道楽者の詩

写真とカメラ、山登り、ジムニー、ギターをはじめ、日々の私情をつらつらと

そろそろ冬支度、モンベルのフリース、トレールアクション と クリマエア

f:id:Bluesboy:20181113183256j:plain

トレールアクションパーカ と クリマエア ジャケット

 

暖かい日が続いた今年の秋ですが、そろそろ寒くなりそうです。寒いとき、動いている時はフリース、じっとしているときはダウン、というのが一般的ではないでしょうか。フリースはモンベルのシャミースという最も薄いタイプを持っていますが、ダウンは持っていません。インシュレーション物という意味では、化繊のULサーマラップを持っていますがほとんど使っていません。寒けりゃ動け、というタイプなので。

 

今回は冬物衣類の充実を目指してモンベルに行って来ました。事前に調査した限りでは、クリマプラス100 のフリースジャケットを買うつもりでした。しかし実物を見たら気持ちは変わりましたね。支払額も大きく変わりましたが。。。

 

モンベルのフリースのラインナップはこんな感じです。クリマプラス100が中央にあるので、まあこんなもんかな、私の住む地域ではあまり高級品でなくてもいいだろうと思っておりました。

 

f:id:Bluesboy:20181113191013j:plain

 

webshop.montbell.jp

 

クリマプラス100 とか クリマプラス200 は確かに暖かいのですが、分厚い。ユニクロのフリースみたいな印象です。着た感じは悪くはないので、部屋着としてはいいでしょうね。機能は満たしていると思いますが、山歩きの行動着としてはどうかなという印象を持ちました。

改めて使用場面を考えると、中国地方の雪山、そして晩秋~早春までの雪のない冬場に着て歩けるものを探しています。一着で済ませる事ができれば都合がいいのですが、売る側もいろいろ考えてきています、機能的に細分化して製品開発をしています。

私がウロウロする雪山であれば、今のところ、ジオラインMW+シャミースジャケット+ライトシェルパーカで何とか間にあっているのですが、シャミースとライトシェルの相性があまりよくありません。ということで、以前から好評を聞いていたトレールアクションパーカを購入しました。比較的薄く、伸縮性があり、それでいて暖かい。フードを被ってジッパーを上げるとバラクラバになります。他のブランドであれば2倍以上しそうな性能で、コスパの良いモンベルにあって屈指のコスパが高い製品です。気に入った色がなかったので躊躇していましたが、アイボリーで手を打ちました。

これだけで終われたらよかったのですが、見ただけで一目惚れ的に気に入っていたクリマエアジャケットも一緒に買いしました。モンベルの店員さんは、商品知識として頭だけで判っている人と、実際に使い比べて体感している人がいて、後者の方のご感想は無視できません。使っている人は、「クリマエアがええよ」と仰せになります。「最も通気性がよい」という能書きからは「それだと寒いじゃないか」と思ってしまうのですが、風がある時はウインドシェルを着れば内部は暖かく、暑くなればウインドシェルを脱げば汗を放出して蒸れずに快適という話。要は行動着として優れていると理解して、見た目も気に入っていたので購入しました。

 

クリマプラス100 は室内や街ではいいかもしれませんが、山歩きにはあまり向いていないという印象を持ちました。山歩きの行動着として買うなら、クリマエアがよろしいです。

 

ちなみにライニング(裏地)のあるものは通気性が悪くなります。部屋・街での使用が目的ならライニングがあったほうがいいかもしれませんが、汗をかくと蒸れるので山歩きには向きません。シャミースを部屋で着てじっといたらあまり暖かくないのですが、ライニングがあれば少しは違うのでしょう。でも山歩きをしないで街や部屋で着るのであれば、ユニクロが安くていいかもね。

  

(パタゴニア)patagonia M's R2 Jkt 25138 BLK M

(パタゴニア)patagonia M's R2 Jkt 25138 BLK M

 

 

 

 

yamahack.com

 

モンベルクラブ、ゴールドカードに昇格

f:id:Bluesboy:20181029173426j:plain

送られてきたモンベルのバッチ

モンベル会員になったのは2015年10月、2018年10月にはゴールドカードとバッチが送られてきました。せっかくですが、このバッチをつけて外出する勇気はありません。

規約を見るとこのようになっていて、5年目からがゴールドカードでポイント7%です。私はまだ4年目、ということは購入総額が条件を満たしたということでしょうか、う~ん。多少めんどくさい客ですが、いわゆるお得意様ということです。

モンベルクラブの一番のメリットは、ネットで購入するとき送料が無料ということ。メンバーのランクは5段階、ブルーカード、シルバーカード、ゴールドカード、プラチナカード、ダイヤモンドカードです。昇格したといってもゴールドカードはランクとしては3番目でたいした事はありません、ゴールドカードのメリットは、ポイントの付与率が 1% 増えたということのほか、レジでのお辞儀の角度が10度ほど深くなったかなというくらい。個人的には結構活用させてもらっている。

 

ちょっと前、モンベルからは卒業しようと思った時期もあったのですが、今はモンベルでいいじゃないかと思いなおしています。全身マムートの金持ちおじさんなんかに出会うと、一層モンベルでいいジャンと思うようになります。

正直な話、他の店に行くのが面倒というのが一番の理由ではありますが、特に不満やこだわりのない物はモンベルでよいと思っています。特に着る物はほとんどモンベル製品、機能に関してのこだわりはあるのでユニクロってわけには行きませんが、デザインに関してはあまり関心はない。あ、ボクサーパンツだけはユニクロのエアリズムを愛用してる、さらに安いから。

