道楽者の詩

写真とカメラ、山登り、ジムニー、ギターをはじめ、日々の私情をつらつらと

N国党党首 立花孝志 遅れてやってきた代弁者 埼玉県参議院補選

f:id:Bluesboy:20191014195034j:plain

I will be back

 

現在埼玉県で、参議院の補欠選挙が行なわれています。元知事とN国党党首の立花孝志との一騎打ちで、投開票日は 2019年 10月 27日です。

  

 

選挙管理委員会では、

すでに期日前投票を受付ける

準備は出来ています。

 

必ずしも投票日でなくても構いません、

積極的に投票をしていただきたく思います。

  

 

参院埼玉補選きょう告示 N国党首と前知事が立つ

www.youtube.com


私はこの選挙を非常に注目しています、とともに立花孝志にシンパシー(共感)を感じて応援しております。何故この補選に注目しているのかというと、


1.知事を4期勤めて御年71歳にして、与野党相乗りでさらにおいしい汁を吸おう、吸わそうとしている疑念がある。

 

2.補選ですから参議院の枠がひとつ空いたということです。任期途中で辞めた参議院議員はつい先日、元知事らの応援を受けて埼玉県知事に当選していて、計画的なバーターの疑念がある(実質疑いの余地はないでしょう)。

 

3.対立候補が出馬せず、無投票で当選できるかもしれないとタカをくくっていたかもしれない。そこへ、こともあろうに今年7月の選挙で参議院に当選したばかりの立花孝志が、国会議員という安定した生活と権力を投げ打って前代未聞の立候補したということ。

 

これまでの埼玉県の知事選投票率は直近から32.3%、26.6%、24.9%、参議院選だと30%程度です。今回の補選の投票率がどのくらいになるか、なめられ切った埼玉県民がどういう行動と審判を下すのか非常に興味があります。

 

どんな奇策を打とうが、巧妙な戦略を練ろうが、常識的には 25:75 で立花孝志の負け戦だと思います。しかし、投票率が上がることで、結果は変わってくると思いますので、是非とも投票に行っていただきたいのです

惜敗とはいえ橋下が率いた大阪都構想の住民投票も負けましたからね、既得権益者が企てた組織票・固定票というのは強いです。あの時は若者がジジババに負けたっていう構図だったように思います。凝り固まった時代を変えるには、若者をはじめとする、これまで投票に行かなかった人達が投票行動を起こすことが必要条件になってきます。これまで投票率が低かった埼玉県の補選には、その余地(時代を変える潜在能力)が十分にあります

 

立花孝志の政見放送

www.youtube.com

 

埼玉県の有権者の皆様、

どうか積極的な投票行動をお願いします。

できれば立花に一票を

 

今回は一騎打ちですから白紙というのは難しいですが、我が家の息子や娘には、白紙でもいいから投票だけには行くよう指導しています。白紙だと意味がないじゃないかと思われますが、年代別投票率が上がれば、立候補者はその世代に向けた政策を提示します。年寄り向けの政策を掲げるのは、年寄りの投票数が多いからというだけなのです。若者が投票しなければ、得をするのは年寄りなのです。だから若い人は自分のためだけでなく、同世代の人たちのためにも是非とも投票をしてもらいたいと思っています。

 


投票率が上がると都合が悪いからなのか、TV等のメディアでは殆ど取り上げていません。埼玉県(知事)も、選挙の投票行動を呼びかけていないそうです。しかし今回の埼玉の補選の結果は今後の政治勢力に大きく影響を与えると考えられますので、本来は大いに注目されるべきでしょう。

そのような報道の問題もありますが、個人的には国会に対して時代遅れの法律は早く改正してほしいと思っております。しかし立法府の動きは遅い、特にいちゃもんばかりつけて時間を無駄にする野党にはもううんざりしています。平成の停滞した30年の原因は、既得権益の悪用とともに、国会の停滞が大きな一因だと感じています。既得権益の乱用を抑えると同時に、国会運営も正常にしてもらいたいと希望しております。遊びじゃないんだから。

 

 

 

それはそれとして、

私が立花孝志に共感するのは、40年前の記憶に遡ります。


まだ世間知らずの学生のころ、右も左もわからないにもかかわらず「今のままではだめだ」と現状の問題点を模索して夜な夜な議論をし続けていた日々がありました。私の一世代前は学生運動盛んな時代でした。一部の学生は現状を変えるべく、理想世界の実現を掲げて力づくの行動をしていました。5学年上の先輩にはあと一歩で赤軍に加入するところだったと聞かされました。

私たちの時代になると学生運動はほぼ終息していましたが、さりてと世の中の不条理や理不尽に対する解決策を見いだせるはずもなく、行動を起こすわけでもなく、ただただ悶々としていた時代でした。と同時に、自分自身の力のなさ、能力のなさ、度胸のなさにむなしさを感じながら、小さな正義感を振りかざして自分自身の保身に走っていました。

