道楽者の詩

写真とカメラ、山登り、ギターをはじめ、日々の私情をつらつらと

冬山(雪山)のザックは夏のザックとは別に用意、私はテルスフォト40

f:id:Bluesboy:20170223203645j:plain

 

贅沢といわれたらそれまでですが、冬に使うザックは夏のザックを流用するのは難しいです。

 

夏(春~秋)のシーズンはグレゴリー Z35を薄くパッキングすることで気に入って使っています。冬になると防寒着が、雪になると防寒着に加えアイゼン・ピッケル・ワカンなどの足回り品が必要になってきます。それとグレゴリーZ35では背中がスースーしてちょっと寒かったりもする。

 

そのような事情で、日帰り専門とはいえザックは無積雪期用と積雪期用とふたつ用意しておくべきだと実感した、生意気にも。じゃあ、積雪用にはどんなザックがいいのでしょうか?、一般的にはアルパインザックと呼ばれるザックか場合によっては縦走用と言われる40Lくらいのザックが選ばれることが多いでしょう。

 

実は私はZ35のほかに、カメラザックとしてノースフェイスのテルスフォト40を使用しています。元来道具は丁寧に扱う私ですが、カメラザックはそこそこ乱暴な使い方になってしまいます。そこで予備として、格安の中古を時間を掛けて探していました。ある時、カメラを収納する部材を紛失したテルスフォトを見つけて、格安で譲っていただいていました。

テルスフォト40というのは最大三段に仕切れます。上・中・下の各段は、上中・下とか上・中下と二段にする事も、まとめて一気室にする事もできます。上段は上からのアクセスになりますが、中・下段は両サイドからアクセスができます。中段、下段へは素早くアクセスできるということです。おまけに背中には三脚を装着するベルトが2本あります。

bluesboy.hateblo.jp

 

これらを総合すると、上の写真のように、アイゼンほか濡れ物は下段、防寒具関係は中段に、食料・飲料・その他は上段に収納し、ワカンは背中のベルトに括りつけてやれば、冬山・雪山日帰りザックの出来上がりです。各サイドに二本あるコンプレッションベルトをしっかり締めてやれば薄くパッキングできますので、担ぎやすさもOKです。

あえて問題を挙げれば重量です。カメラ機材を収納する部材を取り外したザック単体で約1800gです。しっかり丈夫に作られているとはいえ 500g くらいはメタボです。その分自分が減量すればいいじゃないかってのは、なかなか気がつかないね。

 

私としては雪のある山に行く時は、最低二気室あったほうがいいと思っています。濡れ物とそれ以外ということで、下段に濡れ物を収納したいと思っています。そういう意味で、ミレーのサースフェー40、モンベルではキトラパックあたりがいいかなと思っていました。もちろんオスプレーの雪山用ザック、コードやその後継のキャンバーもいいですね。

 

OSPREY(オスプレー) キャンバー 42 OS52101 コールドブルー(BL) S/M

OSPREY(オスプレー) キャンバー 42 OS52101 コールドブルー(BL) S/M

 

 

オスプレーのキャンバーはなかなか使いやすそうなザックです、あの安物っぽいステッカーが廃止されたので、私としても使いたいなという気持ちが湧いてきています。でも当面は、日帰り雪山用のザックはテルスフォト40を使うことにしようと思います。

 

スポンサーリンク