道楽者の詩

写真とカメラ、山登り、ギターをはじめ、日々の私情をつらつらと

小池都知事、報酬半額宣言の賛否と条例の制定は

f:id:Bluesboy:20160908165309p:plain

 


小池百合子知事は選挙公約の一つとして、「報酬を半額にする」と言い放っていました。

これを、パフォーマンスという人もあれば、大阪の真似だという人もあれば、よくぞ言ったという人もいます。しかし実際には知事の一声で実施できるものではなく、議会で承認され条例を作らなければ知事の言う「報酬半額」というのは執行されないわけです。

 

半減にされるのが、月々の給与だけか、賞与・退職金を含めた総額の半額なのかよく分りませんが、半額にされた報酬の試算額は、全国の知事のなかでは最低額になり、都議会議員の報酬よりも大幅に下回るといわれています。

したがって、都議の報酬も追随して減額しないとまずいのではないかといわれいているようです。でもこれは、どうも体裁だけの問題で、自ら身を律するということではなさそうです。

 

一方、自民党都連の会長は石原氏から下村氏に代わり、都議会幹事長は内田氏から高島氏に交代しました。

 

www.sankei.com

 

このような事情を含め、9月の定例議会には注目が集まるとメディアは報道しています。私は東京都民ではありませんのでまったくどうでもいいことです。どうでもいいことなのですが、人並みに気にはなります。

 

 

知事の報酬半額宣言は、財政難の大阪とは事情が違うので単に有権者の気を惹くパフォーマンスとも受け取れますが、個人的には「東京都知事」という職を負う者として襟を正すということの表明だと受け止めています。事情は多少違いますが、二代続けて金銭問題で任期を全うできなかった「東京都知事職」、特に舛添前知事においては公私混同で醜態をさらしました。その責任を負って「都知事」として「都民」に謝罪するという意味だと理解したいです。

前任者の責任であっても、その職を引き継いだ者が謝罪するというのは良くある話ですので、何のための「報酬半額」か?、という自問に対して、このように自答しております。

 

議会の対応はという問いには、知事は当然のように「それは議会でお考えになること」とさらりと言ってのけておりました。これも個人的には、前舛添知事との間での馴れ合い(自民党の傀儡であったとも言われています)、別の言い方をすれば公私混同や出張費のチェック等、議会の責任を全う出来ていなかったことに対する引責として、期間限定でもいいから、自ら何らかの対応をされるのが都民への禊ではないかと考えます。

都知事選挙にかかった費用の一部でも負担されたらいかがでしょうかね。たぶん老獪な議員の方々は何もしないでしょうけど、若い議員には何らかのアクションを期待はしたいですねぇ。

 

 

スポンサーリンク