道楽者の詩

写真とカメラ、山登り、ギターをはじめ、日々の私情をつらつらと

岡山県 真庭市(旧勝山町) 谷山川の滝

国土地理院の地形図によると、真庭市(旧勝山町)の谷山川には滝マークが記載されています。一方ネットの滝情報によると、「谷山川の滝」として有名サイトで紹介されていました。多分に洩れず、急斜面を降りていかなくてはならないということなので躊躇していました。

 

じっくりと谷山川にトライしてみようと思ったのは2015年のことでした。

ネットで紹介されている「谷山川の滝」は辛うじて林道から見る事もできます。急斜面を降りて行っても途中からは絶壁で、滝下へは降りられませんでした。改めて下流からアプローチして、なんとか正面から見ることができて一旦終わったのです。

 

斜め上から見るだけに終わった谷山川rの滝

 

後日、改めて下流からアプローチした谷山川の滝

 

 

これで終わったかと思ったら、地形図の滝マークの位置とは大きくずれているのです。滝そのものはネットの写真と同じなので、特定は間違ってないと思うのです。

以前、国土地理院に地形図に記載されている滝マークの記載基準および信憑性を直接電話で尋ねたことがあります。自然相手特有の諸事情もあって、白黒誰もが納得できる明瞭な説明は難しいようです。言いにくい事も教えてもらって感謝しています。しかしこのたびはなんとなく釈然としないので、最寄の集落で直撃取材を敢行しました。

すると「谷山川の滝」と称していたのは地元では「塩滝」(しおたき・しょうたき)と呼ばれていて、さらに上流にはアクセスは厳しいが大きな滝があるということした。

 

どうやら地形図の滝マークはフェイクではなくその「大きな滝」のようなので、滝下に行ってみないといけません。林道からはそれらしい音は聞こえるのですが、全く見えません。探していると、「大きな滝」の落ち口を見つけました。存在を確認したので、意を決してブッシュの中を降りて行って出会ったのがこちらの滝でした。

 

 

f:id:Bluesboy:20180608125525j:plain

二段の前衛滝

 

f:id:Bluesboy:20180608125544j:plain

前衛滝を登ったところにあった大滝

 

この大滝はネット上ではいくら探しても見つけられません、ネットに載せたのはたぶん私が最初ではないかと思います。当時はかなり興奮したものです、本滝だけで20mくらいはあると思ってしまいました。

 

今年になって、友人を案内して二回再訪しました。最初の時の印象とはえらい違って、落差は13mくらいかなという感じでした。「印象」というのは返す返すも当てにならないものです。

案内した百選マスターの滝仙人殿によると前衛滝を含めて三段20mの滝とするのが妥当じゃないかということで、そのように訂正したいと思います。

 

ちなみにアクセスは、地形図に記載されている谷山川の滝マークに向けて、未舗装林道から降りていくだけです。30mのロープがあればより安全でしょう。

 

can1833.blog.fc2.com