読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道楽者の詩

写真とカメラ、山登り、ギターをはじめ、日々の私情をつらつらと

LS北見 中部電力に負けて、カーリングオリンピック出場権獲得は先送り

f:id:Bluesboy:20170205230949j:plain

 

本日5日は、長野で行われていたカーリング日本選手権の決勝戦がありました。

 

男子は予想通りSC軽井沢が優勝して、日本代表権を獲得しましたが、オリンピック出場権を持っていませんので、来る世界選手権でこれを獲得しなくてはなりません。

 

逆に女子のオリンピック出場権は、昨年の世界選手権準優勝でほぼ確定しています。ですので、あとは国内代表権を得る事が必要です。

今回の日本選手権でLS北見が優勝すれば2年連続優勝となり国内代表権を獲得できていましたが、他チームが優勝すれば9月に北見市で行われる国内代表決定戦で決定されます。

 

注目していたLS北見は、全勝で予選を勝ちぬき、トーナメント初戦も勝ちましたが、最後の最後で中部電力に敗れてしまい、オリンピックの国内代表権は先送りになりました。

 

このたびの決勝戦、試合としてはなかなかいい試合だったと思いますが、藤澤びいきの私としては、なんとも目を覆うシーンがあって残念でした。元々テイクアウトショットが得意で、ドローは苦手という話ですが、それにしてもちょっと。

年に一回あるかどうかのスーパーテイクアウトショットを決めたかと思えば、それはないだろうというドローを二回もミスるなんて、負けても仕方ありますまい。昨年の世界選手権の決勝も、ラストストーンでやっちゃった藤澤のドローミスだった。

 

藤澤にはなんとしてもオリンピックを経験した一流選手になって欲しいと思っております。富士急みたいに投げる順番を交代するか、ドローショットの技量を上げるか、9月の決戦までには立て直してください。