道楽者の詩

写真とカメラ、山登り、ジムニー、ギターをはじめ、日々の私情をつらつらと

日大アメフト、ルール無用のラフプレーに神風特攻隊を見た

 f:id:Bluesboy:20180526120414j:plain

 

長い間収拾がつかず、会見と報道が続いている日本大学のアメフトディフェンダーが犯したラフプレーですが、不謹慎ながら、神風特攻隊を思い浮かべてしまった。

自分自身は幸いにも戦争体験はありません、終戦日のころテレビで報道される悲惨な報道よりも多少生々しいことを、父母やばあさんから戦死したじいさんのこと、その他いろいろ聞かされております。

 

特攻に重ね合わせてしまったのは、このようなことから。

・結果が分っていることを意に反して実行しなくてはならない状況にされたこと

・指示したと思われる幹部は自分は指示していないと逃げ回る

・シェルターで身の安全を確保された学長の内部向けの会見

 

大人の勝手な都合に振り回されたあの選手が気の毒でならないのは、おそらく多くの方々と同じ感想です。引いては日大のアメフト部員、現役学生、OB、どなたもそれなりに気の毒ではありますが、比べるまでもありません。

個人的には、単に「QBをつぶす」っていうのは、「QBにパスを投げさせない(仕事をさせない)」くらいの意味に捉えています。今回日大側には、明確に「怪我を負わす」という意思はなかったとしても、「結果として、怪我をさせたとしても仕方がない」くらいの意思はあったと考えています。

昭和時代の常識や体験が体から抜けきらない60歳前後のおっさんが上に立つと、昨今、悲惨な事態になることが珍しくない。今回のことは、「自分の責任だ」と口先だけで発すれば全て収まるだろうとタカをくくっていた「時代錯誤のおごり」があったのだろう、議員や首長をはじめとする権力者によるセクハラ・パワハラ問題にも通じるところがありそうだ。かくいう私も、財務省の福田事務次官のセクハラなんか、個人的にはまあセーフの範囲なんですが、それはまずい時代になったと改心せざるを得ない。自制できなければ、立場や権限をきっぱり捨てて、潔く社会から身を引いて、私のように禊の隠遁生活を送るほうがよろしいです。70歳定年だなんてとんでもない、政治家だって65歳で強制引退くらいで構わない。

しかし今回の内田氏は理事長タッチダウンを目前にして粘るね、秋まで監督自粛 → 監督辞任 → 常務理事職停止(謹慎) → 入院、呆れてモノがいえんよ。おまけに大学側は「批判は甘んじて(納得出来ないが)受ける」って、マスコミだけかと思ってたけどみなさん面の皮厚いというかあつかましいのね。

 

この先日大が健全な状態に改革されていくには、アメフト指導者の総入れ替えはもちろん、運営部(理事会)の入替えも必要でしょう。部の指導者の入替えはできたとしても、私学ですから理事の入替えは難しいかもしれません。マッカーサーのようなOBが名乗りを上げてくれたら期待を持てますが、どうでしょうかね。

さもなければ、受験者が減って、巨大大学を維持するのは難しくなっていくでしょう。少なくとも私は日大関連の学校に、近親者を受験させるのは、授業料を無料にしてもらってもお断りしますね。

 

二百名山のひとつ 中国山地の名山 氷ノ山

f:id:Bluesboy:20180522173620j:plain

 

氷ノ山は、兵庫県と鳥取県の県境に聳える標高1510mの山です。標高は中国地方・鳥取県では伯耆大山に次いで二番目、兵庫県では一位、氷ノ山後山那岐山国定公園の主峰となる山です。岡山県南部の者にとっては、有名ではあるが縁遠い山でした。鳥取側でも兵庫側でも、登山口までは車で3時間弱かかります。

  

一昨年に一回、今年の五月に二回登ってきまして、現在はかなり身近に感じられるようになって来ました。登山道は八コースあるとされていますが、そのうち五コースを歩いてきたことになりまして、氷ノ山の話のお相手くらいはできそうです。

 

氷ノ山といえばスキー場が有名で、良質な雪だということです。自分はスキーはしませんのでよく分りませんが、山岳部員だった愚息がお世話になった雪上歩行訓練や雪山トレーニングは岡山県内ではなく氷ノ山まで行っておりました。ですので私も一度は雪の氷ノ山にも訪れてみたいと思います。

 

また氷ノ山山麓にあるキャンプ場はかなりよさそうです。特に若桜側のキャンプ場は、キャンプには興味のない私でも一度は来てみてもいいかなという印象を持ちました。とにかく綺麗で、環境がよいと思えたからです。

 

マイナス面はただひとつ、東中国山地の中ではクマの生息域としても有名だということです。実際に出会ったという人の話を聞いた事もあります。特に餌になるササヤブの多い場所は危ないのかなと想像しています。

f:id:Bluesboy:20180524162711j:plain

 

