道楽者の詩

写真とカメラ、山登り、ギターをはじめ、日々の私情をつらつらと

山登りでは昼飯は不要、エネルギー補給という観点だけでよい

山登りをされている方々の中で、「お昼の弁当が楽しみなんです」とおっしゃる人が多いので、そんなものかなあと、最初は思っておりました。私も子供の頃は、春になると近所の山に登って村のみんなで弁当を食べるという習慣がありました。お花見的なイメージかな。

 

そもそも何の目的で山に登るのか、その目的が「昼飯の弁当」とおっしゃるのであれば好きなだけ弁当を持って、好きなだけ食べてもらえばいいのですが、ある程度楽に気分よく登って歩くためには「エネルギー補給」という観点で検討すべきだと思います。

私の場合少々特殊で、平素から「食」の楽しみというのは全くなくて、時間と金がかかるだけですから食べずに済むのならそれが一番いいと思っておりますが、山登りでは「昼飯」という考えは辞めておいたほうがいいと思います。

 

f:id:Bluesboy:20161215213637j:plain

 

 

私は「昼飯」ではなく、消費するエネルギーを適宜補充するという考え方をしています。では消費するエネルギーの量はいくらか?、いろいろ確認してみたのですが、情報源や人(医者)に寄って結構違いまして、最終的には自分で判断するしかありません。

消費カロリーは、概ね 400~500kcal/h と見込んで、1~1.5時間おきに 200~250kcal 程摂取するようにしています。経験上、これで丸一日(7時間程度)バテずに歩いていけると感じております。

・カロリーメイト(ゼリー) ⇒ 200kcal

・カロリーメイト(ブロック) ⇒ 200kcal(2ブロック、1袋)

・ウィダーゼリー ⇒ 180kcal

・ミニアンパン ⇒ 125kcal (1個)

・きんつば ⇒ 100kcal (1個)

 

スタート1時間前までにおにぎり一個とジャムパン一個食っておき、これでスタートして、後は200kcal 程度のものを1時間おきに口に入れておけば大丈夫です。便利だったカロリーメイト(ゼリー)が手に入らないのはかなり痛いですが、昼飯の弁当なんか時間がかかるだけで無駄です。

ほかには行動食として甘めのキャンディーを舐めながら歩くといいでしょう。

細かいことを言えば、甘い糖分は即効性があり、炭水化物は持続力がありますので、両方をバランスよく口に入れておけばいいでしょう。とにかくバテて辛い思いをするのが一番イヤなものです。バテずにすごせると、結果的にその日は楽しく過ごせます。

 

大塚製薬 カロリーメイト ゼリー アップル味 215g×6袋

大塚製薬 カロリーメイト ゼリー アップル味 215g×6袋

 

大塚製薬 カロリーメイト ゼリー フルーティ ミルク味 215g×6袋

大塚製薬 カロリーメイト ゼリー フルーティ ミルク味 215g×6袋

 

ウイダーinゼリー エネルギー マスカット味 180g×6個

ウイダーinゼリー エネルギー マスカット味 180g×6個

 

スポンサーリンク