読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道楽者の詩

写真とカメラ、山登り、ギターをはじめ、日々の私情をつらつらと

湯郷ベル、自動降格をかけて、チーム結成以来もっとも大きな試合

岡山湯郷ベル なでしこ話

10月1日、湯郷ベルはコノミヤとアウェイで対戦します。降格という棺おけに片足突っ込んでいる湯郷ベルにとっては、結果的にこの試合が今年、いやチーム結成依頼最も大きな意味のある日になるかもしれません。正直な話、こんな日が来るとは思ってもいませんでした。

 

現在の順位は、勝ち点2の差で、最下位がコノミヤ、ブービーが湯郷ベルです。8位は浦和ですが、降格争いからは脱出していると考えていいでしょう。詳しくはこちら。

順位表 | 日本女子サッカーリーグ オフィシャルサイト | なでしこリーグ

 

勝負は下駄を履くまで分らないとか、最後まで諦めないとか、それはそれで美しい話ですが、いつ何時でも成り立つ話ではありません。

今年のプロ野球、パリーグは最大10ゲーム以上の差をひっくり返して日ハムが優勝しました。セリーグは、開幕前はほとんど解説者がBクラスと予想した広島カープがぶっちぎりで優勝しました。これを必ずしも番狂わせとは言わないでしょう。よく考えてみると、それなりの理由があって、それが事前には気づけなかったというだけのことです。

 

女子サッカーリーグ、なでしこリーグ1部における降格争いは、実質コノミヤと湯郷ベルに絞られているといって過言ではありません。最下位のチームが自動降格、ブービーのチームがエルフェン狭山と入れ替え戦を行うことになります。

 

その最下位争いをしている2チームの直接対決が 10/1 に行われます。

 

ここで負ければ、自動降格95%以上と考えてよいと思います。

ですので、湯郷ベルが負ければ、2005年1部昇格以来初めて降格になるということです。最も大きな日になるということです。もし勝つことができれば、最も大きな日は入れ替え戦になろうかと思います。

 

残り4試合の湯郷ベルとコノミヤの対戦相手は下記のとおりです。どちらのチームも他のチームには勝てそうにありません。

f:id:Bluesboy:20161001001128p:plain

 

コノミヤは、丸山が今期いっぱいでの引退を発表しました。降格が決まってからなら理解しやすいのですが、今のタイミングでの発表は次の試合がホーム地元で最後の試合だということです。ベルにとっては厄介な起爆剤になりますね。

 

方や湯郷のほうは、どう見てもお粗末な試合展開が続いており、二部でも中位くらいの実力ではないかとさえ感じます。せっかく連れて来た外人さんは怪我かなんか知りませんが、ベンチにさえ入りません。山口以来、怪我人は多いし、湯郷ベルは本物の湯治場になってしまいました、冗談じゃねぇよ。

おまけに宮間の状況に関しても発表はなし(公に出来ない事情があるという話も有るようですが、そんなもん関係あるか)、相変わらずやる気のないHPに???なコメントを晒しておいて、私としては本当に残念というか悔しくてなりません。

 

それはともかく、コノミヤとの試合は、首の皮一枚残るかどうかがかかる最下位争いの一戦です。大いに注目しておこうと思います。

bluesboy.hateblo.jp