読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道楽者の詩

写真とカメラ、山登り、ギターをはじめ、日々の私情をつらつらと

湯郷ベル 宮間残留、福元退団移籍、事情はヤブの中

去る8月9日、湯郷ベル(一般社団法人)の臨時総会が開かれました。総会ではまず、役員改正が行われました。引責辞任した黒田会長の後任には、美作市市議の谷本氏が就任しました。全7名の役員のうち、会長・副会長を含め4名が新任ということです。さらに翌日の10日に、退団騒動になっている4名の選手に関する会見を開くということでした(新聞等の報道では時間や場所が示されていませんでした)。

 

会見では、宮間は残留(退団の意向取り消し)、残りの3名(福元、高橋、松岡)と葛間が退団するとすると発表されました。湯郷ベルの当面の課題は、GM(フロント)と監督の選任、キャプテンの任命、チーム力の建て直しというところでしょうか。かなりひどい。。。

 

f:id:Bluesboy:20160812222755p:plain

 

一方退団した福元は、本日12日、アイナック神戸への入団が発表されました。これも酷い。

 

ここまでが事実です。

 

さて、この状況いかがお感じでしょうか、まるでテレビドラマ、続き(謎解き)はまた来週っていう感じではありませんか。自分の中では一旦納得できていたものが、ほとんど崩壊状態です。いったい何を信じればいいのでしょうか?

 

発表される報道に付き合いきれません、発表しているほうはこれで相手は納得できると思っているのでしょうか、それとも納得できなくても問題ないと思っているのでしょうか、納得させる気がないなら会見するな、言いたいことを言うだけなら会見の意味ないじゃん。

中途半端な発表はかえって無用な想像や混乱を招くので、会見するほうは、今回の一連の問題の原因を提示して、それをどう解決しようと思っているのか、そのあたりをある程度しゃべらないと周囲からの信頼は回復しませんよ。政治的な解決ではダメですよ。

宮間に関しては「残留してくれる」って、それもメールでやり取りだったか(そんなのばらして恥ずかしくないのか)、退団翻意の理由は「サポータからの声が大きかったのだろう」などと、ほとんど他人事だ。

 

どこかの報道では「役員を刷新」とありましたがそういう感じはしませんね。新任は嫌な役目を押し付けられたっていう感じじゃないんですか、この会見と報道ではあまり期待できそうにありません。会見を開くといっても、時間・場所は通知されず、公開もされず、一方的にしゃべるだけだったのでしょうか。記者からの質問はなかったのでしょうか、退団に至るまでの原因はヤブの中ですか。どうしても隠して置きたいのなら、少なくとも退団は今期終了まで認めるべきじゃなかった。二部に堕ちれば胸張って移籍できるし、みんな納得するよ。

 

情報公開が叫ばれている昨今、官がらみの話しで、ブラックボックスでのやり取りには辟易します。宮間が退団を撤回してよかったねとは手放しで喜べそうにありません。

おまけに福元の公式発表のコメントを読んだり、あまりに段取りのいい移籍話を知ると、一刻も早くチームを離れたかったのだという感を強くします。チームキャプテンであるにもかかわらず、1年のプロ契約の途中であるにもかかわらず、です。

人格否定発言をしたとされる監督が辞めても、役に立たないGMが辞めても、それでもチームに戻りたくないというのは、チームの選手間に問題があるとしか思えません、チーム内で会わす顔がないほどまでに大喧嘩でもしたとしか思えません。それでいいですか新役員さん。

 

チーム状況を何とかしようとする気持ちが、悪いほうへ回転してしまったのかもしれません。松岡が試合中に乃一をど突いたのが一例で、福元もあんなに失点してしまうとDFに何かいいたくなるでしょう。ここ最近CBでプレーしていた若手のプレーは明らかに能力不足、1部リーグのDFのプレーではありません、あれではいくら福元が頑張っても失点は防げないでしょう。なのでキャプテンでゴールを守る福元が、DFの練習の仕方や真剣さとか、加戸をFWに回す選手起用に対する憤り、1部レベルの選手の補強をしないGM、いろいろな方面に言いたいことがあったであろうと、勝手に想像します。

福元の普段の練習を見た事がある人は知っているでしょうが、GKとしての練習はいつでも真剣そのもの、目つきからして違いますから、ゆとり世代とはかみ合わなくても不思議ではないかもしれません。しかし戻ってこれないほどこじれるまでの状態になっていたとは信じ難いというのも本音です。

 

チームには、プロレベル、それに順ずる中堅レベル、期待できる若手、このようなメンバーがある程度バランスよく構成されておくのが理想的です。熱意と最低限の能力のあるGMと、チーム戦略を考案して語れて選手を納得させる監督が必要なのは言うまでもありません。そう思うと、カップ戦終了までの湯郷ベルというチームはあまりにもお粗末過ぎました。

 

さて、今回翻意した宮間がいつまで湯郷に留まるか、これは予断を許しません。膝の手術を隠していたのは商品価値を下げるからなのか、とまで思ってしまいます。

 

市長は自分の仕事はもう済んだと思っているだろうから湯郷ベルの役員に申し上げたい、「応援してください」というのなら、「愛されるチームを目指す」というのなら、相手の立場に立ってもう少し納得できる説明をする事が第一歩だ。それができないのなら、法人経営・チーム運営など諦めてあんたらが辞めてしまえ!!

 

 

続きがあるよ

bluesboy.hateblo.jp