あと残念なのは、伯耆大山などとは違って、山麓からその頂上が確認しにくいこと。登る直前に目指す頂上が見えるのと見えないのは気持ち的には結構違うような気がします。

見えていればいいのかというと、案外しんどいものです。長い距離の見通しのよい直線(例えば土手の上とか海沿いの道)を走ると、景色が変わらないので結構しんどいものです。

下の写真では、山頂の避難小屋がごみのように見えています。

f:id:Bluesboy:20180524162425j:plain

 

氷ノ越からみた氷ノ山山頂

f:id:Bluesboy:20180524163746j:plain

 

 

下のマップは鳥取県側の響の森にあったものです(拡大します)

氷ノ山

 

 

 

氷ノ山の主なコースは以下の8コース

鳥取県側のコース:

1.若桜 氷ノ越コース:登山口の標高=869、標高差=641m

2.仙谷コース:登山口の標高=837、標高差=673m

3.三ノ丸コース:登山口の標高=768、標高差=742m

 

兵庫県側のコース:
4.福定 氷ノ越コース:登山口の標高=655、標高差=855m

5.東尾根コース:登山口の標高=790、標高差=720m

6.大段ヶ平コース:登山口の標高=1108、標高差=402m

7.殿下コース:登山口の標高=1191、標高差=319m

8.坂ノ谷コース:登山口の標高=998、標高差=512m

 

このうち私が歩いたのは1~5の5ルートです。どれもそれなりに楽しめるので、お勧めできないコースはありません。お勧めは氷ノ越コースですかね、峠まで、若桜からは1時間、福定からは2時間かかりました。

福定からは結構きついです。福定から頂上までの標高差は900m弱で、伯耆大山夏山登山道とほぼ同じです。しかし、所要時間だけでなく、体感的にも「小豆ころがしコース」とも称される福定からの氷ノ越コースは疲れました。

現在仙谷コースは道が崩壊していて危険性が高いということですが、通行禁止にまではなっていないようです。

 

 

 

 

f:id:Bluesboy:20180524164036j:plain

福定 親水公園駐車場/登山口

 

f:id:Bluesboy:20180524164509j:plain

布滝

 

f:id:Bluesboy:20180524164517j:plain

布滝 直下

 

f:id:Bluesboy:20180524164531j:plain

不動滝

 

f:id:Bluesboy:20180524164840j:plain

若桜 氷ノ山コースの地蔵堂

 

f:id:Bluesboy:20180524164941j:plain

若桜 氷ノ山コースの金属はしご

 

f:id:Bluesboy:20180524164934j:plain

氷ノ越の避難小屋

 

f:id:Bluesboy:20180524164952j:plain

東尾根コースの神戸大学の小屋

 

f:id:Bluesboy:20180524165020j:plain

東尾根コースの登山口

 

f:id:Bluesboy:20180524165033j:plain

氷ノ山 国際スキー場

 

f:id:Bluesboy:20180524165226j:plain

若桜 氷ノ越コース登山口

 

f:id:Bluesboy:20180524165053j:plain

若桜 氷ノ越コースにあるさざれ石

 

f:id:Bluesboy:20180524165131j:plain

仙谷コースの注意書

 

f:id:Bluesboy:20180524165140j:plain

こしき岩

 

f:id:Bluesboy:20180524165154j:plain

三ノ丸コースの若桜スキー場リフトトップ

 

f:id:Bluesboy:20180524165204j:plain

三ノ丸コース 登山口

 

f:id:Bluesboy:20180524171549j:plain

若桜 氷ノ越コース登山口傍の 氷山命水

 

f:id:Bluesboy:20180524171602j:plain

つく米の百選棚田

 

 

以下のリンクは、山行の詳細です。

 

 

若桜~氷ノ越~三ノ丸 周回

www.yamareco.com

 

 福定~氷ノ越~東尾根 周回

www.yamareco.com

 

仙谷~氷ノ山~三ノ丸 周回

www.yamareco.com

 

 

山に犬を連れてくる人たち

f:id:Bluesboy:20180522184921j:plain

 

犬は我が家にもおりますので決して嫌いではありません、毎日夕方の散歩や排便の回収もやっております。散歩くらいはわかる話でしょうが、散歩レベルでない場所にまで連れてくる人がいます、いったい何を考えているのでしょうか。

 

そもそも犬をワンコと称するのも理解できないし、犬に服を着せたり靴を履かせたり、全く意味不明の趣味の方々がいます。趣味は人の勝手ですから、声を大にして擬人化を責めることまではしませんが、リードなしで登山道を歩かせているのだけは勘弁してもらわにゃならん。

 

うちのコ(イヌ)に限っては云々、などと仰せになる方もいましたが、話になりません。

 

野良犬でないのなら、犬をリードなしで歩かせるのはやめてください!!