道楽者の詩

写真とカメラ、山登り、ギターをはじめ、日々の私情をつらつらと

粘った末の舛添さん、後任人事はどうなる

f:id:Bluesboy:20160616082101j:plain

コモンタレブー、舛添さん、情けないというか何というか、あんた完全に納税者を食い物にした自分さえよければOKという確信犯でしたね。庶民から見れば身勝手な悪人だわ。

 

bluesboy.hateblo.jp

専門家や評論家がいろいろな意見を言われていますので、興味を持って耳を傾けてきましたが、一番共感できるのは弁護士八代英輝さんの言われる、「まずは真実を明らかにさせたい、やめる(結論を出す)のはそのあと」というご意見ですね。本人の舛添さんも、このまま嘘つき呼ばわりされたままでは、もしくはきちんと謝らないままでの幕引きでは、死んでも死に切れないでしょうにねぇ。せめて退職金とボーナスはどこかの施設に寄付されたらどうですか、要らんっていったでしょうに、これまたウソをついたままポケットに入れちゃうのかな。

 

「政治的」という言葉を使って事態をうやむやにするのはどうも納得なりません。というか結局ウソでウソをつくろってきたとしか受け取れません。政治の世界からは足を洗うという意味だとの解説もありましたが、後味の悪い幕引きです。

また、もっともらしく辞任の理由を述べていたようですが、あれもうそです。あてにしていた自民党会派が不信任を出すから仕方なく自ら辞任するだけで、本心はやめたくないんでしょ。不信任による辞任ではないと名誉を取り繕ったつもりかも知れませんが、舛添元知事の人間的信用は地に堕ちています、とんだ茶番です。リオに行きたいのであれば、自腹で行けばいいじゃないですか。帰ってこなくてもいいよ。

 

しかし本当に見苦しく、周囲を巻き込んだドタバタ劇でした。

 

さて気になる後任ですが、TVからの情報では、蓮舫とか長妻とか名前が挙がっているようです。現職の国会議員を都知事にという発想はさもしいというか、地方行政を愚弄しているんではないですかね。

自民党からは蓮舫に対抗して小池百合子だとか、アメリカではヒラリー女史が大統領になるかもしれないというご時勢、女性の知事も悪くはないでしょうが、2番でもいいだろうという信条の蓮舫はないでしょう。それなら金美麗のほうがよっぽどよさそうな。お飾りの小池百合子でいいのならホント誰でもよいというか、田島陽子でも浅田美代子でもキャリーパぱみゅぱみゅでもいいんじゃないかと思えてしまう私です。

同じ女性なら、櫻井よしこさんなんかどうかなあと思っているのですが、まあムリでしょうね。桜井パパさん、頑張ってください。