道楽者の詩

写真とカメラ、山登り、ジムニー、ギターをはじめ、日々の私情をつらつらと

オスプレー ストラトス 24 抜群の背負い心地

f:id:Bluesboy:20180726231602j:plain

オスプレー ストラトス 24 を購入しました

 

2年半ほどグレゴリーの Z35 を気に入って使っておりましたが、ここのところ浮気病が発症したのか、少し小ぶりのパネルローダーのザックを物色していました。

少し前にマウンテンダックスのソーカー25を買って何度か使ってみたのですが、いまひとつ納得できず、またまた流浪の旅の途中です。納得ならなかったのは背面パネルがクニャクニャになっている事に起因する違和感です。本体も荷物も軽量だからいいだろうとタカをくくっておりましたがダメですね。ですのでしっかりとした背面パネルが装備された、オスプレー ストラトス、グレゴリー サルボ、をリストアップしました。

どちらも山登り用の基本機能は十分満たしている製品です。比較的似たような製品ですが、よくよくみていくとそれぞれに特徴があります。

オスプレーを持っていないのでオスプレーにしようか、はたまた、背面の通気構造がアーチ型を所有しているのでフラットな背面パネルにしようか、などとも考えていました。

 

オスプレー ストラトス とは

オスプレーというのはアメリカのザックメーカーです。ほかのブランドもいくつか試してみましたが、つまるところヨーロッパ物よりアメリカ物がお好みのようです。

ストラトス(女性用はシラス)というのは、背面パネルがアーチ型になっていて背中とザックの間の通気性がすぐれたモデルです。グレゴリーのZやズールと同じようなタイプです。このタイプに共通しているのは、背中がえぐれている分だけ収納力がみかけよりもかなり少ないこと、そして、多くの荷物を入れるといくぶん後ろへ引っ張られる感じがあってバランス的には不利です。その見返りに、背中の通気性は抜群で快適です。

ストラトスの場合は背中に接触する面のクッション性やフィット感は特にすばらしく、背負い心地は極上です。グレゴリーのZは腰の辺りが硬めというかしっかりしている感じですが、ストラトスの感触は非常にすばらしい、ウェストベルトがシームレスということもあって、全体的に弾力性のあるゴムにすっぽり包み込まれる感じです。これは病みつきになりそう。

 

f:id:Bluesboy:20180726231605j:plain

 

その他の特徴は、背面長が調整できるということ、そしてオスプレーお得意の StowOnTheGo が標準装備されているということ。

ポケットはメインコンパートメントの他に前面に縦チャックでポケット、その上部に小さなポケットがひとつ、左右のウェストベルトにコンデジが入る程度のポケット、そして両サイドに500mlペットボトルが納まるメッシュのポケット。

コンプレッションベルトは左右にそれぞれ二本、下側のベルトは、サイドポケットの外側でも内側でも通すことができるという特徴があります。抜かりのない設計です。

 

以前のタイプは色が鮮やかで私好みでしたが、2017年のマイナーチェンジで、色は少し地味になっています。また以前のタイプはウェストベルトが長すぎてきちんと締まりませんでした(却下の主要因)が、改善されています。

 サイズは大まかに、24L/26L と 34L/36L 、そして50Lの3つあります。24L と 34L がパネルローダー、26L と 36L がトップローダーです。トップローダーの容量が2L大きいのはトップリッド(雨蓋)の分かなと理解すればわかりやすいラインナップで、チョイスしやすいです。

  

www.lostarrow.co.jp

 

 

グレゴリーのサルボとは

今回は、形状は何でもいいから背面パネルがしっかりしたタイプの25L前後のパネルローダーを物色しました。もう一つ気になっていたのが、グレゴリーのパネルローダーのサルボ24。ストラトスとサルボは、似たような印象ですが、性格的には結構ちがいます。

 

背面パネルの形状はえぐれはなくてほぼフラットなのですが、独自の機構によって通気性は思ったより良好です。そして収納力は背面がえぐれていない分だけサルボが上です。背負った感触もかなり違います。感触は好みでしょうが、柔らかで背中になじんでくる感じのストラトス、硬めで背中に少し圧を感じるサルボ。私には、明らかにストラトスのほうが好印象でした。

本体重量はサルボの方が200gも軽いのに、剛性やバランスはサルボの方が上です。荷物の少ないお気軽ハイクにはストラトス、より困難な山歩きにはサルボが向いているといえるかもしれません。

サルボは背面長の調整ができないという機能面での弱点があり、人によっては選択の大きな要因になり得るでしょう。

 

www.gregory.jp

 

 

f:id:Bluesboy:20180529131916j:plain

ストラトスとサルボ

 

 

たいていのものは「まずはモンベル」から試してみる私ですが、ザックだけは例外です、というか、モンベルはもう十分試させてもらいました。

 

色は赤にしようかとも思ったのですが、やっぱり青にしました。エクリプスブルーという、少々くすんだ色で鮮やかさがありません。月食という意味があるそうなので、まあしょうがないかなと。

 

タロン22もデザインがかっこよくていいなと思ったのですが、これはチャリダー向きに設計されているようなので、対象からはずしました。軽量でよさそうなのですがね。

 

 

オスプレー ケストレル 28 との比較

オスプレーといえば、縦走用とされるザックの定番、ストラトスともよく比較の対象となる「ケストレル」というのがあります。28L、38L、48L とラインナップされています。全てトップローディングタイプです。前モデルの ケストレル 28L を購入して使った事があるのですが、使用目的がアンマッチだったのか、どうも使い心地がよくなかった。

雨蓋ポケットが小さかった、ショルダーベルトが幅広で首にあたって痛かった、ウェストベルトが長すぎた、ウェストベルトのポケットが小さすぎた、荷物が硬いと背面パネルを通して背中に当たってくる(ストラトスは背面構造から全く気にしなくてもよい)。現在のモデルはいくつか改善されているようですが、気になる細かいことがいくつかありました。

おそらく目的地まで荷物を運ぶ用途ならばよいのかもしれませんが、途中で荷物の出し入れの頻度が多いと案外使いにくいのかも。サイドから内部にアクセスできるチャックが付いていれば便利なんですけどね。

あとは前面のポケットがゴムで使いやすそうですが、ビロ~ンと伸びただらしないケストレルを何度か見かけたことがあって、なんとなく印象が悪いです。加えて丸いプリントロゴ、個人的には苦手です。このロゴは、アメリカでは既に変更されているので、もうすぐストラトスと同じようなロゴの物が店頭にも並ぶでしょう。

 

誤解を恐れず表現すると、ストラトスは日帰りハイキング志向のお気軽初心者向き、ケストレルは泊りや積雪期も想定した本格派向きといえるかもしれません。そういう意味では、ケストレルなら 28L よりも しっかり詰め込める 38L のほうがよいでしょう。

 

f:id:Bluesboy:20180726234813j:plain

ストラトス、いいっすよ

 

 

 

 

 

 

 自前の装備を実際に詰め込んで、収納力を確認してみました。 

bluesboy.hateblo.jp

 

その後・・・

bluesboy.hateblo.jp