道楽者の詩

写真とカメラ、山登り、ギターをはじめ、日々の私情をつらつらと

ドライブレコーダーを新調 トランセンド DrivePro 200 TS32GDP200A

f:id:Bluesboy:20161108032830p:plain

 

半年前に購入した廉価物のドライブレコーダーの使い勝手が手におえないので、トランセンド DrivePro 200 を購入しました。使用期間はまだ短期間ですが、今のところ満足しています。

 

最近はドライブレコーダーは機能も機種も増えてきて、どれがいいのかさっぱり判らなくなってきつつあります。機能満載の高価なものを買えばいいのでしょうが、できれば自分の使用目的に即したコストパフォーマンスのよいものを入手したいものです。

 

自分の場合は、もしもの事故のときに何かの役に立てばいいというのが主目的、あとは酷道・険道を通る時があれば、道路状況を記録しておくときのためです。

 

 

検討したのは下記の三機種です。

1.トランセンド DrivePro 200   参考

2.ケンウッド DVR-325   参考

3.コムテック ZDR-012   参考

 

 

購入の決め手は

最終的には wifi の有無でトランセンドに決めました

wifi に接続すると、内部設定や録画確認などの操作をスマホのアプリで行うことができます。なにもいちいちPCにまでデータを持ち込む必要はありません。さらに、録画中のモニターをスマホ上に表示させる事が可能です。

ビデオ出力端子もありますので、ナビにビデオ入力があればモニターはナビを利用する事も可能です。でも、wifi 接続は思ったより早いので、一度使うとやめられません。

 

その他の利点としては、

この製品は撮影範囲(画角)が160度(フルサイズカメラ換算で16.8mm)です。両端は多少歪んでしまいますが、解像度はフルハイビジョン画質ですから記録撮影には必要にして十分です。

 

取り付けキットは、吸盤ではなく両面テープです。ほかのドラレコを使ったことがありますが、吸盤はダメです。振動で落ちてしまう事がよくあります。

 

製品には32GBのマイクロSDカードが付属しています。なんでもないことのように思いますが、繰り返し上書きで酷使されるSDカードは、カードエラーになってフリーズしてしまう事が珍しくありません。特に廉価機種では、PCでフォーマットしてさらにドラレコ上でフォーマットする手間を余儀なくさせられる場合もあります。これではドラレコとしては役に立ちませんので、耐久性と信頼性の高いメモリーカードを使うことは重要なのです。

さらに、この製品は2年補償を謳っています。トランセンドのメモリーカードは永久補償ですから、それには及びませんが、他メーカーに比べるとそこそこの自信の表れだと思います。ちなみに私は、CF・SDカードはいつもトランセンドを使っていて、もう何枚使ったか分りません。でも、エラーが出たことは一度もありませんので、トランセンドブランドは自分の中では好感触なのです。

 

小さなことですが、操作ボタンが扱いやすくて使いやすいです。同時に検討したコムテック ZDR-012 などは、ダッシュぼどの上に置いて使用する場合は問題ないのかもしれませんが、フロントガラスに固定するとなれば、操作はかなりやり辛いです。

 

補償対象外になりますが、出力5V、1Aの一般のモバイルバッテリーからUSBケーブルで電源を得る事が可能です。これはかなり大きなポイントです。

 

 

しかし大きな問題点もあります

問題点として、発売当初の2014年に「4日ほどクルマに乗らないと内蔵時計がリセットされ、日付が初期設定に戻ってしまう」という現象が報告がされています。

trendy.nikkeibp.co.jp

ほとんど毎日乗車する田舎者には何のことかピンと来なかったのですが、週末ドライバーには問題があるということです。う~ん、田舎じゃ全く問題になりません、ね、ご同輩。

 

この機種は発売は2014年と日進月歩のドラレコ界では古いのですが、不具合はまじめに改良されて継続して販売されています。発売当初は内臓バッテリーは搭載していない(コンデンサーのみ)ということでしたが、現在の仕様は「バッテリー内蔵:リチウムポリマー 430mAh」とも「10日程度はもつ」と表記されている記事もあります。詳細はこちらをご覧いただければ、現行品は問題ないという事が判ります。

 

もう一つの難点として、エンジン停止後、駐車中の録画は全く出来ませんので防犯的には使用できないということが挙げられます。しかし、防犯を意識するなら前だけでなく後はどうよ、横からドアを当てられるのは気にしなくていいのか、360度見張っておかないとダメでしょう。また車内の盗難に備える必要はないのか、まあいろいろ気になってきます。

駐車中に録画できる機種はありますが、内蔵バッテリーのスタミナは1時間程度のようですから、ちょっとしたお買い物では役に立ちますが、私のようにように長い間車から離れる者にはいずれにしても役に立ちません。

どうしてもというのなら、ドラレコを3つほど買って、モバイルバッテリーで電源供給をしてやれば録画はできますが、窓ガラスを壊されてドラレコごと持ち去られますともうダメです。どのあたりで折り合いをつけるのかは、それぞれの車の所有者次第です。私は、駐車中は、前方の録画をモバイルバッテリーで録画できればまあいいかというところでいったん線を引きました。

 

 

最終的に選択したトランセンドのDrivePro200 はよい買い物だったと思っています。

購入に際しての注意点は、過去何度か改良されてきている DrivePro 200 には仕様がいくつかあるという点です。32GB のマイクロSDカードが付属している、粘着シールで固定するタイプ(品番=TS32GDP200A)を選べば全く問題ありませんが、値段に釣られて古い16GBの機種を選ばないようにしないといけません。ファームウェアも Ver2.0 以前か以降では、スマホの wifi アプリも変わってきます。廃盤扱いとせず時間を掛けて改良を加えてきているということで、安定した動作を望む私にとってはなかなかよい製品だと思いました。

 

今回検討した機種です。

Transcend WiFi対応ドライブレコーダー 300万画素Full HD画質 160°広視野角 32GB DrivePro 200 2年保証 / TS32GDP200A

Transcend WiFi対応ドライブレコーダー 300万画素Full HD画質 160°広視野角 32GB DrivePro 200 2年保証 / TS32GDP200A

 

 

ケンウッド(KENWOOD) スタンダード ドライブレコーダー DRV-325
 

 

コムテック ドライブレコーダー 200万画素FullHD 高速起動 衝撃録画対応 ZDR-012

コムテック ドライブレコーダー 200万画素FullHD 高速起動 衝撃録画対応 ZDR-012