月日は流れ、目の前の生活に追われて地ベタを這い回り、ややこしいことからは逃げまわり、易きに流れる日々に慣れきってしまっています。そんな私にとって立花孝志の出現というのは、忘れかけてしまったあの頃の想いを思い起こすには十分なインパクトでした。

 

私が彼を知ったのはつい最近、2019年7月の参議院選挙なのでいわゆるにわか者です。政見放送には絶句するフレーズを散りばめてはいても、展開や内容は非常に練られていて、基本を押さえて構成された原稿を誠実に読もうとするアンバランスさに興味を持ちました。演説の最後、編集でカットされたかのように見せる演出は、秒単位で考え抜かれた上の絶妙な技術だと痛く感心しました。

その後、過去のYouTube動画を漁りまくって彼のことを知る努力をしました。YouTube視聴用にiPadまで購入しました。古くからの応援者には及びませんが、そこそこ理解したつもりです。

 

NHKをぶっ壊す!【政見放送】 NHKから国民を守る党【立花 孝志他3名】全国比例区

www.youtube.com

 

 

「NHKから国民を守る党」を率いる党首立花孝志は、「NHKから被害にあっている人をお守りする」「NHKをぶっ壊す」そして「既得権益をぶっ壊す」ということを前面に掲げて行動しています。これにもある程度共感出来ます。

実は私も学生のころにNHKの集金人とは戦った(逃げ回った)事があります。それに加え、今回は4期の長期政権を勤めた元知事との一騎打ちですが、岡山県には6期の長きに渡って知事を勤めた長野氏(故人)がいました。知事ですよ、6期ですよ、24年ですよ、そりゃねぇだろ、なぁエドワード。

長野氏は愚妻の実家のご近所さんで、義父義母は熱烈な支援者です。にもかかわらず何の因果か、知事の6期当選を阻むべく立候補した対立候補の選対に秘書として放り込まれました。まあ、万が一にでも勝つことがあれば県関連の仕事を受注できるという下心があるわけです。でも私はシステムエンジニア、選挙のことなど右も左も全く判りませんでした。できることはひたすら頭を下げて回ることくらいです。

既得権益者というか権力者には、利害関係者がまぶれついています。既得権益というのはある意味その人が勝ち取った努力の結果ですから、悪用さえしなければ大きな問題ではありません。公益のために活用されるのなら何の問題もないのです。しかし、私利私欲のために、バレなきゃいいだろうと、ウソをついたり騙したりしながら、こそこそと悪用するから問題となってくるわけです。地元の新聞には偏向報道もあったと記憶しています、少なくとも情報量はかなり違っていましたね。要は既得権益者が有利になるような情報発信をしてご機嫌を伺うわけです。

反抗勢力は「ここは岡山県、長野県や茨城県ではない(茨城県とは、現在の知事で、地元老舗百貨店「天満屋の元社長」の伊原木氏のこと)」と声高に叫んでいましたが、ちょっとむなしいというか負け犬の遠吠えに聞こえていたかもしれません。

権力者ではなくても、知事に立候補しただけの対立候補者にも票をチラつかせて「身内の就職を世話してほしい」との手紙が届いていました。当の本人のことなど何も知らないのに、右から左へ「君のところでなんとかしてもらえないか?」と平気でいわれました。忖度する事もなく独断で断りましたが、頼むほうも頼むほうなら、受けるほうも受けるほうだと思いますよね。悪用ではないかもしれませんが、就職くらい身の丈に応じて正面突破でいけよと思います。

 

 

立花がぶっ壊そうとしている既得権は、主としてメディアの既得権です。

そのメディアの既得権益に関するプロフェッショナルな解説はこちらをどうぞ。

 既得権益解説 初級編

 既得権益解説 中級編

 

 

立花孝志は遅れてやってきた私の代弁者です。

ゼロとはいいませんが私利私欲感は少ない、既得権は持っていますがそれを悪用をしているとは感じません。こそこそとやっていないことを伝えるために、注目を浴びるため、常識を打ち破るためにあえて大げさにやっている感はありますが、その真意を受け取れない人もいるようです。ホントいろんな人がいます。

政治家をはじめとする、税金や人の金で収入を得ている層の人の中には、簡単にクビにはならないし倒産することもないので、私利私欲にまみれて既得権を悪用することに何の抵抗もない人が珍しくありません。公務員の常識など、それなりのご苦労があるのは十分に承知していますが、民間の中小零細会社の社員にとっては信じられないようなことが腐るほどあります。地方公務員だった父親とは、現在もなお会話が成り立ちません。物心付いたころ、最初に教えられたのは「実力三分に、なり(見かけ)七分」、でした。。。

立花孝志のそれは多くの既得権益者に比べると極端に少ない(ほぼ皆無)と感じます。だまされているといえばそれまでですが、少なくとも私は立花孝志を信用しています。生い立ちや、NHK職員時代の内部告発後の上杉隆との対談などを知ると、信用度は増します。

