道楽者の詩

写真とカメラ、山登り、ジムニー、ギターをはじめ、日々の私情をつらつらと

鏡野町の妹山は、ヤブも眺望も一級品だった

f:id:Bluesboy:20171113140136j:plain

 

「妹山」と書いて「いもやま」と発音します。三ヶ上、知花ヶ仙という大きな山に挟まれた間にあるピークは、国土地理院の地形図には山の名前の記載さえありません。古くから信仰の対象として登られてきたということですが、現在では非常にマイナーな山の一つといえるでしょう。

 

地形図ではマイナーな妹山ですが、有名な奥津温泉の入口から聳える山頂付近を確認する事ができます。ですので、意識するかどうかは別として、奥津温泉に来る人の目には入っているはずです。一番左が三ヶ上、その右の案内に挟まれたピークが妹山です。

 

f:id:Bluesboy:20171113141926j:plain

 

 

何故こんなところへ登っているのかというのは別として、数少ないネットのレポによると「ヤブと傾斜がきつくて辛い」というのが共通する所感のようです。また、明確な道はないようなのと、ここ2~3年のレポを探せないので、私はルートのほうが不安でした。

 

以前に林道の入口だけは確認していましたが、チェーンに遮られた林道から先は未踏です。無事に行って戻ってこれたのでよかったのですが、道中は難儀したというか、ルートファインディングがおもしろかったというか、忘れられない一日になったことは確かです。

ヤブに関しては、山登り関係では最も酷かったといえるでしょう。滝関係まで含めるともう少し酷いヤブはあったような気もします。傾斜に関しては、帰路はロープを利用して下りましたのでかなり急なほうです。道に関しては、GPSさえ持っていれば楽しく探すことが出来ました。

 

そして肝心な眺望ですが、これは大満足です!、ヤブと急登といえば私の苦手なものですが、また来てもいいかなと思えるのは非常に不思議です。ササヤブへの耐性が向上したかも。

 

詳しい道中記はこちらです。

cantam.daynight.jp

 

 今回はピストンで下山する予定だったので、ピンクテープをいくつかつけておきました。 ビニールテープよりは目立つし使いやすいです。

シンワ マーキングテープ 30?X50m 蛍光ピンク 73798

シンワ マーキングテープ 30?X50m 蛍光ピンク 73798

 

 

自然健康社 国産クマザサフレッシュパウダー 200g アルミ袋入り

自然健康社 国産クマザサフレッシュパウダー 200g アルミ袋入り