道楽者の詩

写真とカメラ、山登り、ギターをはじめ、日々の私情をつらつらと

ウインドシェルを捜して行き着いたのは不覚にもモンベル

f:id:Bluesboy:20180502153034j:plain

 

以前はウインドブレーカーと称しておりましたが、最近はウインドシェルと称されることが多いようです。ハードシェル、ソフトシェル、ウインドシェル、シェルが多用されますね、「殻」「貝殻」という意味です。一番外側に着用する外套と受け止めてもいいでしょう。

 

もう二年半愛用しているウインドシェルの色があせてきて、さらに度重なるヤブとの格闘でいくつかのほころびが出てきたので一着新調しました。以前使用していたのはモンベルのODジャケットですが、新調したのは結局モンベルのODパーカです。

 

ジャケットとパーカの違いは単にフードがあるかないかの違いです。ソフトシェルやレインウェアはフードがあったほうがよいでしょうが、ウインドシェルは必ずしもなくてもよいと思っていました。ところが低山歩きをしていると、特に冬場は、枝や葉が背中に入ってきて困ります。ヤブコギや倒木をくぐる度にえらい目に遭います。首にタオルを巻いておいてもいいのですが、ちょっと情けないのでフードで対策をしようかと思って今回はパーカにしてみました。

 

ウインドシェルは多くのメーカの製品があります、山用でなくてもタウン用の製品もあります。値段や丈夫さデザインなどいろいろ見比べてきたのですが、コスパ的なことを考慮すると落ち着く先はどうしてもモンベルになります。

 

モンベルのウィンドシェルは正味4種類あります。高級軽量品を除くと、スタンダードな「ウインドブラスト シリーズ」と、生地が丈夫で肌触りが少し綿っぽい「OD シリーズ」です。

※ ODって OutDoor の略だって聞きました。なぜか自分の場合はこの「ODシリーズ」が好みのようで、帽子も、薄手パンツもODシリーズになってしまっています。

 

風防目的ならウィンドブラストで十分です、軽くて、脇下にベンチレーションが設けられています。自分の場合はどうしても生地の丈夫さが欲しかったので、100g 程重いですがODシリーズにしました。

 

 

 

(モンベル)mont-bell ウインドブラスト パーカ Men's 1103242 BK ブラック M

(モンベル)mont-bell ウインドブラスト パーカ Men's 1103242 BK ブラック M