読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道楽者の詩

写真とカメラ、山登り、ギターをはじめ、日々の私情をつらつらと

2017年 岡山のサッカーシーンに期待したい

2016年は良くも悪くも地元岡山のサッカーシーンは賑々しかったものです。2017年はどうなるでしょうか、新たな気持ちで期待して見守りたいものです。

 

ファジアーノの活躍

2016年、J1昇格を目指しているファジアーノは、地元ではずいぶん盛り上がりました。最後の最後でJ1への切符を逃しましたが、個人的にはよくやったと思っております。惜しむなくは、最終戦での敗戦よりも、シーズン後半、ブレーキがかかって失速してしまったことです。しびれる試合をいくつも経験してから、J1で活躍してもらいたいと、もうしばらく静観しておきます。

f:id:Bluesboy:20170101213521j:plain

 

岩政と押谷、そして10番の矢島あたりが出て行ったのは仕方ないとはいえ痛い。調べてみるとこんなに移動があるんですね。20人を越えています、こんなものなのでしょうか?、もう少し落ち着いてもらわないとついて行けそうにありません。

2017 冬 - ファジアーノ岡山 - 移籍情報

 

 

お騒がせの湯郷ベル

2016年は、事情はそれぞれとしても19人の選手が退団しました。残った選手は7人ということで少々呆れてしまい、2017年は静観することにしようと思っていました。ところが、新加入選手の発表は、ある程度の期待をさせる顔ぶれと素早さでした。

新加入選手は、藤田のぞみ、木龍七瀬、巴月優希をはじめ、現時点で11人。病み上がりとはいえ、藤田はサプライズです。まだなでしこレベルでのプレーには不安があるということですが、全盛期のプレーを知っている者としては期待をせずにはいられません。前目で使うのか、ボランチで使うのかよく分りませんが、「普段はおっとり系でも、ピッチに入ると目つきが変わる」と評されるプレースタイルには期待せずにはいられません。10番を背負うのかな。

松江シティRagazza - 写真 | Facebook      (藤田の背番号は22番)

 

 

念願の優勝はならず、作陽高校 女子サッカー

作陽高校女子サッカー部は、湯郷ベルの下部組織ということもあって県内では敵なしの強さです。全国になるとなかなかトップクラスにはいけないのですが、2016年のインターハイでは準優勝でした。決勝で藤枝順心に 1-0 で負けてしまいました。

web.gekisaka.jp

 

それを受け、昨年末、現チーム最後の大会となる高校女子サッカー選手権大会が始まりました。夏の雪辱をと臨んだ大会でしたが、二回戦でまたもや藤枝順心に敗れてしまいました。前半は 0-0 でしのいだのですが、残念でした。将来のある選手たちには、悔しさもまた成長の糧として欲しいものです。

日程・結果 | 第25回全日本高等学校女子サッカー選手権大会|大会・試合