道楽者の詩

写真とカメラ、山登り、ギターをはじめ、日々の私情をつらつらと

ホタル撮影 ゲンジボタルとヒメボタルを同時に写し込む

f:id:Bluesboy:20170718151219j:plain

 

今年最後のホタル撮影です。

 

時期的には、ゲンジボタルが先に飛び始めます。そしてゲンジボタルの季節が終焉を迎えはじめた頃からヒメボタルが飛び始めます。

場所的には、ゲンジボタルは水辺に生息し、ヒメボタルは山の中に生息しています。

ですので、ゲンジとヒメは同じホタルであっても、同じ時期に同じ場所を飛びまわっているのは普通ではありません。普通ではありませんが、全くないわけでもありません。同時に飛び回る光景を見ることは、一般的には珍しい光景ですが、何年か追い回していたり詳しい人に連れて行ってもらえばさほど困難ではありません。

ヒメボタルが乱舞する時刻になると辺りは真っ暗になります。こうなると、景色どころか光跡以外は何も見えません。隣にいる人も確認できないような状況で、上のような写真は非現実的な光景です。約60分の露光から25分ほどを選択して仕上げています。

 

ゲンジホタルとヒメボタルが飛び回る光景を見るにはいくつかのハードルがありますが、撮影になるとそれとは別に難儀なことがあるのです。

今回はヒメが飛び始めるには少し早いかもしれないということなので、一旦はゲンジをメインにしてカメラを構えました。しかしわずかであってもヒメが出たとすれば、それを写し撮れないのはもったいないということで、セッティングを変更しました。欲というかスケベ心が出てくるのは責められたとしても押さえられるものではありません。

 

両方撮るにはレンズは何を使うか、露出(絞りと感度)はいくらにするか

ゲンジボタルの光跡は iso1600/F4 で写せますが、ヒメボタルは iso1600/F1.4 が必要です。三段違うわけです。だったら「大は小を兼ねる」で、直感的にはヒメボタルの露出にあわせればいいじゃないかと思うわけですが、問題があるのです。

まずはヒメボタルを撮るには露出以前に開放撮影が必須です。開放でないと光跡が綺麗な丸にならず、絞り幕が影響した多角形になってしまうのです。

ゲンジボタルを撮影する場合、絞りを開けば光跡は太くなりキレのない光跡になってしまいます。ですのである程度は絞りたいのですが、ヒメボタルを優先すると絞れません。

あとは画角です、単焦点で撮りますからどこからどの画角で構えるのかは重要です。まして初めての場所でしたらどうしても広めに構えたいものです。しかし広角レンズを使うとヒメボタルの光跡は貧弱なものになります。レンズの目の前を飛べばラッキーなのですがそれは出たとこ勝負です。

手持のレンズは 28mm/F1.8、35mm/F2、50mm/F1.4、85mm/F1.8、この中から、思い巡らして選択したレンズを APS-C とフルサイズのカメラに装着します。思案した結果、今回は APS-C のカメラに 28mm/F1.8 を装着し、ヒメボタルが飛ぶであろう場所の近くで、ゲンジボタルが飛ぶであろう場所から離れたところに構えました。画角は 44mm 相当ですが、ボケは 28mm のままです。

露出は iso1600/F1.8 に設定しました。

ゲンジの入水自殺らしき光跡も撮れてよかったのですが、思案の甲斐なくゲンジの光跡は太くて色も飽和気味です。やっぱりうっとうしい感は否めません。

 

だったら、ゲンジの光跡は削除しちゃえ

というわけでゲンジの光跡を除去して、ヒメボタルの光跡に少々お化粧をしてみたらこうなりました。こうなると今度は背景のごちゃごちゃ感が目立ってきて、なかなかすっきりした写真にはなりません。

ゲンジを除去するくらいなら、最初からヒメボタルメインで構えておくべきだったのです。

 

f:id:Bluesboy:20170718162750j:plain

 

ゲンジボタルを撮るのなら F2.8 通しのズームレンズだけでもOK、ヒメボタルを撮るのなら F1.4 の単焦点が望ましい。50mm/F1.4 は所有していますが、24mm、35mm の F1.4 のレンズにはなかなか手が出ません。でもヒメボタルを撮るなら、F1.4 が三本くらいはあったほうが楽しめます。

35mm F1.4   50mm F1.4

 

 

 

スローシャッター・バイブル2 (玄光社MOOK)

スローシャッター・バイブル2 (玄光社MOOK)

 

 

bluesboy.hateblo.jp

 

bluesboy.hateblo.jp

 

bluesboy.hateblo.jp

 

bluesboy.hateblo.jp

 

低山山歩き、使いそうで使わない道具

f:id:Bluesboy:20170626013823j:plain

 

