道楽者の詩

写真とカメラ、山登り、ギターをはじめ、日々の私情をつらつらと

モンベル ジオライン は汗をかく時期の必須アイテム

f:id:Bluesboy:20180417192146j:plain

 

モンベルのジオライン、汗をかく行動をする場合はこれは必須アイテムです。大変気に入っています。同様の製品は他社からも発売されていますが、ジオラインの性能は十分満足できるものだし、全身モンベルくんだと開き直ってしまうと怖いものなしです。特にアンダーウェアのジオラインはモンベルであるということは全く気にならず、値札さえも目に入りません。

 

ジオラインというのは簡単に言うと下着です。特徴は速乾性です、汗で濡れても乾くのが早いのです。加えて汗クサイ臭いもしません。わずかですが保温性もあるので、秋~冬には特に都合がよいです。しかし、さすがに夏には必要ないだろうと思っていました。

ところが夏であってもTシャツの下にジオラインを着るのは悪くないという話です。ウソかホントか分らない時は、自分で試してみるしかありません。

そこでモンベルの ジオライン クールメッシュ を新調しました。できるだけ体に密着する方が良いのでMサイズのノースリーブにしました、2100円です。

あわせて、薄手の半そでも買ってみました。春秋のシャツの下に着るジオラインが薄手の長袖しかなくて、これでは少々暑いのです。どのくらい違いがあるか分りませんが、こちらも試しに買ってみました。使用感はまた後日。

 

 

bluesboy.hateblo.jp

 

ところでジオラインというのは何も山歩き専用、汗をかくとき専用ではなく、普段着としても使用できます。Vネックの白の半そでもありますので、スーツで仕事をされる場合でも問題なく着用できます。

古着屋で調達できる500円のTシャツに比べれば少々高価ですが、少なくともヒートテックのように乾燥肌になることはありません。自分の場合、ヒートテックはどうも肌に合わなかったようです。ましてや速乾性もありませんから、ヒートテックで山を歩くとえらい目に遭います。

 

ジオラインには生地の厚さが4種類あります。薄いほうからCM(クールメッシュ・超薄手)、LW(ライトウェイト・薄手)、MW(ミドルウェイト・中厚手)、Exp.(厚手)とラインナップされています。一般的にはLWが最も汎用的に使用できます。

所有しているジオラインは全部で7着になりました。内5着はLW(薄手)です。

・長袖シャツ MW --- 冬用

・長袖シャツ LW --- 早春・晩秋用

・長袖シャツ LW --- 試しに買ったMサイズ、パツパツなので愚息に譲渡

・半袖シャツLW --- 春秋用

・ノースリーブCM --- 夏用(お試し)

・トランクスLW

・タイツMW

 

タイツはLWのほうがよかったかも知れません。

 

 

(モンベル)mont-bell ジオラインL.W.VネックTシャツ Men's 1107489 WT ホワイト M

(モンベル)mont-bell ジオラインL.W.VネックTシャツ Men's 1107489 WT ホワイト M

 

 

(モンベル)mont-bell ジオラインL.W.ラウンドネックシャツ Men's 1107486 BK ブラック S

(モンベル)mont-bell ジオラインL.W.ラウンドネックシャツ Men's 1107486 BK ブラック S

 

 

  汗かきの人は、ドライレイヤーと称する下のミレーの網シャツがベストです。

(ミレー)Millet DRYNAMIC MESH NS CREW MIV01248 0247 BLACK - NOIR S/M (EUサイズ)

(ミレー)Millet DRYNAMIC MESH NS CREW MIV01248 0247 BLACK - NOIR S/M (EUサイズ)