道楽者の詩

写真とカメラ、山登り、ジムニー、ギターをはじめ、日々の私情をつらつらと

娘の誕生日に登場したケーキ

娘の誕生日に、自ら買ってきたアイスケーキがこれ

 

f:id:Bluesboy:20190822212119j:image

 

なんじゃこりゃ、ピカチューですじゃ。

 

 

おっと愚妻が刃物を取り出して

 

f:id:Bluesboy:20190822212234j:image

 

やるのか?

 

f:id:Bluesboy:20190822212326j:image

 

名刀長船?で、すっぱりといきました。

 

f:id:Bluesboy:20190822212428j:image

 

あ〜あぁ、ズタズタですじゃ、南無アーメン。

 

ちなみに年齢は、四捨五入で三十路でございます。

ケーキは3500円也。。。

 

 

 

家人の誕生日にはケーキを買ってきて皆で分け合って食べるというのは我が家の恒例行事でして、年に5回、8月には2回あります。

 

そもそもは愚妻たっての希望でして、ケーキを食べる正当な理由にはうってつけだということらしいです。こちらも反対する理由はありません。第一子の最初の誕生日からですから、かれこれ30年近くになります。

 

ケーキは美味かったです、

酒は全く飲めない私も、飲んでもまったく酔わないので酒は水と同じと豪語する愚妻も、そこそこの甘党です。

 

 

ポケットモンスター ポケモン ぬいぐるみ 1/1ピカチュウ 高さ約40cm

ポケットモンスター ポケモン ぬいぐるみ 1/1ピカチュウ 高さ約40cm

 

サザック フリース着ぐるみ ピカチュー 110cm TMY-023F

サザック フリース着ぐるみ ピカチュー 110cm TMY-023F

 

-- この記事は iPad で作成しました。

 

ディスコンになりそうな 無印 iPad 9.7 を買ってきた

f:id:Bluesboy:20190820031558j:image

 

何を今更、発売されて一年半もたって枯れそうな iPad を買ったのか、バカというてくだされ。iPad を買うのは初めてなのですが、職場では初代iPadを使ってご年配の方に操作方法を説明していました。なので基本的なことはわかります。アキバのバッタ屋でしたらいくらか安く買えたのですが、このたびは太っ腹 AppleStore で定価で購入しました。小遣いじゃなくて家計費からでしたので。。。

 

OSはiPhoneと同じくiOS12.4です。9月か10月には新しくiPad専用のOSがリリースされることが確実で、同時に無印のiPadは新型が発表されるという噂があるにもかかわらず、その前に4万円で買えるうちに買っておきたかった。

iPad専用の新OSは、無印iPadの第5世代から対応すると聞きます。今回購入したのは第6世代ですので余命はもうしばらくありそうです。そして新型の無印iPadにはCPUはA11が搭載され、価格は5万円と予想しています。現行第6世代の無印iPadのCPUはA10でiPhone7と同じものです。上位機種のiPad ProやAirにはA12が搭載されています。ソフトバンクの店頭でデモ機を触って比べてみて、色々考えて、ディスコン間際の第6世代の無印iPadを購入しました。使用感としては、YouTubeで見る動画が多少スムーズにないことがありますがまあ許容範囲です。

 

もともとiPadの設計思想には複数人で使い回すことは想定されていません。愚妻が自分のiPadが欲しいと言い出せば締めたもの、そのときが私にiPadProが手に入るタイミングなのであります。

 

 

 

さて今回の購入目的は、

このようなスケベ心だけではなく、

真面目な目的もあります。

 

 

その1:現在デスクトップパソコンで行なっていることが、iPadでどのくらい置き換えることができるか体感して確認したかった。

現在使用しているデスクトップパソコンは、2008年に組み立てたもので今年で12年目。恥ずかしながらOSはWinXPでして、動作は鈍くなりいつ壊れても文句は言えない状況です。さらにはソフトが対応していないのでカメラも買い換えられませんし、YouTubeには再生できない動画もあります。そんなものだから、見辛い上に操作しにくくてもYouTubeはスマホに頼りがち。パソコンのOSを立ち上げるのも面倒なので、ニュースや検索などのウェブもスマホに頼りがち。

 

もうダメと言い続けていく年月、パソコンリプレースの稟議が通りません。と同時にパソコンを使うのが少々面倒になってきた。回転式のHDDに気を使うのも、OSが立ち上がるまで待つのも鬱陶しくなってきた。さらにはphotoshopでの画像編集なんかももう飽きてきています。

以前は12時間くらいなら、パソコンのモニターとにらめっっこしていても平気でしたが、最近は根を詰めての長時間は辛い。

 

なので、できればパソコンでやってることを全部iPadでできたらいいなあと思うようになってきたのです。アウトプットのクオリティーが少々下がっても、手順が少々煩雑になったとしても、お気楽なのがよいです。

 

 

その2:せめて家の中にいるときは、スマホは本来の通信機に専念させたいと考えた。iPadでどのくらいスマホから置き換えられるのか試したかった。

ということで、ブラウジングとYouTubeを主目的に、それ以外のことはお試し程度で良しとして、とりあえず使ってみたかった。この目的は簡単に達成され、愚妻も興味を示してきた。

