道楽者の詩

写真とカメラ、山登り、ギターをはじめ、日々の私情をつらつらと

スマホの液晶保護フィルム グレア(光沢)か、アンチグレア(非光沢)か

iPhone7 を新品購入したので、小物として、液晶の保護フィルムとケースを入手しました。

 

f:id:Bluesboy:20170920143829j:plain

 

保護フィルムはパワーサポートのアンチグレア(非光沢)にしました。いろいろと調べるのがめんどくさいので、パワーサポート製に決め打ちです。とにかく綺麗に貼り付けやすい。

表面の仕上げは、屋外でマップを見る事が多い私はさらさらタッチのアンチグレア(非光沢サテン仕上げ)を選択します。

グレア(光沢)仕上というのは、直射日光のないところで写真などを見る事が多いのであれば綺麗だと思いますが、屋外の直射日光下では映り込みが激しいので見難くなります。また光沢仕上げを選択するなら、ガラス製のほうがいいのかなと思います。

 

 

f:id:Bluesboy:20170920142917j:plain

 

屋内で撮影した、アンチグレアとグレアの比較です。本体は iPhone5Sで、左がアンチグレア、右がグレアの保護フィルムを貼り付けています。一目瞭然でしょう。

アンチグレアは受光した光を拡散しますので、屋外でも比較的見やすいのです。しかし画像を鑑賞するには、美しさや深みは光沢のあるグレアのほうが絶対によいです。有機ELのような画面にアンチグレアを貼るのはなんだかなあという気がします。

また指紋の残り方がかなり違います。通常の使用であっても、光沢のあるグレアだとべたべたと指紋が残ってちょっと汚らしい感じがしますが、アンチグレアだと指紋はまず残りません。

 

パワーサポート iPhone 7用 AFPアンチグレアフィルムセット PBY-02

パワーサポート iPhone 7用 AFPアンチグレアフィルムセット PBY-02

 

 

 

ケースは今 iPhone5S で使っているものと同じで、shizuka-will  の透明の TPU 製で、ストラップの穴が開いているケースにしました。

ところが、shizuka-wil の iPhone7 用のケースは出来が悪い。iPhone5S 用も、充電用ケーブルを刺すための穴が小さすぎるという欠点がありますが、これはまあ穴を大きくできないこともありません。しかし iPhone7 用は、サイズも微妙、カメラ用の穴の位置もずれています。加えてしっかり感がありませんで、すぐにはがれてしまいそうです。

ということで、Spigen のクリアタイプを買いなおしました。さすがにしっかり感があり、手にした感じも非常によろしいです。