道楽者の詩

写真とカメラ、山登り、ジムニー、ギターをはじめ、日々の私情をつらつらと

モンベルの山シャツ、ウイックロン いろいろ

モンベルのトップスの素材によく使われている機能素材「ウイックロン」、いくつかの種類がありまして、カタログには丁寧な説明が書かれています。

 

f:id:Bluesboy:20190317230427j:plain

 


でもね、使って体感してみないと判らない、文字を読んで擬似体感する事ができないのです。ということで、ウイックロン オリジナル、ウイックロン ボーダー(編み上げ方が違うそうです)、ウイックロン クール、ウイックロン ZEO、ウイックロン ZEO サーマル、ここまで全部入手することになりました。

3~4年前までは、トップスもボトムスもサイズはLで大丈夫だったのですが、現在はトップスはMのほうがフィットします。Lだとダボダボでかなり不恰好になってしまいました。概して体にフィットしているほうが、汗を吸ってもらいやすいし、小枝に引っ掛かることも減るし、風でばたつくこともありません。そんなわけで、ただ今LからMサイズに買い換えている途中です。

ボトムスのほうもMのほうが体に合うものが増えて来ていまして、ちょっと困っています。

 
 

ウイックロン オリジナル 

f:id:Bluesboy:20190319100542j:plain

モンベル ウイックロン ラグラン Tシャツ

丸首ラグランシャツの半袖と長袖を所有しています。ウイックロンのオリジナル素材は、案外暑い、風通しが悪いのかもしれません。かといって保温性があるわけではないので、冬にミドルとして着ても寒さは和らぎません。ウイックロンのオリジナルは半袖にしておくのがよいと思います。

 

 

ウイックロン ボーダー

f:id:Bluesboy:20190319100659j:plain

モンベル ウイックロン ボーダー

糸そのものはウイックロンオリジナルらしいですが、風通しがかなり良いです。編み上げ方が違うということです。ボーダーシャツは好みに寄るでしょうが、通気性のよい機能的なシャツです。同じ生地で、ボーダーでないデザインだともっと需要があると思うのですがね。ボーダーはどうしてもファットに見えてしまうということで、敬遠される場合も多いと聞きます。

 

 

ウイックロン クール

f:id:Bluesboy:20180709213016j:plain

モンベル ウイックロン Cool

風通しもよく、ひんやりした感触があるということです。実際ひんやりした感触があるのは確かです。しかしながら、これを着るのはクソ暑い真夏なので焼け石に水という感じ。夏の炎天下、残念ですが「ひんやり感」を感じることは不可能です。行動中は汗の乾きも追いつきません。

 

 

ウイックロン ZEO

f:id:Bluesboy:20190317223054j:plain

モンベル ウイックロン ZEO

この素材の感触は化学繊維感が強いと感じるかもしれません。でも、すべりというか手触りがとてもよく、ウイックロンシリーズの中ではこれが一番好きです。カタログに寄ると、保温性が高いので春や秋にお勧めとのことです。厚みは薄いし通気性がよいので、適切な時期は個人差がありそうですが、どなたにも使いどころはあると思います。

 

 

ウイックロン ZEO サーマル

f:id:Bluesboy:20190317223120j:plain

モンベル ウイックロン ZEO サーマル

ジオライン3Dサーマルの後継とされる製品です。他のウイックロンと比べると明らかに生地の厚みはあります。

前モデルのジオライン3Dサーマルは山歩きを始めて最初に購入してよく使い込みました。手触りその他、似たような感じです。

 

 

★ 丸首とハーフジップとフルジップ

多少重くなりますが、行動着としてはフルジップシャツが使いやすいです。フリースジャケットとZEO サーマルがそれにあたります。丸首シャツは温度調整が難しいので、インナーとして使うのがベターかなと思います。

 

 

数あるウイックロンの種類の違いは、気持ちの問題に近いような気がしないでもありません。まずは、春秋用にウイックロンZEOを使ってみてはいかがでしょうか。

 

ほかにもメリノウール素材のシャツがありますが、試してはいません。メリノウールのアンダーシャツに大きなアドバンテージを感じていないというのが理由です。ほかには、いわゆる山シャツといわれるボタンダウンのシャツもありますが。こちらは伸縮性がないという理由で試していません。

 

山シャツあれこれ