道楽者の詩

写真とカメラ、山登り、ギターをはじめ、日々の私情をつらつらと

ダム博物館選定、「日本100ダム」

f:id:Bluesboy:20180718004558j:plain

岡山県 湯原ダム

 

「なんとか百選」というのとはちょっと違うのかもしれませんが、一般の方々に向けて推薦する100基のダムが有識者によって選定されました、というお話です。

主体は日本ダム協会が運営する「ダム博物館」で、有識者とは日本ダム協会が任命しているダムマイスターの方々です。選定されたダムと選定の詳細は下記リンクをご覧ください。

 

damhaku.jp

 

なにを唐突にダムの話を持ち出すのかというと、実は私、初代の「ダムマイスター」に任命されておりました。日本ダム協会から任命書を頂き、岐阜県で開催されたダムマイスターだけのオフ会にも参加させていただきました。ただ、他の方があまりにもすごい方ばかりなので、場違いな雰囲気と肩身の狭さから二期だけ務めて身を引きました。

 

そのような経緯もあって、ダム博物館で「100ダム」を選定したから協力してくれないか?、という連絡を頂きました。今回の件は連絡を受けてから知ったという不届きものではありますが、写真の提供くらいならということで超間接的に超些細に関わらせていただくことになりました。

 

ということで

私でもできる事のひとつとして

日本100ダム

を告知させていただいています

 

 

私は選定された100のダムのうち13基しか訪れていません。ですのであまり強いことはいえないのですが、個人的には異色の島根県の志津見ダムを加えて欲しかったと感じています。

f:id:Bluesboy:20180718003926j:plain

島根県 志津見ダム 試験放流


志津見ダム堤体完成時の 放流動画 です。

サイズは約58MB(640*480)、曲:岸部真明 Truth (本人無断使用)

 

 

 それはそれとして、先般の西日本豪雨災害に関して、一部では「ダムの放流による被害」のようなご意見もあったように漏れ聞きます。残念ですが、それは認識違いです。ダムの洪水調整がなければもっと酷い事態を招いていたことは間違いないです。

ダムの目的には「洪水調整」というのがありまして、大雨が降っても一旦ダムで水を貯め、下流周辺域の洪水被害をできるだけ軽減するために、下流への河川の流量を調節しています。その調整能力はダムの貯水量によりまして、絶対に大丈夫ということではありません。貯水能力を超えてしまうと上流から流れてきた水をそのまま下流に流すことになり、勢いは抑えられたとしても、下流への流量は制御不能になります。たいていのダムは梅雨前になると、水位を下げて貯水力を上げてはおりますが、だからといって空にしておくわけにもいきません。

いくつかのダム管理者にお伺いしたところでは、ダムが満杯になって制御不能になる(てっぺんからオーバーフローする)のは「100~150年に一度」くらいの確率だということです。ダムがあるから絶対に安心だということではなく、下流域の皆様も、心の準備だけはしておく必要があるというのが実情なのです。

 

bluesboy.hateblo.jp

 

スナップの背景は、ぼかせばいいってものじゃない

 

f:id:Bluesboy:20180705130559j:plain

 

よく聞く話ですが、背景がボケた写真を撮りたいという話を聞きます。背景をぼかすだけなら、絞り開放で、被写体と背景の距離を開けて、極力被写体に近づけばいいだけの話で、技術以前の単に知識的な問題です。

 

背景をぼかす「目的」を意識せずに、単にぼかすだけぼかした写真を見るたびにげんなりします。何のためにぼかすのか、ぼかして何を表現したいのか、という事が肝心なのです。

背景をトロトロにぼかして「ディズニーランドに行ってきました」などと、よくいうなあと思う記憶がある。

 

背景をぼかすのは、多くの場合は主体を際立たせるため、背景に気を取られないようにするためにぼかすのです。奥行き感とか空気感とか、いわゆる芸術的な雰囲気をかもし出すための事もありましょうが、それはそれとして、個人的には背景はある程度必要だと思っています。

主題は明確にするにしても、その周囲の雰囲気を識別できる程度には残しておきたいということは珍しくありません。特にタウンスナップではよくあること。

図鑑や人物やグラビアなどでは不要な背景は思いっきりぼかしてもらえばいいでしょう。でもいわゆる記念写真やストリートスナップでは、背景をトロットロにぼかす必要はありません。むしろある程度、背景が識別できたほうがよい場合が多いのではないかと思います。

旅先で背景を思いっきりぼかしてわが子を撮りましたって、私は理解に苦しみます。

 

f:id:Bluesboy:20180705130603j:plain

 

最初のうちは、背景がボケることに感激してそれ一辺倒になってしまいがちですが、フルサイズなら F4~5.6、aps-c なら F2.8~F4 位で撮ってみるとまた新しい発見があるのではないかと思います。

 

f:id:Bluesboy:20180705133844j:plain

 

 

夏の山シャツ モンベル ウイックロンクール & ジオライン クールメッシュ

f:id:Bluesboy:20180709213016j:plain

mont-bell ウイックロンクール & ジオライン クールメッシュ

 

暑い夏は、速乾性で少々風通しがよいくらいの機能だけでは快適ではありません。

それまではモンベルのウイックロンの長袖Tシャツ一枚で歩き回っていましたが、ウイックロンクールを試してみました。能書きとしては、ややひんやりするということです。

 

実際に着用した感触は、たしかにノーマルのウイックロンTシャツに比べるとひんやり感はありますが、炎天下であまり多くを期待してはいけません。風通しに関しては、目が粗いというか薄手なので比較的涼しいです。多くは期待できませんが、これからの暑い時期はこのウイックロンクールを利用することになるでしょう。

汗の吸い取り効果を上げるためなのか、サイズ感はやや細身のようです。

 

普段着として利用するのならウイックロンクールを肌の上に直接着用してもいいですが、大汗をかくのが前提ならば、下に一枚着ておいたほうがよさそうです。自分の場合はコスパ重視で、モンベルのジオライン クールメッシュ(ノースリーブ)を使っています。脇から滴る汗が気になるので、半そでのほうが良かったかと思うことがあります。肩周りにゴワゴワ感を感じなければ半そでのほうがいいかもしれません。

 

 

 

 

 

          

 

 

 

 

outdoorgearzine.com