道楽者の詩

写真とカメラ、山登り、ギターをはじめ、日々の私情をつらつらと

二度目の毛無山、伯耆大山を臨む展望と紅葉で満足

 f:id:Bluesboy:20171108173722j:plain

 

岡山県新庄村の毛無山は、国体や高校の山岳競技でも利用されている山で、標高は1218mの低山です。オールシーズン一般登山者の人気は高く、登山道はよく整備され、山頂からの360度の眺望は伯耆大山の展望台として非常に秀逸です。さらに登山口の駐車場やトイレなどとても整備されていて、登山口から頂上までの標高差は約530mと、初めての山登りにはお勧めの山です。

さらに縦走路も充実していますので、どっぷり山の中に浸かりたいという人をも満足させてくれること請け合いです。特に落葉した季節は大山を横目に見ながら歩く縦走路ですので、満足度は非常に高いです。

この日の早朝、大山山頂は冠雪していたということですが、昼になるとそれま全く確認できませんでした。

 

毛無山はブナの原生林としても有名なのですが、ブナ目的であれば西粟倉村の若杉原生林や、大山のブナ林のトンネルのほうが満足度は高いかもしれません。しかしこちらの紅葉は、赤やオレンジ・黄色が混ざり合っていますので鮮やかな紅葉が楽しめます。10月末がお勧めですが、それなりの標高がありますのでどこかが紅葉しているという感じで、平地に比べて楽しめる期間は長いものです。

 

f:id:Bluesboy:20171108224033j:plain

 

道中記はこちらです。

cantam.daynight.jp

 

 整備された登山道の山ではこのカメラをぶら下げて歩いています。

 

錦秋の大山三鈷峰、大満足の眺望だった

f:id:Bluesboy:20171104205455j:plain

 

鳥取県の大山三鈷峰に登ってきました。伯耆大山は中国地方唯一の百名山で、三鈷峰はその稜線の東北端に位置する標高1516mの岩峰です。

 

上の写真は頂上直下の小ピークです。近年崩壊が進み、登山道も一部崩壊しかけています。慎重に歩けば大丈夫のようですが、なかなかしびれるところでした。

 

f:id:Bluesboy:20171104210231j:plain

 

三鈷峰への登山ルートはなかなか厳しいといわれ、標高は1700mの大山弥山よりも200mくらい低いにも関わらず、標準タイムは30分以上必要と試算されています。また、三鈷峰への累積標高差は1000m程度とも言われるようです。

いずれにせよ、難コースであることには違いないので、県内の低山でトレーニングを積んでからトライしました。実際に歩いてみて感じたことは、体力的には辛かったものの、いわゆる「登山」とはこういうことなのかと思えたことです。確かに普段の山登りとはかなり違います。

 

 

三鈷峰の頂上からの景観は、まさに360度のパノラマが楽しめます。普段登っている低山とは一線を画します。崩壊を続ける大山の北壁、日本海、そして紅葉に色づく峰々、十分な景観を楽しむ事ができました。

 

f:id:Bluesboy:20171104210625j:plain

 

上の写真は、三鈷峰の北東に位置する峰です。手前の沢は阿弥陀川、そして紅葉に染まる峰の稜線は中国自然歩道が貫いています。

 

今回と同じルートをもう一度歩きたいと思うと同時に、今度は上の中国自然歩道も走破してみたいものです。

 

詳細な道中記はこちらにアップしています。

cantam.daynight.jp

 

大山に行くならやっぱりこれ、奥大山の天然水は必携だね。

[2CS] サントリー 天然水 奥大山 (2L×6本)×2箱

[2CS] サントリー 天然水 奥大山 (2L×6本)×2箱

 

 

由来不明の耳スエ山は、眺望はなかったけどヤブでおなかいっぱいになった

f:id:Bluesboy:20171030185213j:plain

 

耳スエ山は、新庄村にある標高1100mの立派な低山です。何がいいのかよく分らないのですが、一度は行っておいたほうがよいということなので、じゃあということで登ってきました。

登山口からして、ほんまかいな?、というような状態で案内板のひとつさえありません。登山道は、7割は道がありますが、それ以外は不明瞭な部分とヤブです。

ロケーションは魅力的なので、頂上からの眺望には期待していました。しかし山頂は高い樹木に遮られて、こんなに何も見えない山頂は珍しい。縦走路はひどいヤブに突入することから始まり、概ね腰から膝のヤブの中を泳ぐように歩いていかなくてはなりません。

紅葉の時期だったので、少しくらいはいい事があるだろうとの期待も泡と消え、辛うじて林道から見上げる紅葉に感動して帰りました。登る意義が見出さず、今回はちょっと残念な山歩きでした。

 

f:id:Bluesboy:20171030185845j:plain

 

山の名前がちょっと変わっているので、なにか由来があるのかと思ってちょっと調べましたが、残念、分りませんでした。

 

道中記はこちらです。

cantam.daynight.jp

 

ややこしい道を歩く時は、マーキングをしておいたほうがよい場合が多い。

シンワ マーキングテープ 30mmX50m 蛍光オレンジ 73800

シンワ マーキングテープ 30mmX50m 蛍光オレンジ 73800