 

立花孝志の生い立ち

www.youtube.com

 

NHKが反日放送している理由は【電通】に乗っ取られているから

youtu.be


NHK紅白歌合戦の腐りきった裏側を元NHK職員の立花孝志氏が実名で告白

www.youtube.com


【13年前】立花孝志テレビ初出演  上杉隆【ニュースの深層】に出演 1 2

www.youtube.com

 

 


信者と揶揄する人もいるようですが、立花孝志は教祖や神ではありません。戦略と実際の言動や行動を見れば明らかです。私は、自分には出来なかったことを、実際にやって見せてくれていることに感激しているのです。


どうしても保身のためにウソをついてごまかしてしまおうとすることはよくある話です。しかし、「勇気を持って正直であれ、安易にウソをついてはいけない、間違えた時や失敗した時は素直に謝ろう。信用はお金では買えない。」これは15年前、私が長男に諭し続けた、父親としての教え(希望)です。

 

その息子も現在は国家公務員、多少気がかりな面はあります。なかなか実行することが困難な私たちの信念(正直であること)を、実際の発言と行動によって具現化して見せてくれているのが立花孝志だと感じ入っているのです。

 

 

 


ところで出陣の第一声で発した丸山穂高の応援演説は見事でした、私は彼を見直しました。というのもメディアによる部分的な偏向報道により、彼のことを誤解していたからです。一面しか見ていなかったからに他なりません。

規制が少なく、かつ注目されている政党に所属したことによって、まさに水を得た魚。今後の活躍(発信力と行動力)に期待したいと思いました。

 


【丸山穂高の神つなぎ】埼玉県参議院・補欠選挙 立花孝志 第一声

www.youtube.com

 

 

大学時代の部活のOB会に行ってきた

f:id:Bluesboy:20191014142628j:plain

OB会 ライブ会場

 

会としては何回目かよく判っておりませんが、後輩の有志が毎年幹事役を買って出てくれていますの、感謝しています。個人としては4年連続4回めの参加です。まあ地元での開催ですから当然といえば当然ですが、名古屋・大阪・四国・九州方面からも集まってきます。

 

前回までは私の代が最年長者でしたが、今回は私の二つ上の先輩が来てました。40年ぶりにお会いしました。皆さん見掛けの変化はあるものの、話してみると昔のまんま、損得・主従関係やしがらみなどほとんどない間柄ですので気楽なものです。

 

会としては、午後から約6時間のライブ、その後二次会となりまして、約11時間の長丁場です。やむを得ず宿泊になる人もいます、演奏者の中には二泊する方も。

 

昨年は私もステージに上がったのですが、今年は観客に徹しました。

最近は惰性と手癖でしか弾くことが出来ず、人前で演奏できるパフォーマンスはありませんので、今後も観客に徹していこうかと思っております。

 

ローカルアルプス

f:id:Bluesboy:20191011195751j:plain

JR山陽本線から見える 和気富士

 

アルプスといえばヨーロッパ、日本アルプスといえば北・中央・南アルプス、そして各地にローカルアルプスがあります。日本国中に「なんとか富士」と呼ばれる山があるのと同じく、「なんとかアルプス」というのがたくさんあります。

 

実際に岩場が多くてプチアルプスを感じられるような場所から、そうでもないような場所もあります。ローカルアルプスマニアではないので特に詳しくないですが、これまで訪れたローカルアルプスは、

 

 

1.岡山県 和気アルプス

 

和気アルプスはほとんどが私有地ということですが、かなり開放されています。範囲はさほど広くないですが、岩場が多く、変化に富んで非常に楽しめます。メインルートの表銀座ルートと裏銀座ルートの他、ネーミングにはアルプス未経験者も楽しませてもらえます。

 

f:id:Bluesboy:20191011200937j:plain

チンネの頭

 

f:id:Bluesboy:20191011201026j:plain

槍ヶ峰、他にも穂高や劔もあります

 

f:id:Bluesboy:20191011201239j:plain

ここはタテバイ、ヨコバイもあります

 

f:id:Bluesboy:20191011201324j:plain

龍王峰、稜線だけでなく斜面直登ルートもあります

 

f:id:Bluesboy:20191011201434j:plain

ここを降りていく

 

 

 

2.兵庫県 上郡アルプス

 

f:id:Bluesboy:20191011201744j:plain

和気アルプスに比べると平易な岩場

 

 

3.鳥取県 用瀬~智頭アルプス

 

f:id:Bluesboy:20191011201930j:plain

用瀬アルプスは、適度に楽しめる

 

用瀬・智頭アルプス登山マップ【一括】(2MB)(PDF文書)

http://www.city.tottori.lg.jp/www/contents/1535043996363/files/mochigase-alps.pdf

 

 

次は兵庫県の播磨アルプスに行こうと思っています

 


へっぽこ登山 高御位山(兵庫県)