道楽者の詩

写真とカメラ、山登り、ジムニー、ギターをはじめ、日々の私情をつらつらと

そろそろ冬支度、モンベルのフリース、トレールアクション と クリマエア

f:id:Bluesboy:20181113183256j:plain

トレールアクションパーカ と クリマエア ジャケット

 

暖かい日が続いた今年の秋ですが、そろそろ寒くなりそうです。寒いとき、動いている時はフリース、じっとしているときはダウン、というのが一般的ではないでしょうか。

フリースで所有しているのは、モンベルのシャミースという最も薄いタイプです。ジオラインMW と シャミースジャケットとライトシェルパーカーで、伯耆大山の残雪期は十分です。

ダウンは持っていませんが、インシュレーション物という意味では化繊のULサーマラップを持っています。でもほとんど使っていません、寒けりゃ動け、というタイプなので。

 

今回は冬物衣類の充実を目指してモンベルに行って来ました。事前に調査した限りでは、クリマプラス100 のフリースジャケットを買うつもりでした。しかし実物を見たら気持ちは変わりましたね。支払額も大きく変わりましたが。。。

 

モンベルのフリースのラインナップはこんな感じです。クリマプラス100が中央にあるので、まあこんなもんかな、私の住む地域ではあまり高級品でなくてもいいだろうと思っておりました。

 

f:id:Bluesboy:20181113191013j:plain

 

webshop.montbell.jp

 

クリマプラス100 とか クリマプラス200 は確かに暖かいのですが、分厚い。ユニクロのフリースみたいな印象です。着た感じは悪くはないので、部屋着としてはいいでしょうね。機能は満たしていると思いますが、山歩きの行動着としてはどうかなという印象を持ちました。

改めて使用場面を考えると、中国地方の雪山、そして晩秋~早春までの雪のない冬場に着て歩けるものを探しています。一着で済ませる事ができれば都合がいいのですが、売る側もいろいろ考えてきています、機能的に細分化して製品開発をしています。

 

私がウロウロする中国地方の雪山であれば、今のところ、ジオラインMW+シャミースジャケット+ライトシェルパーカで何とか間にあっています。気になるのは、シャミースとライトシェルの相性があまりよくないということ、シャミースの表地とライトシェルの裏地の摩擦がありすぎて、腕伸ばしがあまりよくありません。ということで、以前から好評を聞いていたトレールアクションパーカを購入しました。比較的薄く、伸縮性があり、それでいて暖かい、もちろんライトシェルとの相性もよい。加えて、フードを被ってジッパーを上げるとバラクラバになります。他のブランドであれば2倍以上しそうな性能で、コスパの良いモンベルにあって屈指のコスパが高い製品です。気に入った色がなかったので躊躇していましたが、アイボリーで手を打ちました。

 

これだけで終われたらよかったのですが、見ただけで一目惚れ的に気に入っていたクリマエアジャケットも一緒に買いしました。モンベルの店員さんは、商品知識として頭だけで判っている人と、実際に使い比べて体感している人がいて、後者の方のご感想は無視できません。使っている人は、「いろいろ使ってみたけど、クリマエアがええよ」と仰せになります。「最も通気性がよい」という能書きからは、素人は「それだと寒いじゃないか」と思ってしまいます。しかし、風がある時はウインドシェルを着れば内部は暖かく、暑くなればウインドシェルの前を開けば汗を放出して蒸れずに快適という話です。要は行動着として優れていると理解して、見た目も気に入っていたので購入しました。

 

クリマプラス100 は室内や街ではいいかもしれませんが、山歩きにはあまり向いていないという印象を持ちました。山歩きの行動着として買うなら、クリマエアがよろしいです。

 

ちなみにライニング(裏地)のあるものは通気性が悪くなります。部屋・街での使用が目的ならライニングがあったほうがいいかもしれませんが、汗をかくと蒸れるので山歩きには向きません。シャミースを部屋で着てじっといたらあまり暖かくないのですが、ライニングがあれば少しは違うのでしょう。

山歩き用の衣類はファションではありません、道具です。とはいっても人が多いところでは、かぶる事が多いのでモンベルよりは他のブランドいいかも。でも山歩きをしないで街や部屋で着るのであれば、ユニクロのほうが安くていいかもね。

  

(パタゴニア)patagonia M's R2 Jkt 25138 BLK M

(パタゴニア)patagonia M's R2 Jkt 25138 BLK M

 

 

 

 

yamahack.com