道楽者の詩

写真とカメラ、山登り、ジムニー、ギターをはじめ、日々の私情をつらつらと

山歩きの帽子、いつの間にか増えてしまった

f:id:Bluesboy:20200220000038j:plain

ハットとキャップ

 

あ~でもない、こ~でもないと注文をつけていたらいつの間にか帽子が増えていました。

 

手前のハット:白いのはアマゾンのNobland、右はモンベルのODストレッチハット

 

奥のキャップ、

  右の白・グレー・青はアマゾンのNoBlandで色違い、

  一番左上の白いのはZETTの野球帽、

  赤いのはダイソー(百均)、

  紫色はモンベルのODワークキャップ。

 

 山登りでは必須といえる帽子ですが、どれがよいのでしょうか?、

答えは簡単、正直なところ好みでしょう。特に他人の意見を気にすることはないと思います。私の好みは、基本的にハットよりもキャップ、色は白か明るめのグレーです。そして頭のてっぺんから熱気が逃げるようなタイプのメッシュタイプがよいです。横側がメッシュになっているのは、効果がないとは申しませんがいまひとつです。

 

以前は綿の帽子が好きでしたが、今はポリエステル100%がよいと思っています。

被り心地が一番いいのはモンベルのODワークキャップ、でもこれは色が濃いのばかりで、メッシュじゃないので暑い。

メッシュの帽子は、ランニング用途なのか軽い代わりに深さが浅く前面(額の部分)が丸い。かといって前面が立っている野球帽のフォルムは好きなのですが比べると重い、そして深さが深いのはいいのですが、庇がめがねのフレームと干渉して都合が悪い。

 

総じて一番使いやすい、というか、つい手が出るのはアマゾンの NoBland のキャップです。

 

       

 

 

f:id:Bluesboy:20200220000059j:plain

左:NoBland、右:ZETT

好みとはいっても、すべてをかなえてくれるものはありません。

 案外ランニング用の帽子が軽くて涼しくていいのかもしれません。まんまランニング用って言うのはダックビルと称するアヒルの唇みたいな形の庇なので抵抗があります。adidas あたりの製品がいいのかもしれません、もう少し調査してみるつもりです。

 

 

 

足首や膝の補助にテーピング(キネシオテープ)

f:id:Bluesboy:20200204172004j:plain

アマゾンのキネシオテープ

 

山歩きをしていると足首や膝を痛めることがあります。傷める前の予防や痛めた後のケアなどで、テーピングをします。テーピングの目的は固定(制限)と補助(補強)がありますが、私はもっぱら補助ということで、伸びるキネシオテープを愛用しています。

極力使用しないようにはしているのですが、痛めた時には仕方がないですね。

 

サポーターとテーピングの併用もしておりまして、足首は靴のフィット感向上の目的もあって、常時サポーターをしています。なぜか右足の足首は痛めやすいので、不安な時はテーピングをする事がありますし、適当な長さに切って足首用のテープとして常時携行しています。

ふくらはぎは肉離れの危険性があるので、サポーターで締め付けています。

 

そして膝なのですが、1月初旬に痛めました。山歩きはやめずに様子を見ていました。普段の生活に支障はないのですが、回復の兆しが見えません。仕方がないので2月にはいって二週間程度は山歩きは自粛しようと思っています。天気がよくなってきているので残念ですが、仕方ありません。そして両膝には、テーピングをするようにしようかと思っています。膝用のサポーターは所有していますが、長い時間歩いているとずれてきます。総じて山歩きに、膝サポーターは不向きと感じています。

 

足首にサポーター、ふくらはぎにもサポーター、腰にはコルセット、そして膝にテーピングです。情けないというか、そこまでして山歩きをする事もないとは思うのですが orz

 

 

テーピング用のテープにはいろいろな種類がありますが、私はアマゾンで売っているキネシオテープを使っています。ここ数ヶ月売り切れていましたが、リニューアルして販売されていました。上の写真でアルファベット表記になっているのが新バージョンです。

 

種類は14種類もあるようです。私は、5cm幅で、長さは32m(一巻)、粘着性の高いスポーツタイプを使用しています。7cm幅を使ったこともありますが、用途が足首と膝であれば5cm幅のほうが使いやすいです。

 

f:id:Bluesboy:20200204175520j:plain

 

