道楽者の詩

写真とカメラ、山登り、ジムニー、ギターをはじめ、日々の私情をつらつらと

モンベル ストライダーパンツとサニーサイドパンツ

f:id:Bluesboy:20190525184856j:plain

ストライダーパンツ と サニーサイドパンツ

モンベルのパンツは6種7本所有しています。気に入るものもあれば、いまひとつという印象のあるものもあります。その中で定番商品とも言えるであろう、薄手のサニサードパンツと中厚手のストライダーパンツの使用感をレポートします。

 

どちらも立体裁断なので足は動かしやすい、比較的よく似た位置づけの製品だと思います。すべては「好み」という事になりますが、ごく個人的な都合も含めた使い心地はサニーサイドパンツのほうが少しよい感じです。

 

ストライダーパンツは質感がしっかりした中厚手の生地で、ちょっとしたスノートレッキングでも使用可能ですし、少々のヤブ山でも全く問題ありません。

サニーサイドパンツは薄手に分類されていますが、尻と膝周りは二重にして補強されていますので、薄手と中厚手の中間という印象です。薄手のパンツは、ベーシックなODストレッチパンツを普段使いで愛用していますが、サニーサイドパンツと比べて尻回りの補強に安心感を感じます。一般的な使用であれば不足感はありません。

 

特徴的にはそんなところですが、両者の一番の違いは、生地の質感や丈夫さではなくストレッチ性能です。

 カタログスペックを見ると、生地には下記のような違いがあります。

・サニーサイドパンツ=ナイロン94%+ポリウレタン6%

・ストライダーパンツ=ポリエステル100%

 

生地の丈夫さは多少劣るようですが、ストレッチ性能は明らかにサニーサイドパンツのほうが優秀です。体感的にはどのくらいの違いがあるのかというと、自分の場合、同じMサイズで使い比べて、ストライダーパンツは少々タイトできついのですが、サニーサイドパンツは楽です。特にしゃがんだ時の腹や尻周りの圧迫感は全く違います。また、尻ポケットの使用感も全く違いまして、ストライダーパンツの尻ポケットには薄いものしか入れられません。

どちらのパンツも楽に履けるのであれば話は別ですが、自分にとってはかなり大きな違いだと感じました。

 

その他の微妙な違い ---

ポケットの数は4つで同じですが、位置が異なります。サニーサイドパンツはスタンダードに両腰に二つ、両尻に二つです。ストライダーパンツの左尻にはポケットがない代わりに、左腿にインナーカーゴポケットがあります。このインナーカーゴポケットは、個人的にはただでさえ腿に圧迫を感じるうえに、よほど薄いものしか収納できないので、必要性を感じないポケットです。使い方を知らないだけかもしれませんが、邪魔なだけです。というわけで、ポケットに関してはサニーサイドパンツのほうが好きです。

ポケットの開口部は、ストライダーパンツはチャックがむき出しですが、サニーサイドパンツは小さなカバーがあります。この点でもサニーサイドパンツのほうが好みです。

「モンベル」のロゴの位置が違います。ストライダーパンツは右尻のポケットの上、サニーサイドパンツは左腿。これについては機能には関係がないのでどっちでもいいですが、目立たない分だけストライダーパンツのほうがスキかな。

値段は1500円ほどサニーサイドパンツのほうが安い、生地の違いでしょうかね。でも、決定的な価格差ではありません。

 

サニーサイドパンツの残念なところは黒色がないってこと、薄手で暑い季節向きということで濃い色は避けたのでしょうかね。