道楽者の詩

写真とカメラ、山登り、ギターをはじめ、日々の私情をつらつらと

モンベル ラップランドブーツの使用感レビュー

f:id:Bluesboy:20170217141109j:plain

 

くたびれてしまったクラッグホッパーのリプレースで最近入手したラップランドブーツの試し履きをしてきました。場所はシリオ302で靴擦れを起してしまったトレーニングコースの熊山、標高差500m弱の低山です。

 

bluesboy.hateblo.jp

 

bluesboy.hateblo.jp

 

ひと言で言えば、75点というところです。

よいところは、

・軽い、締め心地が柔らかく、足になじむ

・くるぶしを覆う部分が多少うっとうしいけど、ないよりはいい

・中敷とソールのクッションがよいので下りが楽

・岩へのフリクションは期待通り

 

ちょっと問題なのは、良くも悪くもソールが柔らかいので、整地された場所では歩きやすいのですが、石ころがゴロゴロと転がっているようなところでは少々心許ない。いや歩けないことはないのですが、いわゆる登山用の靴に比べると、多少心許ないという程度です。最初からわかっていたことですが、改めて実感として認識したということです。

 

f:id:Bluesboy:20170217142923j:plain

こんな感じの道になると、不安を感じてきます。場所に寄っては路面からの突き上げを感じてしまいますので、足を置く場所を選ぶ必要があります。

また、大きな問題ではありませんが、前後方向よりもねじれの方向の動きが発生するので、慣れるまではちょっと気になるかなという感じです。

もっとわかりやすく言えば、紅葉の散策など里山の散策にはとても向いているといえます。逆にいうと登山にはどうかなという感じ、岩山は向いていません。

 

そういう意味では、クラッグホッパーとかクラッグステッパーの代わりにはならないといえます。このふたつはローカットですが、ソールがそこそこしっかりしているので、多少の岩登りなら難なくこなします。そういう意味では適材適所で、ラップランドブーツはタイオガブーツとの使い分けは十分可能だと思います。

少なくとも靴擦れの予感は全くありませんでしたので、気もちよく使えそうです。

 

スポンサーリンク