道楽者の詩

写真とカメラ、山登り、ギターをはじめ、日々の私情をつらつらと

山歩きで手放せないトレッキングポール、ダバダ/DABADA の杖

f:id:Bluesboy:20171030190230j:plain

 

杖というかトレッキングポールを使うことに最初は抵抗があったのですが、使い出すともう手放せません。また1セット新調して、これで4セット目です。安物買いですぐ壊れるんだろうと思うことなかれ、結構丈夫です。

 

私が愛用しているのはダバダというメーカーのアルミ製のトレッキングポールです。有名ブランドの品物は2本セット1~2万円もするようですが、ダバダのアルミ製の製品は3000円です。3回壊れてもまだおつりが来ます。いや、山中で壊れたら困るだろうといわれたら、それはおっしゃるとおりです。でもまだ壊れて困ったことはありません。

 

前述しましたが今回で4セット目です。

最初に購入したものは、耐久テストも兼ねてかなり過酷な運用しました。構造を確認したり、全体重をかけてテストしてみたりもしました。それでも壊れる様子はありませんでした。最終的に2年半の酷使でグリップのコルクがボロボロになりました。それでも5mm径のロープを巻いて補修してしつこく使用していました。すると今度はアンチショックが壊れまして、カチカチという音がしだしました。しかし運用上、強度的には全く問題ありませんでした。結局、外観の痛みがあまりに酷くなったので追加購入しました。壊れたからではありません。

 

その後、気分を変えて色違いの「赤」を使ってみたくなったのは、雪の中で使いはじめたときでした。黒/シルバーのカラーリングではなんとなく物足らなかったので予備の意味も含めて、赤/黒のカラーの品物を追加購入しました。

 

今回購入したのは、酷いヤブの中を下っていて一本紛失してしまったからです。あまりに酷いヤブではトレッキングポールが邪魔になります。本来ならきちんと収納すべきなのですが、ヤブが治まればまた使いたいということで、暫定的な処置としてアルパイン刺しというスタイルで背中に二本刺してヤブをこいでいました。二本とも脱落すれば気がつきますが、一本だけの脱落は気がつきませんでした。気分的に急登の激ヤブの中に戻る気にはなれず、一本紛失したままになってしまったので、仕方なく追加購入しました。

ということで、現在は2セットと1本、そしてボロボロのポールが2本、それぞれ別の目的で使用されています。

 

 

 

これは自信を持ってお勧めできる製品です。