読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道楽者の詩

写真とカメラ、山登り、ギターをはじめ、日々の私情をつらつらと

湯郷ベル 画期的!、公式SNSの開設を発表した

岡山湯郷ベル

f:id:Bluesboy:20170213150214j:plain

 

湯郷ベルの公式HPの発表によりますと、今年から公式のSNSを運営すると発表した。これまでの経緯を知るものからすると、これは画期的という印象を強く受ける。また内部的には認識も新たに、刷新した運営を開始するんだ、との「暗黙のメッセージ」と私は受け取った。

 

公式Twitter・公式Instagram・公式Facebook開始のお知らせ

 

過去は過去として、新たなチームの創設として受け止めていこうと考えている「頭の固い」私としても、ひとまず賞賛させていただきたい。

 

過去の話はどうかとは思うものの、ブログを開設していた時期があった。そのブログがOHKの使い勝手の悪いブログで、それを利用するという判断からしてやる気は感じさせなかった。また個人任せにしたような状態で、おおよそ公式ブログとはいえない、実際にやる気を感じさせるには程遠い運用(管理)であった。

しびれを切らした書き込み(個人の誹謗中傷)を収める事ができなくて、安易に閉鎖という手段を取った。この時の件で、運営者らの信頼は大きく失墜し、諦めを感じた人も多かったろう。

 

そんな経緯もあったので、今回のSNS開設はコアなサポならずとも喜んでいる人は多いだろう、私もその一人だ。と同時に、「複数のSNSをどう使い分けるの」、「運営は一人任せなの?」、「何をどう発信するの?」など、運用面についてはいきなり気になる点もある。

 

手探での船出だろうからしばらくは静観しておくほうがいいのだろうが、自分なりの感想をいくつか書かせて頂こう。批評ではあっても批判ではない。

 

いきなり三つのSNSとはちょっとやりすぎではないかと思わないではない。大丈夫ですかと、心配になりもする。個人のSNSではない、公式であるならば安易に手広くやるのはどうかとは感じている。使い分けや運用のイメージもよくわからない。個人的には最初はツイッターだけで十分だと思う。その後、何某かの要求が出た時に必要ならば追加する、もしくは一時的に補助ツールとして使う、という感じでよさそうな気がするのだが。

というのはそれぞれのSNSには特徴があるので、それぞれの利用者に「平等」な情報発信をするのは難しい。公式としては、一元的で精度の高いタイムリーな情報発信が重要ではないかと考える。それぞれのSNSに異なる情報を発信するのなら、利用者にアカウントの登録を強要するようなものなので、あまり感心できないと感じるしそこまでする必要があるのか。ベルのサポには年配者が多いしね。

何もしないよりはよっぽどいいとは思うが、とりあえず Twitter で情報発信をするのがよいだろうと私は考える。でもそうなると、他のSNSはスカスカ状態になってしまう。誰が提案したのか知らないが、おおよそプロの提案とは思えない、個人の安易な発想のように感じる。

 

また運営者はお一人でされているのか?、片手間にされているのか?、公式であるのならこれは非常に気になるところあるが、安定して質の高い情報発信がなされることを期待したい。

 

当面は、新加入選手が多いので、顔と名前が一致してもらえるような情報発信が期待される。30人くらい所属しているのだから毎月1日は背番号1の選手の情報を、20日は背番号20の選手の話題をツイートするとか、安易ではあるが喜んでくれる読者も多いだろう。選手の意向もあろうから、そこらあたりは上手く運営してもらいたいものだと期待している。

 

将来的な話として、「会員専用情報」というのがあってもいいと思っている。私は会員になってもあまりありがたいと思わなかった、それどころかフロントの対応にムッとした経緯があるので今は会員にはなっていない。「会員になってほしい」という思いではなく、「会員への感謝」の思いを持って、会員特別情報が配信されてもよいのではないか。これはSNSじゃなくてメールかな。

今年はムリだろうが一部昇格のタイミングで、「追加(オプション)のサービス」として検討されたらいかがだろうかとは思っている。「客寄せパンダ的サービス」ではなく、非会員が疎外感を感じない程度に、上手くやってもらいたいものだ。

 

まあ、せいぜい頑張って情報発信していただきたいものです。他チームから羨ましがられるレベルを目指して、有益でタイムリーな情報をSNS(Twitter)で、事務的・記録的な公式事項はHPで、この二本はしっかりとお願いしたい。

その分ホームページのほうは、運営をもう少し考えないと公式というにははなはだお粗末としかいえない状態だ。関係者やコアなサポはきっと恥ずかしい思いをしているでしょう。いまだに役場の中で更新しているのかな、それだといつまでたってもまともなこと(期待に応えること)はできないと思いますぜ。