道楽者の詩

写真とカメラ、山登り、ジムニー、ギターをはじめ、日々の私情をつらつらと

足首のサポーター McDavid M437

f:id:Bluesboy:20190101231814j:plain

McDavid M437

昨年10月下旬に登った大山山系の烏ヶ山からの下山中、右足首のアキレス腱を痛めてしまいました。そのうちなんとかなるだろうとあまりケアをしていなかったのですが、遅々として回復の兆しが見えません。医者の話によりますと3週間の安静ということでしたが、絶好の季節にそれはできませんでした。

ということで、12月中旬から約2週間自宅謹慎をして、ようやく回復の兆しが見えてきました。アキレス腱を縮める方向に足を動かすと痛みが走っていたのですが、それも徐々に治まりつつあります。でも正座はまだ無理です。

 

bluesboy.hateblo.jp

 

ケアというほどではありませんが、ここ数日は24時間テーピングをして軽く固定しておりました。ところが長時間キネシオテープを貼ったままにしておくとどうしてもかぶれてきます。そこでサポーターを調達することにしました。試着なしでいきなりネットで買う度胸はないので、一応スポーツショップに出向いて試着して来ました。

商品としては、ZAMSTMcDavid というブランドがありました。足首を固定する製品は、どちらのブランドも固定力に応じてレベル1~3まであります。レベル3はギブスのような感じ、レベル2はゴムでしっかり圧迫する感じ、レベル1はネオプレンでソフトに包み込む感じです。

これらの製品を装着したままで現在使用しているトレッキングシューズを履くのは、どれを選んでも難しいです訂正:案外そうでもなかったです)。ということで、固定することを優先してレベル2を選択しました。

レベル2だと、ZAMST は A1、 McDavid は M437 という製品名で、どちらも似たような感じです。でも McDavid の M437 にしたのは装着感です、自分の足にはこちらのほうがしっくり来ました。でも ZAMST の A1 でも問題はないと思います。かなり迷いました。

 

f:id:Bluesboy:20190101233208j:plain

McDavid M437

 

ソフトタイプ (レベル1)は固定感には乏しいですが、試着した感触は ZAMST の FA1 がよかったです。

 

ZAMST のレベル1

ザムスト(ZAMST) 足首サポーター ブラック L FA1

ザムスト(ZAMST) 足首サポーター ブラック L FA1

 

ZAMST のレベル2(左右別、サイズ別)

ザムスト(ZAMST) A-1足首用サポーター右Lサイズ 370803 370803

ザムスト(ZAMST) A-1足首用サポーター右Lサイズ 370803 370803

  

McDavid  のレベル1(左右別、サイズ別)

  

McDavid  のレベル2(左右別、サイズ別)

McDavid(マクダビッド) ストラップ アンクルラップ 右足用 M437R ブラック M

McDavid(マクダビッド) ストラップ アンクルラップ 右足用 M437R ブラック M

 

山に登るときにはこのサポーターは分厚くて装着できませんので、しばらくはキネシオテープでテーピングしておこうと思っています。二年ほど前はローカットシューズを履いていたこともあって、足首の怪我の予防のため毎度キネシオテープを巻いていたので特に問題はありません。多少手間はかかりますが。

訂正) トレッキングシューズを持参して確認しますと ZAMST FA1(レベル1)は余裕で履く事ができました。レベル2の McDavid M437 はギリギリですが、大丈夫でした。三足所有しているうちのワイドタイプの二足はたぶん大丈夫、ノーマルのツオロミーは FA1 なら大丈夫のようです。キネシオテープは非常時だけにします。

 

ただ、腰にはコルセットを巻いて、足首はテーピングして、そこまでして不整地の山道を歩いて山に登る必要があるのかとは思うことはあります。。。

 

トワテック キネシオロジーテープ スポーツタイプ 5cm×5m 6巻

トワテック キネシオロジーテープ スポーツタイプ 5cm×5m 6巻