的ごっつぁんゴールが多くて、横山をベルのセンターフォワードにさせなかったのが、当時の監督に見る目が無いというかそもそもの間違いなのです。

当時、サイド攻撃を起点に中央で勝負、もしくはセットプレーで勝負という戦い方をしていましたので、右サイドには右利きの横山が当てられました。左には左利きで、中央も出来る中野がいました。ゴール前で据え膳の松岡様さあどうぞというシフトです。結果として左からは中野、右は中川や横山、中央のスペースは有町、そして後やコーナーからは宮間(新潟に移籍した高橋がいたときは攻撃によく絡めていた)から、ラストパスやスペースが供給されるのです。点が取れないほうがおかしいと思いませんか。全チーム見渡してもトップレベルの恵まれた環境で、得点王になってもいいくらい恵まれた環境でした。

しかし現在は、両サイドの中野・横山、ツートップの一角の有町がいなくなって、ハダカの王様状態になっているのです。松岡の取り巻きがいなくなった事情は定かではありませんし偶然かもしれませんが、個人的には勝手な偏見も含め、推して知るべしと理解しています。

 

本来横山は左サイドからカットインしてシュートとか、センターに陣取って強引に切り込んでいくのが得意でしたので、これを活かせばよかったものを、サイドで走らせるばかりでは本人もイヤになったでしょう。ボールをキープできず、前も向けず、すぐ転んでしまうという得意技を持ったセンターフォワードのために割を食わされていたのはなんとなく感じておりました。その才能豊かな現なでしこのエース横山には愛想をつかされた形になりました。

さらには宮間がアメリカに行っていた時にはセンタープレーヤとしてベルを支え、国体では10番を背負って岡山県の初優勝に貢献した元なでしこの中野がいなくなりました。いかに宮間が有能なプレーヤーであっても、孤軍奮闘、一人では複数の相手にマークされたらどうにもなりません。中野がいれば宮間がマークされてもチームが崩壊することはなかったのですが、その中野がいなくなった上に、最後の砦の宮間さえも代表を辞退せざるを得ないくらいの症状でリハビリ中です。

 

このように有能な選手が流出したうえに怪我人続出の状態で勝てるほど、なでしこ1部は甘くありません。頑張れ頑張れでは、竹やりでB25に応戦するようなものです。選手は疲弊するだけで、気の毒です。逆に力もないのにまぐれで勝ってもあまり意味はない、必ずしも目先の勝利を期待しているのではなく、次世代のベルの姿に期待を抱いているサポーターが多いのではないかと信じます。少なくとも私はそうです。特に作間、大久保には期待しています。

重石にしかならない古株(宮間は含まれていません)をはずしたとしても、残念ながら現在では、将来性ある選手に託して失敗を恐れず前を向かせる経験(訓練)を積ませるか、約束事を徹底させて守るくらいしか出来ないでしょうが、せめてのびのびやらせてあげて欲しいものです。少なくとも試合中に味方を小突くようなのは排除しないと相互信頼を持ってプレーできないでしょ。

多少なりとも雰囲気が変われば、有望な若手を呼び寄せる期待もできるんじゃないでしょうかね。やっぱり田舎じゃ無理か?、ファジアーノの傘下になればどうなんでしょう。浦和の三谷なんかもうおそいかなぁ。仙台の万屋とか西川とか、パイプがないわけじゃなし。契約したばかりだから難しいでしょうが、数年前はベルの練習にも参加していた品田はフィンランドの1部チームで頑張っているらしい。

 

普段は作陽男子チームとミニマッチをしていますが、自信回復、成功イメージを掴むために、作陽女子もしくは日ノ本のチームと練習試合を設定してはどうでしょうか。負けるのを覚悟で(負けてもいいのですが)、頭を下げて吉備国際大学にお願いするのも悪く無いと思います。

 

今のままでは、2部陥落が現実味を帯びてくるだけです。企業の経営では、多分に株主やお客様の方を見ておく必要があるのと同様、チームの運営ではスポンサーやサポータをそれなりに意識しておかないといけないという基本的な事が判っていないようですから、このままではえらい目に合うのではないかと心配になってしまいます。

 

皮肉にもファジアーノは暫定首位だそうで、よかったね。