道楽者の詩

写真とカメラ、山登り、ギターをはじめ、日々の私情をつらつらと

山登り、足に気遣うソックスを

f:id:Bluesboy:20170524174342j:plain

 

山登りで使う靴は非常に重要なアイテムだということは、どなたでもご存知でしょう。その靴と生身の足を繋ぐのはソックスですから、ソックスもかなり重要なアイテムだと思います。

何でもいろいろと試してみなければ気のすまない私ですが、これはアタリを引いたのかこだわりがないのかこれ一本です。

 

モンベル トレッキングソックス、非常にお勧めです。一切の不満なく全部で5足持っています。

 

素材は二種類ありまして、保温性の高いメリノウールと吸汗・速乾性にすぐれたウィックロンです。メリノウールを二足、ウィックロンを三足持っています。

内ウィックロンの一足は2年使ってちょっと伸びてきてフィット感が弱まったので、山登りでは使わず普段履きにしています。これまで3足1000円のもので済ませてきたので、使い古したソックスでも上等品です。

耐久性はウィックロンのほうが上です。比べるとメリノウールはヘタリ易い感じです。

個人的な感想ですが、1000mくらいの日帰りであれば雪山であってもウィックロンのトレッキングソックスでで大丈夫です。ウィックロンは案外暖かいです。じゃ、夏には蒸れるかというと案外そうでもなく、全く問題なく使えています。足裏に汗をかく人はウィックロンがいいと思います。夏になると水虫になることも多い私ですが、このソックスを使い出してから水虫になりそうな気配がありません。

 

素材に関しては好みでいいと思いますが、非常にお勧めできるソックスですね。

 

トレッキングソックスというのは中厚でして、普段用にはこれより薄いウォーキング用というのがあります。それでも一般のソックスよりは厚いですので、足を守るために利用してみるのもいいと思います。水虫予防になるかも。

 

 

ちなみに他には、防水ソックスとネオプレーンのソックスを所有しています。

 

ネオプレーンのほうはまだ出番がありませんが、防水ソックスは何度か使いました。短時間なら確かに防水できるのですが、水の中を数時間歩いていると上から浸水してきます。なので、沢の中はウィックロンで歩いて、沢から上がってから防水ソックスに履きかえることでびしょびしょに濡れた靴であっても多少は気持ちよく歩いて帰る事ができます。一足は持っていても悪くはないでしょう。

 

f:id:Bluesboy:20170524182414j:plain

 

 

 

(モンベル)mont-bell WIC.トレッキング ソックス 1118208 IND インディゴ M

(モンベル)mont-bell WIC.トレッキング ソックス 1118208 IND インディゴ M

 

 

 

スポンサーリンク