道楽者の詩

写真とカメラ、山登り、ギターをはじめ、日々の私情をつらつらと

出たな、都知事選挙に無断立候補 小池百合子の乱

最近のニュースはどうも賑々しいです、リオオリンピックの選手が続々と決定していますが、そんなハッピーなニュースが吹き飛んでしまいそうな勢いです。

 

イギリスのEU離脱の国民投票結果に対して、もう一回やらせてくれって、ヘボ将棋じゃないんだから「もうおせ~よ」って思います。しかし、相当くすぶっていて、United Kingdom が分裂するかも知れないそうな勢いもあると聞きます。

イギリスがEU離脱を決定したのでロシアのプーチンがにたっと笑って習近平とひそひそ話を始めるそうだと、そりゃいかんということでオバマさんは日米同盟を強めようとしているそうな、しかし大統領候補になりそうなトランプさんの口は止まるところを知らず、かの国はミサイル飛ばして喜んでいるし、目を放せない状況が続いているとニュースは伝えています。

 

 

一方国内では、ご存知のように参議院選挙真っ只中。一向に盛り上がらない中、ここ岡山では江田さんの牙城を崩そうと美人の刺客を呼び入れたのですが、これがまたすったもんだともめています。自民党都連もなめられたものです。

news.livedoor.com

> 『著しい常識の欠落があり、議員・党員としての資質に極めて大きな問題がある』
> 『独断で物事を進める姿勢が自由民主党の党風及び社会人としての良識に著しく反している』
> 『けじめとして離党すべきである』

と、憤慨した都連は手厳しいコメントをだしていますが、まあ馬耳東風でしょう。

瀬戸内市裳掛(もかけ)小学校出身といえば、親戚のおっちゃんが教師をやってたし、ほぼ地元のようなもので、我が家の食卓でも話題になっております。

 

 

そこへ持ってきて今度は東京都知事に小池百合子が立候補したと。桜井さんに承諾を得られない自民党に業を煮やしたのか、このままではどちらにしても声がかからないと思ったのか、保育所を作るといえば行けると思ったのか、所属政党には打診や断りもなく、反舛添の波に乗って先制パンチをぶち上げちゃったということです。これが人生最後のチャンス、身の程を知らずにトップに立ちたいと思ったのかもしれませんね。奇襲です。

起爆剤的に飛び込めといわれて芝居を打ったとか、党の三味線ではなくて、本当に単独行動なのであれば、いや~美人は強いと思わされます。自民党都連なめられっぱなし。

www.sankei.com

f:id:Bluesboy:20160629191925j:plain

 

 

ニュース(ワイドショー)によると自民党は辛抱強く桜井パパに出馬を要請していると、野党は相乗りも視野に入れて元鳥取県知事の片山善博氏に打診していると報道しています。確かに片山氏に関しては、それまで準レギュラー的に出演していたTV番組で、「連絡が付かない」と報道していました。ミヤネだからどのくらい本当かは?ですが。

こちらの片山さん、実はご出身は岡山でして、それも私からすれば隣の中学校、自転車で行ける程度の距離がご出身地です。高校の学区は同じなので、もしかして高校の先輩か?、と思ったのですが、優秀な進学校に進学されて、東大に行かれています。思い起こせば、確かに同級生に片山君ってのはいましたね。そんな片山さんの事も、我が家では食卓での話題になっております。都知事になったらウチの周辺にも恩恵はあるんだろうかって愚妻はのたまうのですが、あるわけないし、そんな事をいうヤツが多いからおかしなことになるのよ。

 

東京の若者にお願いしたいですね、選挙に「もう一回、やりなおし」はありませんから、よ~く考えてから投票に行ってください。間違った投票をするかもしれませんが、それも一つの責任として、投票という意思決定行為から逃げないでください。

 

候補者は経済がどうした、税金がどうした、なにがどうだこうだといっていますが、騙されちゃいけません。大学と同じです、入ってしまえば勉強なんてしませんから。他党の批判しか出来ない連中はもってのほかです。

役人が作る予算っていうのがどのくらいジャブジャブで、一般庶民の感覚からどのくらい外れているかを知ったら、開いた口がふさがりません。東京なんて、予算をちょっと見直せば、保育所なんてすぐできるだけの余裕はあるはずです。条例の改正だって出来ないことはありません。

なのに何故出来ないのか、その理由の一つに「保育所を作っても票が得られない」という事があります。1期しかする気がないのなら話は別ですが、政治家の頭の中は「票田」の事がかなりの部分を占めています。投票者から見れば「清き一票」ですが、候補者から見れば有権者は「実りのあるたんぼ」でしかないのです。どこの田んぼがよく実るか、それが重要なことの一つなのです。ですから、保育所を作ってもらうには「子供を育てるママさん」を「実る田んぼ」と思わせる事も重要なことなのです。現時点では得票のことを考えると、どうしても保育所よりも老人介護のほうが手厚くなってしまうのも仕方ないかと。若者頑張れ、投票に行ってくれ。

 

私利私欲や自己顕示欲が強くなく、現在の予算策定を根本から見直すくらいの気概がある人に立候補して欲しいものです。最も近いと思うのは橋下徹ですが、まだ羽鳥とTVに出て、田島女史の相手をしているようですから都知事選挙には出ないでしょうね。大阪市は大切な人材を切って捨てました、税金と同じくもったいないことをしたものです。