いろいろな場合を想定して小道具をそろえてきましたが、案外使わないものがあります。使わないから携行しなくてもいいモノと、使わなくても携行しておかないといけないものがあります。

自分の場合はちょっと悪い癖があります。備えあれば憂いなしということで、ついつい備えすぎて憂いてしまうということ。そして、使う使わないに関わらず、準備が出来ただけで満足してしまうことであります。

 

携行しても使わないもの

1.双眼鏡:

景色を見るために山に登っている割には全く使わない。そもそもザックを下ろして取り出す行為そのものがめんどくさいみたい。

 

2.座るときに使う尻敷きマット:

濡れているものの上に座るときなどは便利といわれて入手しましたが、全く使いません。そもそも雨が降りそうな時とか、雨が降った直後で足元がよくないときには山登りしない。それでも雪の時には使うかと思っていた。それでも使うことはない、雪の上の座ることはない。

 

3.折りたたみ傘:

これまで一度しか使っていませんので、長いアスファルト道の移動があるとき以外は降ろすことにしました。

 

4.スパッツ:

雪のときは最初から装着します。途中から使うという場面はこれまでありません。

 

5.ミニ三脚:

自分撮りはしないし、使いそうで使いません。

 

6.コンパス:

愚息から借りている本格的なコンパスです。使い方は知っていますが、iPhone / FielsAccess でまにあっていて、紙のマップともども必要な場面はありません。

 

7.予備の靴紐:

幸いなことに必要になった事がありません。日帰りに限定すれば、切れた二本で二箇所を結べばしのげないことはないような気がします。

 

 

使わないけど携行しておきたいもの

1.カッパ:

これは携行しないわけにはいきませんが、使ったのは2年で一回だけ。

 

2.消毒薬、痒み止め、カットバン、キネシオテープなど:

幸いに怪我をすることがなかったので、これまで一度も使っていません。

 

3.ヘッドライト:

ほとんど使ったことがありませんが、これも携行しておかないといけません。

 

4.モバイルバッテリー:

幸いなことに、これまで一度も使ったことはありません。

 

5.サングラス:

めがねが壊れたり紛失したら非常に困るので、予備の意味も含めて度入りサングラスを携行していますが使った事がない。そもそも偏光フィルターが施されているサングラスで写真を撮ろうとすると、カメラの液晶が真っ黒になる。

 

 

正直な話、ザックの中のものは使わないものの方が多いみたいです。

参考書やネット情報にある「あったほうがよいもの」をまともに受け止めると、不要なものまで買ってしまうことがあるので、自分が必要と感じてから入手してもいいと思います。

 

久々のホタルの撮影 ヒメボタル

f:id:Bluesboy:20170713142030j:plain

 

ホタルの撮影はもうそろそろ卒業しようかと思っておりましたが、お友だちの誘惑でいとも簡単に引き戻されてしまいました。蛇の道は蛇と言っていいのかどうか微妙なところではありますが、上級道楽者殿には貧乏道楽者のことはお見通しというところでしょうか。

 

bluesboy.hateblo.jp

 

ヒメボタルの撮影には iso3200 に十分耐えうるカメラと、F1.4(暗くてもF1.8)のレンズが必要です。丁寧に使ってきているのですが、カメラのセンサー上にはホットピクセルという赤い点が目立つようになりましたので、長秒露光はもう諦めようと思っていたところでした。

 

このたびは何とか工夫して、現有機材でなんとか頑張ることにしました。具体的には、露光時間の調整と、ダークフレームを使った減算処理と、コンポジット後に Photoshop でせっせと後処理に勤しむということです。金はなくても時間はなんとかなります。

 

さて、10年前はヒメボタルの写真は珍しい部類だったかと思いますが、最近ではネットで探すのに苦労はしません。多くの写真を即座に探し出せます。趣味で撮っている人が多いと思うので、趣の異なるいろいろな写真が出てきます。

しかしながら上にアップした写真も含めかなり現実離れしていますので、ネットの写真のような光景に遭遇できるのかと期待してはいけません。興味があれば、是非一度ヒメボタルの飛翔現場をそっと観察していただけたらと思います。

撮影者(アマチュアカメラマン)が多い撮影現場であれば、会話の内容も人それぞれですので、自分でしゃべるより聞いているほうが興味深い場合があります。

 

 

bluesboy.hateblo.jp

 

私は、「撮りたいときに、撮りたい場所に行って、撮りたいものを撮りたいように撮る」、あとは成り行き任せという主義です。

天候がすぐれず、湿度も高くてクソ暑いこの時期(6~7月)、山登りは出来ません。さらには、寝るのは朝で起きるのが正午前後というのが日課の私には、ホタル撮影は都合のよいタイミングです。来年はシーズンのっけから頑張ってみることにしようかな。

 

スポンサーリンク