 

 

田中陽希さんが、グレートトラバースで膝用として使用されているのはニューハレのVテープです。お値段は張りますが、一度は使ってみたいものです。その上で、自作できるなら自作してコストを下げていくのがよいでしょう。10cm幅の伸縮率60%のテープ(ニューハレ AKT)を巻きで買えば、簡単に自作できます。

かなり目立つ色で、かなり目立つ部位ですから、宣伝のために支給されているのかもしれませんが、やはり効果はあるのでしょう。彼ほどハードな行動ではなくても、一般人の貧弱な体には有効でしょう。

 

 



 

腕時計は軽くて薄いのがよい、チプカシを新調

f:id:Bluesboy:20200204160307j:plain

四本目のチプカシ

 


久しぶりにチプカシを追加購入しました。新調したのは気分転換と、現在使っている白いチプカシの防水が少々怪しくなってきているからです。普段の使用ではまったく問題ないのですが、水の中に手を突っ込んでいたり、大汗をかいたときには、多少内部に湿気が侵入しているようです。自分で電池交換していますので、そのときに下手をしたか、パッキン関係が弱くなってしまっているのでしょう。

 

すでに3本所有しているチプカシのうち、ブルー板のものは残念ながら視認性が悪いの、で電池切れのまま放置しています(カッコいいけど失敗)。薄い黄色のものは、ジムニーのハンドルに巻いて車載時計として使用しています。炎天下に車内に放置していても壊れていません。そして白い板のものは、普段山登りで使用している時計です。

普段の生活ではおろか、長年のサラリーマン生活でも腕時計は使用していませんでした。腕時計をするようになったのは、山歩きを始めてからです。何も腕に時計をはめるまでも、時刻はカメラやスマホでも知ることはできるのですが、やっぱりアナログが見やすいのです。

 

時刻を知るだけならデジタルでもアナログでも構いはしないのですが、残り時間を把握するにはアナログの方がより直感的です。特に疲れているときなど、計算なんかしたくもないですからね。また使用目的からして、2~3分のズレなんか全く気にもなりませんので、調整もほぼ不要です。デジタルだと、ボタンの使い方を忘れたり、勝手にボタンが押されたりしていてうろたえることがありますので、調整不要というのはありがたいです。

欠点はただひとつ、バックライトがないので暗いところでは見えないということ、この点だけはデジタル時計が羨ましいです。仕方がないので、暗い時はスマホで使ってしのぎます。

時計のアラームは使いそうで使いません。ショルダーベルトに引っ掛けているスマホには、一時間おきにアラーム登録をしています。普段は全部オフにしていますが、必要と思う時は、必要な時間の部分だけオンにして運用しています。15〜16時くらいは元気の出る曲とか、アラーム音(曲)は24種類全て異なる曲にしています。

好みはありましょうが、道具は「できる」と「使える」は違うのです。

 

ちなみに、時刻のほか標高や気温などは言うに及ばず、マップやログ、心拍数や血圧まで測定・記録できる多機能で頑丈な時計もあります。あったら便利な機能だということを否定するつもりはありませんが、値段や重量や厚みや大きさまで考慮すると使いたいとは思いません。アナログのチプカシの重量は20g、バッテリーの持ちは約2〜3年(自前で交換可能)、お値段は1000円前後と非常にリーゾナブルなのです。ちなみにデジタルのチプカシのバッテリー(CR2016)は7年という話です。 

 

 

 

SONY(ソニー) SR626SW(377) 5個入 時計用電池 海外パッケージ

SONY(ソニー) SR626SW(377) 5個入 時計用電池 海外パッケージ

  • 出版社/メーカー: Sony
  • メディア: その他

 

 チプカシ(アナログ)の電池交換

 

 

いずれはこれも買ってしまいそうなデジタルのチプカシ。バックライトを使うつもりならF-105W-1Aがよいです。貧弱なライトでもよいというのなら、元祖チプカシ、定番のF-91Wで良いと思います。

[カシオ] 腕時計 スタンダード F-105W-1A ブラック

[カシオ] 腕時計 スタンダード F-105W-1A ブラック

  • 発売日: 2007/09/05
  • メディア: 時計

 

 チプカシ(デジタル) の電池交換

 

 

 

 

NATOベルト交換