テレビを見ながら、飯を食いながら、何かの話のついでに即起動できてネットアクセスできるのは非常に便利です。スマホでいいじゃないかと言われそうですが、高齢者にとっては、スマホは操作しにくい、視認性が低いで、とてもストレスがあるのです。

さらに順次スマホでやってることをタブレットでもやってみたいと思います。

 

 

次の記事では、自分の場合だけになりますが、パソコンやスマホで行なっている事が、どのくらいiPadに移行できるか考察したいと思います。

 

 

 

iPad Wi-Fi 32GB - スペースグレイ (最新モデル)

iPad Wi-Fi 32GB - スペースグレイ (最新モデル)

 

Apple iPad Air (10.5インチ, Wi-Fi, 64GB) - スペースグレイ (最新モデル)

Apple iPad Air (10.5インチ, Wi-Fi, 64GB) - スペースグレイ (最新モデル)

 

iPad mini Wi-Fi 64GB - スペースグレイ (最新モデル)

iPad mini Wi-Fi 64GB - スペースグレイ (最新モデル)

 

 

祝 渋野日向子 全英女子オープン 優勝

f:id:Bluesboy:20190805041006j:plain

 

えらいことが起きてしまいました、

地元からゴルフのメジャー大会の優勝者が出ました。

 

全英女子オープンは、毎年イギリスで開催されるゴルフのメジャー大会です。メジャー大会での優勝は、男女を通じて樋口久子さん以来、42年ぶり、二人目のゴルファーは渋野日向子さん。プレー中の樋口さんは鬼の形相でしたが、渋野さんはスマイリー、対照的です。

大坂なおみクラスの活躍した渋野プロは、昨年プロデビューしたばかりの20歳の新人です。

 

これは快挙を飛び越えて、驚き以外の何物でもありません。何より出身中学校が私と同じだということ、いわゆるご近所さんということには二度驚きです。この中学校は1学年2~3クラスの田舎の小さな中学校です。

愚息の同級生だというブルゾンちえみにもびっくりしたのですが、今回はその比ではありません。

渋野さんは、お名前から察すると、おそらく隣の隣村の出身ではないかと思います。どうやら三姉妹らしく、妹さんのことはネット検索でヒットします。県内の最難関の公立高校に通われているそうです。お姉さんの情報はないようですが、お姉さんと同級生のうちの末娘によりますと、おとなしい秀才だそうです。

 

田舎の岡山では駅前で号外が配られ、県知事も緊急記者会見を開く始末。女子サッカーがワールドカップで優勝して以来の大騒ぎになりそうな予感がします。

ワイドショーで取材されていた駄菓子屋は、50年前から小学校の目の前にあり、昨年の西日本豪雨では水に浸かっていると思います。私は中学生の時は野球部員でして、その駄菓子屋の大将が野球部の監督でした。

ゴルフ練習場にも取材が入っていました。中学校のすぐそばにも広い練習場はあるのですが、通っていたは少し遠いパルっていう吉井川沿いにある練習場。この練習場には、実は私も愚息を連れて通っていたのですがねぇ、ええ事にはなりませんでしたね。

高校はサッカーで有名な作陽に進学したようですが、作陽はゴルフも盛んです。

 

所属は地元岡山の放送局のRSK山陽放送です。帽子やウエア、そしてキャディーバックに大きく貼り付けられた「RSK」のスポンサーロゴは、国内どころか、県内の大会であるかのような錯覚を覚えます。ドライバーのヘッドカバーは「アレすけ」、RSK(アールエスケー)をもじったキャラクターです。これまた地元ローカル番組をみているような感じでした。

www.sanspo.com

 

 

詳しいプロフィールはこちらをどうぞ。

tatsu-infolog.com

 

ゴルフのメジャー大会で最終日・最終組といえば、最初に思い出すのは 1986年の全英オープン。中島常幸は最終組でGノーマンとスタートしましたが、いきなり1番でダボ、9番あたりでは優勝争いから脱落して、TVに写らなくなりました。非常にイヤな印象が強い。

男女の違いはありますが、今回も全英で最終日最終組。縁起を担いで中継を見ないようにしようかとも思いましたが、科学的根拠は全くありません。おもむろにTVのスイッチを入れると最終組は3番ホールでした。しかしいきなり3番で4パットのダボ、イヤ~な予感が頭をかすめます。私がTV観戦をし始めると、贔屓チームは失点する、贔屓競技者は失敗をする確率がどうも高いような「気」がするのです。

しかし渋野選手は何とかもちこたえ、フロントナインで立て直し、バックナインで猛チャージ、果敢にミドルホールでワンオン、ロングホールでツーオン、最終18番では6~7mのバーディーパットをガツンと決めてあっという間に優勝。真夜中にも関わらず、思わず大きな声が出てしまいました、すごい!、見ているほうが緊張していました。

 

 

彼女のプレーと表情を見ていると、現日本女子プロゴルフ協会会長の小林浩美の若かりし頃を思い出しました。強気のパットと、ドライバーを広いスタンスでフルスイングしても安定している下半身にはびっくりするとともに将来性を感じます。