道楽者の詩

写真とカメラ、山登り、ギターをはじめ、日々の私情をつらつらと

ミラーレス EOS M3 を滝行で使ってみた

f:id:Bluesboy:20171004115628j:plain

 

体力の低下と、たまに行く滝へのアクセスは徐々に厳しくなってきていることもあって、積極的に軽量化をしたいと考えています。道中を記録する写真はともかく、目的の滝を前にして、現地で撮影する画像の質は落としたくありません。

 

これまでの主な装備はこんな感じです。

主撮影機材:EOS 60D、EF-S10-22、Tamron 17-50/F2.8、EF-S55-250

小道具:フィルター6枚、

サブ撮影機材:Finepix XP90

三脚:SLIK CarbonSprint 634FA + SLIK SBH-280

ザック:TheNorthFace TellusPhoto40

食料・飲料:適当に

その他:ロープ10m or 20m、ハーネス、スリング、カラビナ数個、スマホ

 

cantam.daynight.jp

 

bluesboy.hateblo.jp

 

 

このうち、主撮影機材を EOS M3 + EFM15-45 に入れ替えてみたわけです。

 

これだけでかなりの軽量化になります。1950gから496gになりますので、約1500gの減量になります。ところが「欲」というのは底なしで、総重量500gのカメラに対して、2200gのザックと1400gの三脚はオーバースペックだろうということです。

ザックを1200g、三脚を1000g以下に抑えれば、さらに1500gの減量となり、カメラ本体と合わせると3000gの減量です。手元に3kgのダンベルがあります、実感としてこれだけの減量ができれば大きい。しかしまたまた出費となります。遊び道具は何かを売って現金を作らなくては購入するのが厳しい状況なので、悩みどころです。

 

ミラーレス EOS M3 を実際に使用した印象は、小さすぎて操作がしにくいです。バリアングルがないのは覚悟しておりましたが、設定等の操作がかなりやりにくいと感じました。加えて、グリップが中途半端で握りにくいという印象もあります。白魚のようなか細い指だったらいいのかもしれませんが。。。軽量化と引換えに慣れるしかありません。

 

防水対策について、撮影中はどうにもなりませんが、運搬中は完璧です。丸ごとジップロックに放り込んでおけば、歩行中にドボンしてずぶ濡れになっても大丈夫です。過去二度のドボン経験がありますので、ドボン対策を軽視してはいけません。

 

 

さて、軽量化に向けて、三脚はめぼしをつけています。SLIK カーボンライト E54 の中古を探しています。本体重量は1kgをきっていて、500gのカメラの脚としては十分魅力的でしょう。

 

 

ザックはなにがいいかな。下段に沢靴とかロープなどの濡れ物や汚れ物を収納したいので、二気室が必須です。やっぱりこれかな。

  

bluesboy.hateblo.jp

 

 

あわせて3万円ですか、レンズを一本売るかなぁ~。

 

っとその前に、もっと大切な事があるのを忘れていました。EOS M3 で撮影した RAW を現像するためのパソコンがありません。なんと、私のパソコンは古すぎて最新のRAW現像ソフトをインストールできないのです。これをそろえると10万円以上になってしまいます。家計から捻出してもらえるようおねだりしているのですが、なかなか首を縦に振ってくれません。。。