店を決めてしまえばとても楽、モンベルだったらたいていのものは揃ってる、選ぶ楽しみなんか特にない、めんどくさいだけよ。愚妻からは、何故ユニクロではダメなのか問い詰められる事があります。いくら説明しても、一緒に答を導きだそうというスタンスではなく、頑固な答えありきなので手に負えません。荷物を担いで坂道を登って汗まみれになることもないお方を説得するのはムリ。ユニクロのフリースなんて、ザックに入れたらそれだけでパンパンよ。山登り用の衣類は立派な「道具」なのです、タウン仕様のユニクロではダメなのよ。

靴も今のところモンベル。いいのがあれば他社のものでもいいけれど、田舎ではなかなか思うようなものは見つけられない。ローバーのタホーなんて置いている店がない、スカルパでさえ置いている店はない。

 

ただひとつザックとトレッキングポールだけはモンベルを使っていないし、今後使う予定もない。たった一つのこだわり、まあそのくらいはいいでしょう。でないと動く広告塔になってしまう。

  

 

OSPREY(オスプレー) ケストレル38 OS50151 ジャングルグリーン M/L

OSPREY(オスプレー) ケストレル38 OS50151 ジャングルグリーン M/L

 

鳥取県 三滝渓 千丈滝、不動滝、白糸の滝

f:id:Bluesboy:20181107185001j:plain

三滝渓 白糸の滝(落差 約70m)



三年ぶりに戻って来れた、三滝渓の白糸の滝。落差は約70m位ではないかといわれている。前回は友人と二人で、今回はその友人が案内役となって他県のゲスト夫妻と一緒に四人で行ってきた。ちなみに案内役の訪瀑数は2200本、ゲストは3500本といういわゆる猛者の面々です。

 

滝に行ったくらいで何も大騒ぎすることはないのですが、訳あってここまでの道のりは長かった。

 

そもそも計画したのは2016年、しかし台風の影響による倒木とスズメバチ騒動で頓挫した。行政も再整備の目処は立っていないという状況だった。2017年は天候のせいで断念。そして三年目となる2018年、表向きは全面的に立入禁止との案内があるものの、やっと計画を実行に移すことができた。

時間的にも長かったが、アクセスもかなり厄介。必要な装備はヘルメットはいうに及ばず、ハーネス装着の上、携行したロープは30mが2本、20mが一本。結局30mのロープを三回使用した。

案内人の下見など準備も大変だったけど、ロケーションもそこそこ危険な場所だということです。

 

谷はふたつあって、ひとつは本谷。上流から白糸の滝(落差70m)、続いて不動滝(落差15m)、引き続いて三段の三滝(蛇渕)、そして千丈滝(落差70m)とつながっている。

もう一つは横谷、千丈滝よりも少し高いところから落ちてきて、滝壺を経て流れ落ちながら千丈滝と合流する。なかなかすごいところなのです。

 

f:id:Bluesboy:20181107184941j:plain

三滝渓 左:横谷滝、右:千丈滝

 

f:id:Bluesboy:20181107184944j:plain

三滝渓 左:横谷滝、右:千丈滝

 

横谷滝は左上、樹木に隠れて滝壺は見えていない。滝壺からこぼれ落ちて、右からの流れと合流して千丈滝となる。右の落ち口の上に三滝(蛇渕)があるのだが、きちんと全容が見えるポイントは探せていない。その三滝のすぐ上流にあるのが不動滝。チョックストーンがある非常に珍しい滝だ。

 

f:id:Bluesboy:20181107184947j:plain

この先に三滝(蛇渕)がある、近寄れない

 

f:id:Bluesboy:20181107184950j:plain

振り向くと不動滝

 

f:id:Bluesboy:20181107184954j:plain

チョックストーンがオシャレな不動滝

 

この落ち口の先に白糸の滝が落ちている。距離は目の前だが、両側が絶壁の岩なのでなかなか近寄れない。

 

f:id:Bluesboy:20181107185005j:plain

白糸の滝の前から不動滝を見下ろす

 

f:id:Bluesboy:20181107184957j:plain

これが白糸の滝

 

すべての滝を見てきたわけではないが、鳥取県では屈指の滝だと思う。個人的なトップ3は、この白糸の滝、北谷の雨滝、ハコ滝。どの滝もどなたでもどうぞとはいえないというのが残念なところです。

 

このブログでは、アクセスは危険ということに留めておかせていただきます。どうしてもと言われる場合はこちらへどうぞ。

www.yamareco.com

 

少なくとも、ヘルメット、ハーネス、懸垂下降装備、ロープくらいは用意してください。

 

 

靴に関しては四者四様でした。私は急斜面でのフリクションを期待してスパイク長靴、水の中で滑らないことを優先して沢靴がお一人、歩き安さを優先して一般的なトレッキングシューズがお一人、テルスラバーのトレッキングシューズがお一人、決め手はありません。 

 

 

 ヘルメットに関して欧州物は縦長で日本人の頭の形状には合いにくい。わたしはこれを使っています。コスパはよいです。

 

 

 ロープやカラビナはマムートがお勧めですが、ちょっと高い。エーデルワイスのヒルウォーカーロープで実用上問題ありません。

 

 

 ハーネスは軽いのがいいと思う。

Black Diamond(ブラックダイヤモンド) モーメンタム BD13050 スレート S

Black Diamond(ブラックダイヤモンド) モーメンタム BD13050 スレート S

 

 

 降下装備はエイトカンでもいいけど、こちらのほうがいいかも。好みの問題。

BlackDiamond(ブラックダイヤモンド) ATC-XP BD14013 ブルー

BlackDiamond(ブラックダイヤモンド) ATC-XP BD14013 ブルー

 

事前によく練習してから使ってください。