道楽者の詩

写真とカメラ、山登り、ギターをはじめ、日々の私情をつらつらと

岡山インターハイ、サッカーに陸上に高校生が奮闘中

f:id:Bluesboy:20160731180749p:plain

 

岡山湯郷ベルの内紛的問題に関して、フロントの不適切な対応があった事が明白になり、さらに間違った報道がなされていたこともあって、なにかとすったもんだしています。その一方で、ベルの下部組織であります作陽高校女子サッカー部がインターハイで快進撃を続け、中国地方初の決勝に駒を進めました。中一日を挟んで、明後日藤枝順心と優勝をかけて最後の戦いに臨みます。時期が時期だけに、是非とも地元のためにも頑張って欲しいものです。

湯郷ベルには作陽OGが多いですが、藤枝順心OGも在籍しています。24番大久保ですね。皆さんの心境はどんなものなんでしょうかね。私は作陽に勝って欲しいですね。

 

日程・結果 [女子] | 平成28年度全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会

 

 

なでしこリーグは配信されていませんが、インターハイの試合はインターネットでライブ中継されています。それを知って、準決勝戦の作陽vs十文字学園をネット観戦しました。赤勝て白勝てという感じのホンワカとした試合ではありましたが、一際目立つ選手がいます。作陽の背番号2番、富田の走りはこの試合の中では異次元です。人間の中にフリスビー犬が乱入したような印象でした。是非多くに人に観戦してもらいたいですね。

実は作陽の選手二名、10番北方と2番富田は2種扱いですが湯郷ベルに登録されている、なでしこ一部の選手です。北方は仙台戦ではフル出場、富田はU17ナショナルチームの一員でもあります。

 

決勝戦はどうなるか分りませんが、どういう結果になろうとも最後まで諦めずに戦って欲しいものです。湯郷ベルに関わるチームの快進撃はいろいろな意味で感激しています。

 

 

 

 

さらに陸上、女子400mリレー決勝で、倉敷中央高校が見事優勝を飾りました。サッカーのプレー経験はありませんが、陸上は少々かじっておりましたので興味は持ち続けています。

 

倉敷中央高校の斉藤が100mで優勝したのは知っています。斉藤は日本選手権でもl国内向かうところ敵なしの福島千里に次ぐ二位の選手、オリンピック出場権が得られていたらリレーメンバーに確定していた選手なので、個人戦100m決勝での優勝は見事ではありますが、びっくりすることでもありません。


岡山インターハイ 女子100m 決勝 2016年7月30日

 

しかし、リレーはまた別競技です。全国レベルが四人揃わないといけないので、田舎のチームでは結構難しいことなのです。予備知識がなかっただけに優勝とは驚きました。3走で危ないかと思いましたが、アンカーの走りは異次元、速く追いつこうと焦っていらぬ力が入るものなのですが、最後まで落ち着いた走りはお見事でした。


2016 岡山インターハイ陸上 女子4×100mR決勝

 

かなり以前、まだ黒土のトラックだった頃、自分もこのグラウンドで走っていたので懐かしく思い出しました。

 

 

そして隣の兵庫県の西脇工業の1・2・3フィニッシュ、女子1500mですが、これもすごかったです。優勝した高橋は中学の時から期待されていたスピードランナー、僅差で2位の田中は昨年の都大路(当時一年生)の一区で最後の最後まで優勝した世羅の小吉川とデッドヒートを演じたランナーです。今年も健在のようです。樺沢は四位か、最後もう少しだったね。


岡山インターハイ 女子1500m 決勝 2016年7月30日 / 髙橋ひな 4分15秒82